2018年12月24日

「郵便学者」の賀状論

内藤記事.jpg「年賀状、出しますか?」というタイミングよいタイトルで1ページ特集の記事が12月24日付『朝日新聞』に載っていました。

「年賀状を辞める『辞退宣言』が増えている」「年賀はがきの発行数は減少傾向」「お年玉くじの最初はミシンが特賞だった」など既に書き尽くされた事実をなぞっただけの陳腐な内容です。そのおざなり記事の締めくくりに「郵便学者 内藤陽介さん」のコメントを見つけ、注目しました。

2段見出し顔写真付きの大きな扱い(左図)で、記者が聞き取りした「談話」というより本人が直接寄稿した文章のように見えます。5つの段落ごとにGANなりの要約をすると、次のような構成です。

 1、通信手段が多様化しても年賀状はなくならない。
 2、義務的な年賀状が多く「水ぶくれ」状態だったのが今は解消に向かっている。
 3、年賀状は日本人の文化だが、文化は本来無駄の塊である。
 4、年賀状を出す人は尊重すべきであり、攻撃すべきではない。
 5、年賀状は気楽な文化として楽しめばよい。

どの段落の「見解」にも論拠らしいものがなく、段落間のつながりも見えません。要するに何を言いたいのか筋を追うのが困難です。強いて論旨があるとすれば、「年賀状は日本文化の一部なのだから、無駄のように見えても続けていこう」とでも言いたいのでしょうか。このどこに学問研究の成果が反映されているのか、と聞きたくなります。

郵便の学者を名乗る人がこの問題をどう解き明かしてくれるのだろう、とGANは関心を持ったのです。こういう肩書きで登場するのなら、150年近い郵便の歴史を踏まえて「郵便と現代」に切り込んでほしかった。歴史観がすっぽりと抜け落ちているのです。この程度なら、JR新橋駅前とかで勤め帰りのサラリーマンを何人かつかまえればすぐ作れそうです。

そもそも論で言うなら、「郵便学」とはどんな内容で、他の学問とどう関わり合っているのでしょうか。そういう学者がどれほどいて、過去にどんな業績が発表されているのでしょうか。ーーすべて「ナシ」。内藤氏の頭の中にしか存在しない「学問」だからです。『朝日』はそれを調べもせず、肩書きに釣られて見事に引っかかり、恥を天下に曝しました。

現在の日本に郵便切手や郵便制度について地道な専門研究で実績のある人は大勢います。しかし、生業でもない「学者」を名乗るような人は内藤氏を置いて他にありません。「郵便学者」はジョークだと内藤氏が言うのなら、無知な新聞の取材にそう明言すべきでした。以後はマスコミから声がかからず、商売に差し支えることになるかも知れませんが。
posted by GANさん at 14:42| Comment(0) | 雑観・雑評 | 更新情報をチェックする