2018年07月31日

差出人に還付し倍額徴収


ダルニー未納-2.jpgダルニー付箋.jpg私製絵はがきですが、「清国ダルニー」という片仮名の宛名はともかく、「勅令違反」というような付箋(左図の右側)に驚かされます。意外と珍しい使用例かも知れません。

これは、日露戦争中に福岡県三井郡御井町から大連の碇泊場司令部付き軍医に宛てた軍事郵便です。切手を貼り忘れたまま投函されたので、久留米局ではがき表面に角枠「未納 徴収額 三(筆書)銭」の朱印を押して差出人に戻しています。消印がありませんが、1905年(明治38)春ごろの発信のようです。

これだけならよくある未納郵便に過ぎませんが、このはがきは軍事郵便ならではの特別取扱を受けていました。普通の未納・不足郵便物は宛先に配達し、受取人から料金(不足料金の倍額)を徴収します。しかし、戦地宛て(=有料)軍事郵便に限っては配達せず、差出人に還付して料金の倍額を徴収する規則でした。

それが付箋に筆書されている「勅令第19号第3条」です。この勅令は日露戦争の直前に制定された軍事郵便の最も基本的な法令です。戦地では野戦局員自身が直接受取人を捜すのは極めて困難で、受取人も現金を持ち合わせているとは限りません。互いに手間がかかり過ぎるので「発送せず還付」することになったのでしょう。

明治人は律儀ですから、料金の計算間違いはあっても全くの未納、まして戦地宛ての未納はごく稀だったでしょう。還付されても付箋をはがし、改めて切手を貼って再投函した例も多かったはずです。再投函も捨てられもせずに残ったこのはがきは、勅令第3条の適用を証明する貴重な存在と思います。

宛先の「ダルニー」は現代の大連(正確には中国旅大市の一部)です。帝政ロシアは東清鉄道の支線を大連湾に面した漁村「青泥窪(チンニワ)」に引き込み、商港を築いてダルニーと名付けました。日露戦争でこの地を占領した日本軍は1905年2月11日に大連と改称、このはがきはその改称前後の発信とみられます。
posted by GANさん at 21:47| Comment(0) | 軍事郵便(陸軍) | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

カルトール印刷切手秘話

A.Kobayashi.JPG全日本切手展が開催中の7月21日に切手研究会の2017年度総会が東京・浅草の都立産業貿易センター台東館で開かれ、GANも参加してきました。

出席者18人。会計、会報編集、三井文庫などいつもの報告が坦々と続きました。その後の講演で、小林彰氏(写真の右端)の「日本郵便とISP(Cartor & Walsall)」が圧巻でした。

小林氏といえば、マダガスカル切手やフランス横浜局などの研究者・収集家として著名です。しかし、現在の立場はなんと、フランスの証券印刷会社カルトール(Cartor Security Printing)の日本代表だというのです。これには正直、ブッタマゲました。左下は小林氏の名刺。中央の実際に「全型目打」が施された大きな社名ロゴがおしゃれです。

名刺表.jpgカルトール社は昨年、5円ニホンザル、30円キタキツネなど日本の普通切手5種を製造しました。従来の国立印刷局製同図案のグラビア印刷切手と比べ、オフセットで刷った同社切手の精巧な出来栄えが評判になっていることは、門外漢のGANにも聞こえていました。

日本のコレクターにとって、これまで「オフセット」は戦中・戦後の混乱期に製造された3次昭和や新昭和切手を思い起こさせ、粗悪切手の代名詞でした。そんな印象を逆転させたカルトールとは何か。GANは軽オフセット機で印刷屋を営んだ経験もあり、大きな興味です。

小林氏のお話は当事者ならではの「ここ限り」の秘話満載で、講演終了後も会員が取り囲み製造技術上の質問が絶えませんでした。記憶の限りで一部をご紹介します。

・日本郵政は郵便切手製造の単価低減、「ガラパゴス化」回避を図って国立印刷局、凸版印刷の国内2社以外の海外印刷会社にも2004年から入札参加を認めた。現在までに3社が資格を得ており、今後もこれら海外印刷の普通切手が出現する可能性がある。
 1、ISP(仏系カルトール社と英系ウォルソール社の持株会社、2004年)
 2、Enschede エンスケデ(オランダ、2013年)
 3、Philaposte フィラポスト(フランス、2015年)

・日本の普通切手は印刷局が独占製造してきたが、2016年に外国企業で初めてカルトールが受注し、17年度に1、5、50円と20、30円の2期に分けて納入。18年度も同額面を納入予定。同社の普通切手シェア4-5%。

・日本郵政の契約条件は「印刷様式はグラビアまたはオフセット印刷。オフセットの場合は350線以上」。コスト上の損益分岐点は2,000万枚で、以下ならオフセット、以上はグラビアが有利。カルトールはオフセット専門なので、450線で製版し、平台オフセット機で(枚葉紙に)刷った。650線まで精密化する技術がある。

・発注条件に「印刷局製を見本に、全く同じものを作れ」。ヨーロッパ式の削り取り式目打は使えず、日本独特の針穴穿孔式目打や日本とヨーロッパで色調が異なる印刷インクの調整などで苦心した。

・刷版(いわゆる「実用版」)は窓口シート2×2の4面掛けで、上2面と下2面は頭合わせ。刷版中央部にあったカラーマークは裁断すれば4面ともシート上部に残るので、カラーマークの下付きは存在しない。

【追記】(1919.02.16)別記コメントを山崎氏から頂いてGANの思い違いが判明しましたので、この記事の下から3行目の最後から次行の初めにかけて次のように訂正します。なお、カラーマークは4個面のすべてで4番切手に付いています。
 誤「‥‥上2面と下2面は頭合わせ。刷版中央部にあったカラーマークは‥‥」
 正「‥‥上2面と下2面はケツ(尻)合わせ。刷版最上部と最下部のカラーマークは‥‥」
posted by GANさん at 02:53| Comment(2) | 雑観・雑評 | 更新情報をチェックする