2017年08月31日

興亜院にも軍事郵便扱い

中国・青島の興亜院出張所から北京駐在の日本海軍武官に宛て、第3海軍軍用郵便所(青島)で昭和14年(1939)年5月1日に引き受けられた公用航空書状です。青島-北京間の軍用定期航空でひと飛びしたのでしょう。近年のヤフオクで入手しました。

興亜院表.jpg興亜院裏.jpg
発信者の「興亜院」は聞き慣れない名前ですが、れっきとした日本政府の機関です。中国の日本陸海軍占領地での軍政を一本化して政経、文化工作に当たり、日本官民による開発事業を統制するなどの目的で1938年12月に設立されました。総裁は首相、副総裁は陸、海、外、蔵の4大臣の兼任とされました。中国侵略を本格的に企画するための露骨な中央組織です。

興亜院は実務に当たる出先機関として、華北(北京)、蒙彊(張家口)、華中(上海)、厦門に連絡部を置き、さらに青島に華北連絡部の出張所を設けました。連絡部の主要職員はほとんどが陸海軍将校で、長官は中・少将クラスでした。陸軍と海軍の利権漁りの場ともなり、華北、蒙彊は陸軍が、華中、厦門と青島は海軍がポストを独占し、「縄張り」にしていました。

この書状については根本的な問題があります。職員の多くが軍人とは言え、トップに文民の首相を頂く一般官庁なのに、なぜ無料軍事郵便扱いだったのでしょうか。職員のほとんどがエリート将校だった陸・海軍省でさえ軍事郵便は適用されていません。この書状も中国郵政に託し、中国切手で料金を支払うべきものではなかったのでしょうか。

逓信当局は日中戦争から太平洋戦争の期間にかけて、いくつかの組織に限定して例外的に無料軍事郵便の適用を認めていました。この興亜院がその一つで、ほかに占領地の大公使館・領事館などの在外公館や船舶運営会なども適用を受けました。ただし無料軍事郵便は公用の場合に限られ、それぞれの組織の所属職員でも私用で差し出す郵便はやはり有料でした。

資料集.jpg興亜院に対していつからどのような条件で無料軍事郵便が適用されたか、明確な資料は見つかっていません。ただ、郵政省が戦後、『続逓信事業史』編纂の際に集めた資料の題目をまとめた『資料目録』の第1集に「興亜院及在支帝国大使館間発着公用郵便物ノ軍事郵便取扱ノ件」(昭和15年5月23日郵業第414号)という内牒のタイトル名だけが残されています(上図)。

この内牒の内容は伝わっていないので想像するほかありません。興亜院と在中国外交公館の公用郵便を軍事郵便として扱うことに関連した事項を逓信部内に通知したのでしょう。興亜院の発足から1年半が経っているので、この内牒によって軍事郵便適用が開始されたのではなく、すでに適用されている取り扱い方法の変更に関する通達ではないかと考えられます。

やがて太平洋戦争が始まると、植民地と占領地を担当する大東亜省が新たに誕生し、興亜院はこれに吸収併合されて消滅します。短期間とは言え興亜院の公用郵便が特別に軍事郵便扱いを受けていたことは、この官庁の軍事的、侵略的な性格を鮮やかに物語っています。
posted by GANさん at 22:42| Comment(0) | 中国戦区 | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

樺太異型為替印をリユース

大谷櫛葉書.jpg樺太・大谷局で昭和18年(1943)10月6日に引き受けられた楠公はがきです。特異な発信アドレスに加えて検閲印もあり、一見して軍事郵便のようですが、有料の完全な内国第2種普通郵便です。

この大谷局日付印は特別珍しくもありませんが、形式が特異です。局名「樺太大谷」は明瞭なのに、その下(D欄)が空白で、本来入るべき櫛型がありません(下図-)。GANはこれまで活字挿入の不具合か、押印のさいの微妙な力加減かでこのようになったかと考えていました。最近になってこの疑問はとっくに「解明」されていたことに気付きました。

浜松の消印研究家で故人となられた池田進氏著『日本消印事典(3)』(1972年、萬趣会)の「樺太の消印」の項で、「C欄星3つ」型のバラエティとして、この異型印の印影が発表されていました(p.74)。池田氏は「大正7年ごろまで使われたと考えられる丸二型為替印の局名活字の再使用によるものである」と注記しています。

樺太では大正時代初期に独特の丸二型印が導入されました。郵便電信印では上部「樺太」で下部局名、為替貯金印では上部局名で下部為替貯金記号というタイプです。通常、これらの活字の配列は水平ですが、一部の局では局名が外円に沿って弧状のバラエティが使われました。郵便電信印で野田寒、為替貯金印では大谷の例(下図-中央)を池田氏は挙げています。

大谷無.jpg池田.jpg大谷櫛.jpg
つまり、大谷局では1940年前後に大正時代に使っていた為替貯金印を引っ張り出し、その下部印体だけを「C欄★3個」に差し替えて郵便用にリユース(再利用)した。上部は普通の櫛型印のA欄のように見えるが、本来が丸二型印なのでD欄などない--というわけです。大谷局では正常な櫛型印(上図-)も併行して使っています。リユースの理由は、時局(戦争)による資材節約を理由とする時刻表示廃止、「★3個」型導入と関連がありそうです。

恒例の「蛇足」です。このはがきの「大谷郵便函11号ノ2」という発信アドレスは、1940年(昭和15)1月から使用が始まった特別な表記法です。前年5月に配置された樺太混成旅団の存在をソ連に対して秘匿するため、部隊名の代わりとして導入されました。上敷香、豊原、内路、気屯など数局の使用例が知られますが、部隊名を始め使用状況はまだ「解読」されていません。

もう一つ蛇足。池田氏は櫛型印について解説した『日本消印事典』第3巻をまず出版しましたが、他は未刊に終わりました。後に『櫛型日付印詳説』上・下巻(1975・76年、萬趣会)を出しましたが、この樺太丸二型印の異型バラエティについては言及していません。
posted by GANさん at 23:44| Comment(0) | 郵便印 | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

5倍遠回りしても鉄道便

駿河小山.jpg菊赤紫3銭貼りの書状を静岡県の小山局で明治37年(1904)10月20日ハ便で引き受け、山梨県の吉田局に翌21日ロ便で到着しています。最近のヤフオクで、駿東郡のカバーということで入手しました。平凡な郵便のはずでしたが、封の下部に東京行き上り鉄道郵便印が押されています。これは大問題です。

小山から逓送する場合、通常は隣の御殿場に送り出した後、須走を経て甲駿国境の籠坂峠を越え、谷村、大月方面に至る逓送路が利用出来ます。小山-御殿場-吉田間は50㎞足らずで、翌日配達か、便の連絡が非常によければ即日配達だって可能な距離です。(下図参照)

小山吉田間逓送路.png

これに対し、上り鉄道便に乗ったらこの書状は東京まで行ってしまいます。東京からは現在の中央線に積み替えて大月から運ぶほかありません。駿河小山-東京間、東京-大月間は共に100㎞以上あり、大月-吉田間を加えると合計250㎞の距離を逓送することになります。通常の御殿場経由ルートの5倍もの遠距離です。

ここで蛇足ながら、吉田、御殿場、須走(現在は小山町の一部)はいずれも富士登山道の登り口です。受取人は富士山信仰「冨士講」の御師(おし=神職兼登山ガイド兼宿泊所経営者)でした。

そもそも200㎞も余計な大回りをした挙げ句、翌日に平然と吉田に着くことなど出来るものでしょうか。それとも、この鉄郵印「東京静岡間/37年10月20日上り便」は一種の紛来印で、誤って郵便車に乗せられたのでしょうか。鉄郵係員が気付いて国府津駅あたりで降ろし、御殿場に逆送して通常ルートに乗った、という可能性もあります。

結論から言うと、東京回りは時間的に可能でした。収友の鉄道郵便専門家・児玉敏夫氏に貴重な当時の時刻表でご協力いただき、併せて「逓信公報」告知欄を日を追い調べたところ、行程時間は次のようになります。「東京静岡間」が1日上下1便ずつしかないので時間を確定できました。

10月20日 小山局-駿河小山駅-(官設東海道線)東京・静岡間上り便18:05-21:35新橋駅-東京局(泊)
10月21日 東京局-飯田町駅-(甲武鉄道)東京・八王子間下り1号便04:50-06:35八王子駅-(官設中央線)八王子・韮崎間下り1号便06:45-08:40大月駅-大月局-吉田局

アリバイ成立! この書状が東海道線と中央線を経由する東京大迂回ルートで逓送されたことが確実となりました。すると次の問題は、なぜ通常の御殿場-須走ルートでなく、「逆方向」で面倒な積み替えが何度も必要となる東京ルートが選択されたかです。「急がば廻れ」「距離は長くも時間は短い」の類いだったのでしょうか。

当時は須走局から御殿場局へ1日2回の持ち戻り便があり、御殿場局発が04:29と14:10でした。小山局の引受印「ハ便」は恐らく夕方の時間帯だったでしょうから、須走行き2号便には間に合わないかも知れません。機転を利かせた小山局員が「逆転の発想」で、これから到着する静岡発新橋行き郵便車に積み込んだ、というシナリオはあり得ます。

しかし、実を言うとこの判断もやや危うい。書状が仮に御殿場局まで送られて1泊するにしても、翌日の1号便で差し立てれば吉田には即日到着出来るはずだからです。

ただし、御殿場局への最終便も出た後だったら話は別です。やむなく小山局で1泊すると、翌日未明の非常に早い御殿場局1号便にも間に合わないかも知れない。御殿場局で2号便まで漫然と待たされると須走に夕方の15:42着となって、またもや1泊ともなりかねません。吉田へ着くのに3日掛かり、という最悪の場合も考えられるのです。

小山局のとった処置の当否は結局、「ハ便」の時間帯が実際に何時だったのかに依ります。今後の資料の発掘に期待しましょう。GANとしては、便数の少ない当時の田舎の局としてユーザーのため最善の配慮をした結果だったろうと理解しています。

蛇足ですが、この鉄道郵便印、丸一型東京静岡間の「37年10月20日上り便」は上・下便を通じて最古データを更新するもののようです。最新刊の『てつゆう=梶原ノート=』(2014年、鳴美)によると、最古は「38.7.17上り便」となっています。
posted by GANさん at 02:16| Comment(0) | 静岡県駿東郡 | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

キスカ「熊」部隊を解明

熊2.jpg熊1.jpg先年、函館の古い収友、大上養之助さんに無理を言って、アリューシャン派遣部隊の貴重なエンタイアと資料類を譲って頂きました。おかげで、これまで厚生省資料などには漏れていた部隊通称番号を偶然にも解明することができました。

右図がそのエンタイアの1通です。発信アドレスは「小樽局気付 北海派遣 熊9237部隊 宇佐美隊」とあります。「北海派遣」は米領アリューシャン列島のアッツ、キスカ両島を占領・防衛するために派遣された陸軍部隊を意味します。小樽局はこの軍事郵便の交換局でした。「熊」はこの部隊を編成して送り出した「親元」の第7師団(旭川)を表します。

しかし、肝心の9237という部隊通称番号が分かりません。陸軍省編『陸軍部隊調査表』(1945)や最も信頼できる大内那翁逸編『旧帝国陸軍編制便覧』(1995)には9236まではありますが、9237から9240までは欠番となっています。これは、アッツ玉砕、キスカ撤退でアリューシャン完全放棄により解散した部隊と思われました。

終戦前に廃止された部隊は資料がなく、経歴を調べるのは至難の業です。あきらめていたところに大上さんから電話があって、あっさり解決してしまいました。「あの手紙を差し出した人の部隊の写真集だったんだね。中隊長の名前が一致したんで驚いたよ」。こちらはもっとビックリし、頂いた資料群をあわてて取り出し、見直しました。

確かに、『想い出の栄光 北魂 宇佐美隊』という大判の写真集(コピー)がありました。アッツ・キスカから北千島と転戦した穂積部隊宇佐美隊の大量の写真フィルムを戦友会が編集して1983年に刊行したものでした。「穂積部隊」とはアッツ攻略のため編成された北海支隊(穂積松年支隊長)の通称です。

支隊の主力は穂積少佐が大隊長として指揮する独立歩兵第301大隊で、1942年(昭和17)5月5日に第7師団で編成されました。「宇佐美隊」とはその大隊の第4中隊(宇佐美利治中隊長)の通称だったのです。さらに、書状の発信者である源光男氏は中隊幹部の軍曹だったことも写真集の記事から分かりました。

ここまでくれば、もう間違いありません。「9237部隊」とは「独立歩兵第301大隊」のことです。大隊はアッツ攻略後、42年9月にキスカに転進したため命拾いしました。43年7月末に「奇跡」とされるキスカ完全撤退に成功した後、大隊は北千島・幌筵島で復帰(解隊・廃止)し、大部分の隊員は新たに編成された千島第1守備隊(幌筵)に転属しています。

この書状はキスカから43年4、5月に発信されたと考えられます。「北海派遣」という派遣名は陸軍省内牒「陸亜密第347号」によって43年1月30日以降の使用が指定されました。また、アッツ・キスカとの連絡は、伊号第7潜水艦の5月4日アッツ入・出港を最後に途絶しています。書状表面に「7月4日着」の書き込みがあり、恐らく最後かそれに近い潜水艦便で運び出されたのでしょう。

念のためですが、「9237部隊」が大隊の上級部隊である「北海支隊」やその後身の「北海守備隊」を表すとは考えられません。「宇佐美隊」が中隊名であることが確定した以上、その前の「9237部隊」は中隊が所属する連隊なり大隊名でなければなりません。この場合は301大隊しかあり得ないのです。
posted by GANさん at 22:51| Comment(0) | 軍事郵便(陸軍) | 更新情報をチェックする