2016年05月31日

「関特演」の無料軍事郵便

寺洞-1.jpg寺洞-2.jpg朝鮮・平壌郊外の寺洞局で1941(昭和16)年12月に引き受けられた無料軍事郵便です。最近のネットオークションで入手しました。太平洋戦争の軍事郵便でしょうか。いや、太平洋戦争中、朝鮮に無料軍事郵便が適用された事実はありません。では……? 

これこそがいわゆる「関特演」、関東軍特種演習の軍事郵便です。引受印は「平南(平安南道)・寺洞 16.12.29」。寺洞は平壌の南東(内陸側)郊外の地名で、平壌からは平壌炭坑線二つ目の寺洞駅が利用できます。発信アドレス「岩部隊」の「岩」は部隊長の姓なのでしょうが、実際の部隊名は不明です。あるいは、平壌駐屯の第20師団歩兵第77連隊かも知れません。

「関特演」は、1941(昭和16)年7月、独ソ戦初期のドイツ軍優勢の状勢に便乗してソ連に侵攻(開戦)する目的で満州の関東軍を増強した動員のことを言います。侵攻企図をソ連に知られると、逆にソ連から攻撃を受けるリスクが避けられません。絶対極秘とするため、「演習参加のための動員」に偽装されました。

動員開始後、戦況は次第にドイツ軍不利に転じたため、41年8月9日に年内の対ソ開戦は断念されます。しかし、陸軍は太平洋戦争の動員と併行してさらに関特演を42年初めごろまで続け、100万人を誇る「精鋭関東軍」に仕上げます。

関特演は戦争ではないので、軍事郵便開始の告示はありません。従って「関特演の軍事郵便」は存在しないと、これまで考えられてきました。しかし、関東軍に対しては満州事変以来、軍事郵便が適用され続けていました。満州事変や日中戦争での動員部隊が朝鮮や関東州に上陸すると軍事郵便が適用されていた事実もあります。

関特演では朝鮮の第19(羅南)、20(京城)師団も41年7月7日に動員されました。両師団とも東部正面の攻撃部隊に加わってソ連・沿海州の南部ウスリー地区に侵攻する計画でした。実は、19師団には1918(大正7)年のシベリア出兵で、この作戦を実行した経験があります。

それが開戦延期-待機と事態は推移し、「出動できない動員部隊」と臨時編成されたその留守部隊とが兵営内で同居する珍事が起きてしまいます。最終的には両師団の動員が解除され、平時の駐屯態勢に戻りました。

このはがきはそうした待機期間中、「動員部隊無料」としての軍事郵便と考えられます。文面に「実は長い間通信止めの為、心ならずも今日迠延引致して居りました」とあります。20師団の正確な動員解除時期は不明(恐らくは41年末)ですが、それを見越して7月以来続けられた通信封鎖が解除されたのでしょう。

同一人の通信が10数点残されており、1942(昭和17)年1月12日以降はすべて楠公はがきが使われて有料です。関特演で動員されたほとんどの部隊は満州に到着して駐屯していますが、朝鮮の19、20師団だけは動員解除されて平時態勢に復帰しました。復帰後は軍事郵便も適用廃止となったと考えられます。このはがきは通信再開許可後、動員解除となるまでごく短期間だけの希少な使用例と思います。
posted by GANさん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事行動 | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

乃木将軍、別の凹版習作

乃木希典.jpg郵便切手のエッセイ(この場合は試作というより習作に近い)として凹版印刷された乃木将軍の肖像です。「内閣印刷局創立70年記念試作品集」全17葉中の1枚で、最近のネットオークションで入手しました。

『内閣印刷局七十年史』によると、1941(昭和16)年11月10日に内閣印刷局創立70年記念式が東京の印刷局滝野川分室で開かれました。式典に出席した来賓と印刷局職員の計300人余りに記念品としてこの試作品集が配られました。製作数は500部以下かと思われます。

将軍の肖像は印刷局技師(後に彫刻課長)の加藤倉吉が鋼板にビュラン彫刻した原版から直刷したものです。B5判、厚手乃木希典-2.jpgクリーム色のいわゆる「局紙」に黒色で、3.5㎝×4㎝ほどの大きさに印刷されています。下部には篆書で「乃木希典」の名前も入っています。

試作品集には他にも、記念絵葉書になった「帝国議会議事堂」など加藤の作品3点が含まれています。4年前の1937年には彼の彫刻を原画とした別の乃木将軍像が昭和切手第1号の、いわゆる「乃木2銭」として発行されていました。式典当時の加藤は47歳前後で、凹版彫刻者として脂の乗りきっていた時期と言えるでしょう。

乃木将軍肖像切手のエッセイとしては、東京印刷同業組合編『日本印刷大観』(1938年)中にベートーベン像と並んで刷り込まれたものがよく知られています。発行部数はこの試作品集より1桁(あるいは2桁)多いと思いますが、こちらも加藤の原版彫刻ではなかったでしょうか。

3種の乃木将軍像の中で、この試作品集のものが最も「乃木希典らしさ」を表していて、筆者は好きです。右にわずかに首を傾けたポーズが、陸軍大将にして詩人の側面をも併せ持つ将軍の柔らかな人格を表現していると思います。おだやかな眼と意思的な口元も印象的です。

実際に郵便切手にする場合には、面積でこの4分の1以下への縮刻を迫られます。さらに、「乃木2銭」のように凸版印刷に変えたら、これらの印象も損なわれるかも知れません。しかし、この作品では見応え十分です。将軍の左目周辺の描線を拡大してみました。素人目にも加藤の彫刻刀の精密な切れ味がうかがえます。
posted by GANさん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 乃木将軍 | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

「ポナペ加刷」の真実

1119.jpg今月末から来月にかけてニューヨークで開かれる「世界スタンプショウ」とは、よほど大きなイベントなのでしょうか。この催しに向けて欧米の主要な切手商やオークションハウスがたくさんの売り立てカタログを出しています。

珍品・稀品を売り物にしている高名な米国オークションハウスが5月5日にオンラインしたカタログに数点のひどい出品物を見かけました。ドイツ切手に英文タイプで加刷し、日本の艦船郵便所印が押された、いわゆる「ポナペ加刷」です。戦前から存在は知られていましたが、100年後の今日までホンモノ面の厚顔さにあきれました。

図示したものはその一つ、ドイツ・カロリン群島用の10ペニヒ連合はがきです。印面に「I.J.O./Ponape/4 sen」の3行がタイプ印字され、ポナペ艦船郵便所で1916(大正5)年7月14日に引受けた島内有料軍事郵便、という体裁をとっています。料金が「2 sen」加刷のものもあります。これで下値が1,500ドル!

1115.jpg他に、「Japan/ocupy」と2行の同じタイプ加刷のあるカイゼルのヨット切手のオンピース2点も出ています。「ocupy」は英語「occupy(占領する)」のお粗末な誤りで、英語ネイティブがこのようなエラーを重ねるとは考えられません。日本人かドイツ人の製作であることを示唆しています。これから類推して、はがきの加刷「I.J.O.」は「Imperial Japanese Occupied(日本帝国占領下の)」の略語と思わせたかったようです。

幸い、第1次大戦中の日本海軍の南洋占領諸島における郵便活動については当局の詳しい報告が残っていて、今日ではアジア歴史資料センターを通じてだれでも自由にアクセスできます。それによっても、現地で切手類が不足したとか、そのためにドイツ郵政の切手類を再利用したなどの事実は全くありません。

南洋諸島の軍政期に、はがき料金が2銭や4銭だった事実もなく、郵便史上の事実にまったく反する存在です。これら一連のロットがすべて空中楼閣的なニセモノであると断定できます。郵便史上の知見からの疑義に何の反論も出来ないという点では、土屋理義氏らのいわゆる「泰緬鉄道郵便もの」と同工異曲の偽造品です。

お笑いなのは、これらのロットには10年ほど前にEicheleとかSchlesingerなる人が「真正品」と鑑定していることです。いったい何を根拠にそんな判断を下せたのでしょうか。2人がどれほど権威あるお方か、筆者は不明にして存じません。が、日本郵便史のイロハの「イ」も知らないような人たちに鑑定能力や資格などないことだけは確かです。
posted by GANさん at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニセモノ列伝 | 更新情報をチェックする