2020年02月29日

恤兵繪葉書型録を作ろう

夜舟.jpg軍事郵便の収集をしていると、そのステーショナリー(はがき、封筒、便箋)にも自然と目が向きます。とくに逓信省が発行した軍事郵便はがきには昔から関心が持たれ、官製はがきの一部としてカタログ化されてきました。

しかし、逓信省製軍事郵便はがきは需要に対して供給力が圧倒的に不足していました。出征兵士は基本的には酒保(しゅほ=旧日本軍用語で、兵舎内や駐屯地に開設される日用品ショップ。米軍でいうPX)でわずかな給料を割いて自費で私製はがきを買い、家郷への通信に充てていました。

そんな実情に配慮したのでしょう。陸軍省は戦争のたび省内に臨時特設した恤兵部(じゅっぺいぶ)で国民からの寄金で「恤兵はがき」を製造し、兵士に配りました。これは日露戦争当時に始まり、満州事変からは数種を組合わせた絵はがきセット(右上は一例)を毎月発行するほど本格化しました。

恤兵部の「恤」は「憐れむ」という意味です。「苛酷な環境下で死をも賭して敵と戦う兵士」を憐れみ救い、慰め励ますという「上から目線」の組織でした。華北の一角に上がった戦火が大陸全土から東南アジア・太平洋にまで及ぶと、もう恤兵路線では100万人単位の需要に実務的に追いつけず、破綻し始めます。

銘版3.jpg日中戦争が始まった1937(昭和12)年に戦争経費の出納を一手に賄う機関として臨時陸軍東京経理部が特設されました。兵士への軍需品供給も任務となり、恤兵はがきの発行を始めます。軍需品供給部門が肥大化すると、陸軍需品本廠として1941(昭和16)年に経理部門から分離、独立し、恤兵はがきの発行も移りました。(は発行された恤兵絵はがきの銘版。上から恤兵部、東京経理部、需品本廠)

経理部も需品廠も恤兵部と併行して恤兵はがきの発行を続けていました。しかし、ただでさえ資材が決定的に不足する中で重複事業は不合理です。恤兵部は1943(昭和18)年、ついに恤兵はがきの発行から手を引きます。以後は敗戦まで需品廠だけが陸軍の恤兵はがきを製造・供給しました。

上記のような知見をGANが得たのは最近のことで、ネタ元は相変わらずJACAR(アジア歴史資料センター)です。この流れを踏まえた『恤兵繪葉書型録』を作ろうと考えています。満州事変以後に陸海軍当局・部隊と逓信官署が発行した膨大な量の恤兵絵はがきをすべて分類しようという壮大?な企てです。果たして完成までたどり着けるのか。あまり(≒ほとんど)期待せずお待ちください。
posted by GANさん at 22:05| Comment(2) | ステーショナリー | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

日露開戦を伝える第一電

動員令.jpg明治37(1904)年2月5日午前7時20分、始業直後の筑前(福岡県)前原局は1本の電報(左図)を受信しました。午前5時55分に熊本局長から管内の各電信取扱局所長に一斉に流された至急局報、通信業務上のいわゆる「ウナ電」です。

電文は「動員(令)出た。今夜は特に注意方督励すべし」です。日露の開戦を明確に伝える内容に、「ついにきたか」と局員らの緊張は最高潮に達したでしょう。開戦となれば県内の小倉第12師団が第一陣部隊として送られることが、地元では半公然の秘密だったからです。

この2月5日という日は、前日の閣議により朝鮮に陸軍前原-3.jpgの先遣隊を送る命令が発せられた当日です。翌6日に12師団から抽出された歩兵4個大隊が佐世保を出港しました。9日に仁川上陸、京城(ソウル)に向けて進撃し、戦闘が開始されます。両国の宣戦布告は10日になりました。

当時の熊本局は九州一円と沖縄県の郵便・電信局所を監督する管理業務もしていました。実はロシアとの戦争を「予告」する熊本局からの電報は、1ヵ月も前の1月8日に始まっています。「動員令今にも発布せらるるやも知れず。(電信)取扱者一同、督励を要す」という至急局報でした。

この電報も、ロシアからの最後の妥協案が1月6日に届いて日本政府が「とうてい受け入れられない」と開戦決意を固めた直後に当たります。GANはこれら一連の電報群を近年のヤフオクで入手しました。日露開戦関係では熊本第6師団への動員発令や電信検閲関連など数通が含まれます。

戦争、とくに開戦の前後では迅速に軍隊を動員、派遣するため電信が最大、最速の連絡手段です。当時の政府や軍部などの当局者は戦争遂行手段としての電信を重要視し、密かな統制に注力していました。その実態は郵趣家でもある竹山恭二氏の『報道電報検閲秘史』(2004年)に明らかです。

管理者としての熊本局長は電信取扱局所長に対し、「(部下職員を)督励せよ」と繰り返し叱咤激励しています。こうして、各局の電信職員は期せずして全国民の中で真っ先に戦争情報を知る立場となっていました。
posted by GANさん at 16:14| Comment(0) | 電信・電話 | 更新情報をチェックする