2018年08月31日

消印「活用」で墓穴掘る

観兵式-乃木希典 毛筆葉書 肉筆.pngまた乃木将軍のニセ「ご真筆」カバーに新顔が現れました。左図は8月30日締め切りのヤフオクに「陸軍大将乃木希典肉筆葉書」として出品されたはがきで、3,950円で落札されました。「将軍もの」としては破格の安値で、胡散臭さが匂いすぎたからかも知れません。

これは菊1.5銭切手を貼って牛込に宛てられた絵はがきで、東京局明治39年(1906)4月30日「明治卅七八年戦役陸軍凱旋観兵式紀念」の紫色記念印で引き受けられています。その下に押された到着印と見られる不鮮明な丸一印は、局名は無理ですが日付が辛うじて「39年5月1日ロ便」と読めます。

青山練兵場で行われた観兵式当日、東京市内の全1、2等局では局名表示を「東京」と統一したこの記念印を備え、原則として引き受けたすべての書状・はがきに押捺しました。到着印も含め、日付印の押印が不鮮明なのは珍しくもありません。これら2つとも真正の消印で、これだけだったら何の問題もないのです。

しかし、郵便史上の事実によって、たやすく偽造(変造)品と見破ることができます。この不鮮明な丸一印が到着印だとしたら、牛込局のものであるはずがありません。牛込局を含む東京市内の全1、2等局では5年も前に丸一印の使用を止め、39年1月1日から櫛型印に切り替えているからです。

凱旋観兵式.jpgたまたまGANのコレクションに牛込局の到着印として櫛型印が押された同じ日の使用例がありました。右図にその真正品を示します。左上の偽造品と較べて到着印の形式がまったく異なることをご確認ください。

恐らくニセはがきの方は元もと鉛筆で宛名が書かれていたのでしょう。他出先で急に思い付いた際などよくあることです。偽造者はそれを消しゴムで消し去り、ニセの宛名、文面、将軍サインを筆で上書きしたのだと思います。二つの消印を生かすため宛名を窮屈に右に片寄らせて書いているのが証拠です。

そもそも乃木将軍はこの観兵式には日露戦争に参加した「主役」の軍司令官として参列し、部下将兵を率いて明治天皇の閲兵を受けていたはずです。そんな日に「承ればご安産の由」などとのんきな出産祝いを書くでしょうか。4月30日に投函したのに「(5月)1日吉辰」と日付を遅らすのも不自然です。

GANの目から見れば「希典」のサイン自体が似せてはいますが本物と違います。将軍は消息文でこんな筆太の字は書きませんし、字間・行間もこんなにセコくキチキチには詰めずに本来は伸びやかな筆遣いです。

--議論の余地もある偽筆云々の問題は一応措くとしても、郵便史上のごく初歩的な知見がこんなはがきの存在を一も二もなく否定します。押された消印を「活用」する偽造者のアイデアはよかったのですが、知識不足で墓穴を掘る例を更に増やす結果に終わりました。
posted by GANさん at 23:12| Comment(0) | 乃木将軍 | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

剱を見るは別山北峰に如ず

この夏は思い出に残る夏でした。没後50年の父の命日に仐寿の兄と2人で北アルプスの立山に慰霊登山をしてきたからです。父は大正時代末期の大学山岳部員で、遭難死した高名な大島亮吉とは同期だったはず。学生時代に登れなかった剱岳に終生の憧れを抱いていました。立山は全ルートで剱を見て歩けるのです。

今のGANよりもまだ若かった父の「荷物持ち」として、立山周辺には2度同行しました。「あの急な岩尾根が源次郎」「カニの横ばいがよく見えるぞ」「大きく切れてるのが三ノ窓。隣が小窓だな」。兵役時代の重い「ガンキョウ(双眼鏡)」を持っていて、飽かず眺めていた姿が思い出されます。

今回は、後期高齢者もいいとこの2人パーティーなので、健常者の2倍の時間を見込んで行程を組みました。初日は立山黒部アルペンルート出発点の扇沢手前で高級ホテル泊まりです。新宿発最終夜行列車で通路に新聞紙を敷いて寝た学生時代の山行の対極。兄が「宿泊費は全部オレが持つ」とこの年して兄貴風を吹かせるので、乗らない手はないのです。

IMG_43582.jpg最大の難関は3日目、朝6時に一ノ越山荘を立って主峰・雄山(3,003m)へ垂直高300メートルの直登です。ただでさえフレイル(老年性筋力虚弱)なのに加えて極度の労作から狭心症が続発し、特効薬のニトロも効きません。最後の30メートルは見かねた兄がザックを持ってくれ、ゾンビ状態で頂上を踏みました(写真=中央GANの遙か後方左に笠ヶ岳、右側が薬師岳の山塊)。

ガイドブックの3倍、3時間もかかりましたが、いずれにせよ想定内です。ここまで登ればあとは稜線散歩のはず。大汝山(3,015m)、富士ノ折立(2,998m)、真砂岳(2,861m)、別山(2,874m)と、山荘で渡された弁当も開けずにへたり歩きました。別山南峰との双耳峰で縦走路から少しはずれた北峰(2,880m)にたどり着いたのは午後1時のことです。

別山北峰からは眼下の剱沢雪渓を隔てて剱岳がフルオープンで真正面に迫ります。環境省にはナイショなのですが、実は剱と向き合う特徴的な形をした花崗岩の根元に父の分骨を埋納していました。前回は1988年だったので30年ぶりのお参りです。水筒の水で岩を清め、故人の好物だった銀座清月堂の金鍔と水羊羹を供えて二人で手を合わせました。

一ノ越から奇跡的にクッキリ見えた槍・穂高や笠ヶ岳の遠望、別山北峰で雲の切れ間から一瞬見えた剱岳源次郎尾根、そして雪渓を残して神秘な緑青色を湛えた室堂平のミクリガ池が印象に残ります。雷鳥にも再度お目にかかれました。この山域を今後も再訪できるとは思えません。よい山行ができたことを、つくづく感謝しています。
posted by GANさん at 22:13| Comment(2) | 雑観・雑評 | 更新情報をチェックする