2018年03月31日

切手・消印なし罹災郵便

罹災郵便-02.jpg罹災郵便-01.jpg切手も消印も一切ない封筒ですが、これでも立派な第1種書状の郵便物です。1923年(大正12)9月の関東大震災の際に短期間認められた制度に基づいています。近年のヤフオクで入手しました。

関東大震災で壊滅状態となった東京、横浜両市では被災を免れた郵便局でも手持ちの郵便切手類はわずかしかありません。着の身着のままで逃げ出した被災者は言わずもがなです。被災者からの私製はがきと有封書状は無切手で受け付け、郵便料は受取人から徴収すればよいと逓信当局は柔軟に対処しました。

これが「罹災郵便」制度で、9月10日付「逓信公報」第1号外で逓信省令第58号として公表、即日実施されました。一部にある8日や9日開始説は誤りです。9月8日は計画が決まった日で、翌9日に省令公布の運びでしたが、逓信公報が2日以降発行不能でした。ようやく10日に手書き原稿を起こす形で応急復刊し、省令を掲載できたのです。旧逓信省保存の公報(製本済み)も公布日は手書き赤ペンで「10日」と直されています。

この書状は戒厳令によって横浜市の警備についていた軍隊から制度開始1週間後の9月16日に発信された罹災郵便です。横浜局は第一震で倒壊し焼失しましたが、9月9日までに横浜駅前、桜木町駅前、横浜公園内など8個所にテント張りの郵便受付所を仮設していました。切手も日付印も失い、受け付けた郵便物を東京や静岡方面へ送り出すだけの業務でした。

発信アドレスは「横浜市大岡町/千保警備隊/歩57ノ3」とあります。「歩57ノ3」とは歩兵第57連隊第3中隊を意味します。57連隊は第1師団歩兵第2旅団(旅団長:奥平少将)に属し、千葉県佐倉に駐屯していました。千保警備隊にはこの第3中隊がそのまま充てられたのでしょう。

神奈川県内の治安維持を武力で保つため、9月3日に戒厳命令が出されて相模川以東に神奈川警備隊、以西に小田原警備隊が設置されることになりました。神奈川警備隊司令官には歩兵第2旅団の奥平旅団長が任命され、即日、横浜駅北隣の神奈川駅北側にある高島山(青木町)に司令部を開設しました。

神奈川警備隊はさらに、横浜市内を桜木町駅付近で横浜港に入る大岡川で南北二分し、南部を57連隊の第1、2大隊が4日から、北部を9日にはるばる青森から駆け付けた第8師団歩兵第5連隊の第1、2大隊がそれぞれ警備に就きました。別に、藤沢・鎌倉方面の警備に5日から騎兵第15連隊が派遣されました。

アドレスにある「千保」は大岡町の小字で、鎌倉街道(現在の県道21号)と当時は予定線だった京浜急行本線が交差する現在の上大岡駅北口に当たります。鎌倉方面から横浜に入る南の関門として中隊規模の警備隊が配置されたのでしょう。通信文から発信者はこの第3中隊の中隊長(中尉)のようで、故郷の兄に近況報告しています。

8個所の郵便受付所の一つは被災した無集配3等局の横浜大岡町郵便局跡地にも設けられていました。この書状はそこで受け付けたに違いありません。封筒表面に赤ペンで「罹災郵便」と「◎郵税先払」、裏面に「切手無イカラ先払ヒ御免」「兵ノコシラヘテクレタ封筒デス」などと書かれ(上図)、発信事情をよく物語っています。

この当時、東海道線は不通のままで、海軍の軍艦が品川-江尻(清水港)間で貨客の臨時輸送に当たっていました。この書状もそれによって横浜港から運び出されたのでしょう。沼津以西なら通じていた東海道線で豊橋まで運ばれ、飯田線に積み替えて逓送されたと思われます。宛先の長野県下伊那郡市田村は現在の高森町で、下市田局が配達局でした。

もしこの書状に切手が貼られていたら、最初に通過した江尻局で引き受け・抹消したはずですが、無切手なので引受印は押されていません。封筒に未納印や付箋の跡などが見当たらないことから、あるいは配達した下市田局が「同情的配慮」をして3銭の不納料金を請求しなかったのかも知れません。
posted by GANさん at 20:54| Comment(0) | 関東大震災 | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

2.26事件の通信取締り

帝都の変.jpg1936年(昭和11)に東京で起きた青年将校らによるクーデター未遂の「2.26事件」で逓信当局による通信取締関連の電報群を直近のヤフオクで入手しました。

福岡県底井野局が2月26日の事件発生直後からの4日間に受信した熊本逓信局監督課からの局長親展局報・官報の9本です。事件の状況や関連した「不穏行動」を伝える電報と郵便の停止、事件を報道した地元新聞の差押えなどが指示されています。逓信本省からの指令に基づいて管内の九州全局に同文が打電されたと思われます。

第1報は2月26日午後7時3分受信の局報で、関連電報をすべて差し止めるよう、次のように指示しています(原文は略号を含む全文片仮名)。
「本日東京市其ノ他ニ於ケル軍隊ノ不穏行動並ビニ之ニ関スル事項ヲ記載シタル内外、日満電報ハ停止スベシ」

午後8時15分受信の第3報では「局報ノ件ハ自今総テ送達方経伺アレ。暗号ニシテ事件ニ関スル事項ヲ記載シタル疑ヒアルモノハ受付ノ際訳文ヲ提出セシメ之ヲ付記シ経伺アレ」と、差し止め電報の処理方法が指示されました。「経伺アレ」とは、電文を逓信局に知らせて指示を仰ぎ、許可を得て送達せよ、との意味です。

これらの指示は2月27日午前2時23分受信の第7報で「政府ヨリ発表セル範囲ニ属スルモノニ限リ自今送達方経伺ヲ要セズ」と緩和されました。国民の不安や動揺を鎮めるため、政府発表の範囲という最低限の官製情報を与えて流言蜚語を抑える政策から出たのでしょう。第2次大戦中の「大本営発表」を思い起こさせます。

2月27日午後7時45分受信の第8報(上図)で、電報に加え郵便の取締が初めて指示されました。
「今回ノ帝都ノ変ニ関シ其ノ筋ニ於イテ公表セラレタル以外ノ事項ヲ記載シ其ノ他不穏ノ内容ヲ有スル郵便物ハ厳ニ取締ノ上該当ノモノ発見ノ場合ハ内国郵便物ハ郵務局業務課長、外国郵便物ハ外国郵便課長宛テ特別親展ト表示シ直接送付アレ」

「郵務局」は東京の逓信省にしかありません。「不穏郵便物」を発見したら、その現物を熊本逓信局を経由せず本省に直送せよという指示です。はがきはともかくとしても書状ならなおさら、封筒内部の通信文を調べなければ「不穏」に該当するかどうかは分かりません。これは事実上の郵便検閲・差押え指令です。

「戒厳令ニ依リ開緘」印で知られる郵便物の憲兵検閲が許されたのは、戒厳令施行地の東京に限られます。一連の電報指示が熊本逓信局管内だけだったとは到底考えられず、全国規模で実施されたのでしょう。明治憲法下でも保証されていた信書の秘密を侵す重大な違反行為でした。1941年(昭和16)の臨時郵便取締令以前にも密かな通信検閲が行われていたことを証す初めての1次資料です。
posted by GANさん at 12:22| Comment(0) | 郵便検閲 | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

丸一「阿多野新田」出現

阿多野新田.jpg駿河国駿東郡内の丸一印時代17局所のうち印影が未発見だった2局の一つ、「阿多野新田(あだのしんでん)」を関西の大手オークションで最近入手しました。

菊10銭に「駿河/阿多野新田 (明治)40年7月13日」とフルストライクされています。局種が無集配3等局なので、下部便号欄は空欄です。恐らく1枚貼り書留書状(3+7=10銭)からはがされたのでしょう。1905年(明治38)4月1日以降は無集配局でも書留など特殊取扱郵便物に限り、それまでの集配局に代わって消印を押すようになっていました。

阿多野線路図-3.jpg阿多野新田は1903年(明治36)12月10日に全国で数百もの郵便受取所が一斉に開設されたさいの一つとして北郷村阿多野新田に設置されました。小山局の集配管内です(左郵便線路図参照=後出『駿河国の丸一印』より、一部を筆者改変)。1885年に開設わずか1年で廃止された同村の古沢局を穴埋めする意味もありそうです。1941年に北郷局と改称、村も戦後に小山町に編入されました。北郷局の現在地は小山町用沢で、受取所当時から移転したのかは未調査です。

阿多野と言えば、大きな貯水池で知られます。GANが子供の頃は東山湖、乙女峠、金時山、神山種畜場などと並ぶ遠足の定番目的地でした。今に思うと、この貯水池は鮎沢川(酒匂川)の支流・須川の河岸段丘上にあって新田開発のほか水力発電用ダムとして利用されていたようです。関東大震災まで小山地方の産業を一手に支えた富士紡績など大工場群の電力を賄ったのでしょう。

駿東郡の丸一印17局所とは、沼津、原、佐野、御殿場、小山など9郵便局と沼津上土、御殿場中町、三島駅などの8郵便受取所です。浜松の消印研究家・池田進氏(故人)は労作『駿河国の丸一印』(1985年)で、桃郷、片浜(共に現在の沼津市)、阿多野新田の3受取所を除く14局所の印影を発表していました。

その後、やはり浜松の藤田容弘氏が『駿東郡の郵便印』(2005年)に「桃郷」を発表しました。今回の「阿多野新田」の出現で、あとは「片浜」が残るだけとなりました。駿東郡の丸一印印影の完全解明はいよいよ「秒読み」段階に入ったと言えそうです。
posted by GANさん at 01:33| Comment(4) | 静岡県駿東郡 | 更新情報をチェックする