2020年03月31日

塘沽停戦協定の駐屯部隊

馬蘭峪-1.jpg馬蘭峪-2.jpg日中戦争が始まる1年前、昭和11(1936)年8月24日に静岡・袋井局で引き受け、中国河北省馬蘭峪(ばらんこく)の部隊に宛てられた軍事郵便はがきです。裏面の中国印から河北省唐山局を8月28日に経由し、表面の着印で8月29日に馬蘭峪局に着いたことが分かります。

馬蘭峪とは聞き慣れない地名ですが、「馬蘭関」と記す資料もあるように、万里の長城の南壁に沿った関門の1つでした(下地図参照)。古北口と喜峰口の中間ぐらいに位置し、関門としては小規模なものだったようです。山海関や唐山、塘沽などの中都市に比べれば奥地の小集落に過ぎなかったと思われます。

塘沽停戦区域図.jpgそんな辺鄙な場所になぜ日本軍がいたのでしょうか。天津に司令部を置く日本の支那駐屯軍は北平(北京)-天津-山海関を結ぶ北寧鉄道沿線にしか駐屯できない取り決めだったので、それではありません。調べてみると、1933年に日中間で結ばれた塘沽停戦協定による関東軍からの派遣隊と分かりました。

関東軍は本来は「満州国」を守備する部隊です。万里の長城が中国との国境だったので、長城の南側(関内)に部隊を侵出させることはできません。しかし、関東軍はこの一帯を南京の中国国民政府から切り離して傀儡政権を建て、満州国を防衛する中立地帯とすることを目論んでいました。「華北分離工作」と呼ばれます。

それを初めて実行に移したのが1933年5月に発動した関内作戦でした。1月に始めた熱河平定作戦に乗じて関東軍の大部隊が長城の各関門から一挙に南下、侵攻します。北平(北京)や天津の陥落を恐れた中国側が停戦を申し入れ、5月31日に塘沽で関東軍との間に停戦協定が結ばれました。

勝ち誇る関東軍は中国側に強請して延慶と芦台を結ぶ停戦ラインの北方、長城線までの区域を「停戦地帯」に設定し、中国軍を停戦ライン南方に追いやりました。引き換えに関東軍も長城より北側(満州国内)に撤退したのですが、長城線確保のため長城南壁に沿った戦略的重要地点への駐屯を中国側に無理やり認めさせました。

長城南側の駐屯地名は停戦協定本文ではなく、協定の「善後申合せ」に付属する「了解事項」という秘密協定に書き込まれました。それが馬蘭峪を含む山海関、喜峰口、古北口など6地点です。関東軍・満州国が中国本土内に打ち込む侵略のクサビとなりました。満州国が領土外なのに山海関と古北口に堂々と郵便局を開設できたのは、このためです。

話が長くなりすぎましたが、馬蘭峪に日本軍が駐屯していたのにはこういう事情がありました。塘沽停戦協定は出先同士の現地協定という扱いで、本文は公表されませんでした。まして付属秘密協定は南京の国民政府にさえ報告されていません。この1通のはがきはそうした歴史の闇を暴く証拠物件となっています。

(この記事を書くに当たって、アジア歴史資料センター(JACAR)の「北支停戦協定ノ成立」「停戦協定善後処理ニ関スル北平会議々事録」を参照しました。)
posted by GANさん at 22:29| Comment(0) | 軍事行動 | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

この郵便物は消毒済です

消毒済1.jpg消毒済_04.jpg貼られた切手を抹消してその郵便物を引き受けたことを示す通信日付印(消印)を代表に、パクボー印や停車場印、箱場印や川支印などは引っくるめて「郵便印」と呼ばれています。料金不足や航空など取扱種別を表す印、太平洋戦争中や米軍占領期の検閲印なども、むろん郵便印とするのが郵趣家の常識です。

非常に幅広く使われている「郵便印」ですが、では郵便印とは何か、どう定義されるかは、少し難しい問題を含んでいると、GANは考えます。例えば、官公署が受取人の際によく使われる受領印、監獄の看守や女子寮の舎監が押す検閲印なども郵便印なのか。これらは定義次第で郵便印としての当否が分かれます。

似た例として消毒印の問題があります。明治、大正時代がほとんどですが、「消毒」「消毒済」などの印が押された郵便物の存在が知られています。数十年も昔、「消印とエンタイヤ」の時代から報告されていました。郵便印と認識していた人たちが一定程度はいたはずですが、最近では郵趣界で取り上げられた例を見ません。

外国のケースでは、アメリカで2001年の同時多発テロ事件の直後に炭疽菌入り郵便物によるバイオテロ事件が起き、一定の郵便物を消毒して配達しました。細菌やウイルスの知見に乏しかった明治期の日本でも、コレラやペストなどの感染症が郵便物を介して広まるのではないかと恐れました。

右上に示したはがきは水戸上町局で10月30日に引き受け、群馬県玉村に宛てられています。はがきが紙幣寮銘であること、東京局の中継印が辛うじて「一二」と読めることから明治12(1879)年の使用と確定できます。表面右中央部に「消毒済」の朱印があります。この印がどこで押されたかは不明です。

明治12年は全国でコレラが大流行した年でした。各地に次々と避病院(隔離病舎)が建てられ、大規模な消毒作業が行われたようです。これらに反対する農民が暴徒化して「コレラ一揆」まで起きたといいます。確定する資料は未見ですが、郵便の現業局所でも郵便物の消毒に当たっただろうと想像するに難くありません。

皇宮警察1.jpg皇宮警察3.jpgの封書は明治41(1908)年3月13日に沼津局で引き受けられ、裏面着印によれば京都荒神口局に翌14日に着いています。発信者は沼津御用邸、宛先は宮内省主殿(とのも)寮京都出張所です。封筒の左側中央部に二重丸型「皇宮警察/消毒」の大型朱印があり、出張所を警備する皇宮警察が消毒処置したことを示すとみられます。当時は衛生取締も警察の所管でした。
高輪御殿.jpg
これより前、明治35(1902)年に京浜地方でペストが発生し、数年間にわたって流行が続いたようです。ネズミを通じて伝染すると信じられ、駆除策として役所がネズミ捕獲を勧め、1匹5銭で買い上げたといいます。このペスト禍に関係すると考えられる記事が明治39年8月7日付「逓信公報」告知欄にありました(右図)。

東京・芝の高輪御殿宛ての郵便物は直接御殿には届けず、皇居内の宮内省消毒所に配達せよ、つまり芝局でなく麹町局に送れという指令です。当時の高輪御殿には明治天皇の皇女2人が住んでいました。皇室関係の到着郵便物はいったんすべて消毒所に回すよう宮内省の要請があり、逓信当局が特別措置をとったことが示唆されます。

話を振り出しに戻しますが、現在のGANの考えでは郵便印の定義は「郵便物の引受から配達に至る逓送中に押された、取扱に関わる一切の印章類」です。ここで示した2通の郵便物の消毒印も、名宛人が受け取った後に押された明確な証拠がない限り郵便印です。現今のコロナウイルス禍では郵便にも被害が拡大するのでしょうか。

消毒済-1.jpg追記】(2020.05.24) 本稿は、今回のコロナウイルス禍との関連で「確かスペイン風邪の『消毒済』エンタイアがあったはず」と貧しいコレクションを探したのがきっかけでした。それはなく、代わりに出てきた2通のエンタイアをここに記載しました。ところがつい昨日、偶然開いたシベリア出兵の軍事郵便アルバム中に目指す「スペイン風邪もの」を見つけました。3点目の「消毒エンタイア」として追加してご紹介します(上図)。
消毒済-2.jpg
民間人旅行者が北樺太のアレクサンドロフスクから発信した絵はがきです。第50野戦局で大正11(1922)年8月7日に引き受けられ、東京の宮内省文書課長に宛てられています。文面などから、発信者はあるいは宮内省の高級官僚かも知れません。はがき右側空白部に角枠「消毒濟」朱印(左図)が押されています。東京に着いて押されたのでしょう。「消毒エンタイア」はやはり皇室・宮内省関係に目立ちます。

スペイン風邪は1918年から世界中に広まったインフルエンザの一種です。ウイルス起因のパンデミックという点で今回の新型コロナの「大先輩」に当たります。第1次大戦に参戦した米軍兵士がヨーロッパに持ち込んだのが発端とされ、日本では1921年7月まで3回にわたる大流行のピークがあって38万人が死んだそうです。

このはがきは国内での第3波が終わって1年後のものですが、次の流行への警戒は更に続いていたのでしょう。スペイン風邪防止のための消毒とみて間違いないと思います。

追記】(2020.07.15) 別の用件で逓信公報を調べていて、偶然に郵便物消毒の根拠らしい規定のあることに気付きました。1900年10月1日に施行された郵便法(明治33年法律第54号)に次のような条項があります。
第9条 郵便物検疫ヲ受クヘキ場合ニ於テハ他ノ物件ニ先チテ直ニ検疫ヲ受ク
前身の郵便条例時代も含めて、もしこれが適用されているのだとすると、消毒印も郵便印の一部だと言える根拠を得ることになります。その場合はこれらを一括して「検疫郵便」という名称が生まれるかも知れません。
posted by GANさん at 03:22| Comment(0) | 郵便印 | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

国際軍事郵便なぜ無料?

Egypt-1.jpgEgypt-2.jpg最近のヤフオクで入手した、日中戦争期に華中に派遣された部隊からエジプトに宛てた軍事郵便です。中国や「満州国」宛ての軍事郵便はありふれていますが、第3国宛てはあまり目にしません。

この封書は中支派遣田村部隊から4月18日に発信され、三井物産アレクサンドリア支店の日本人に宛てられています。裏面にアレクサンドリア局の到着印が明瞭に押されていて、1940年6月13日に着いたことが分かります。恐らく門司局を経由し、西回り船便で2ヵ月がかりで逓送されたのでしょう。

封筒表面下部の機械印は中継印と思われますが、残念ながら読めません。スエズ、ポートサイド、カイロなどエジプト局の可能性もあります。その右の二重丸印は英語CENSUREDが読め、アラビア語もあるバイリンガル検閲印です。ナチスドイツがヨーロッパを席巻していた時代の雰囲気が感じられます。

ところで、国際郵便を軍事郵便で、しかも無料で出せたものでしょうか。規則に照らせば答えは「否」です。軍事郵便の根本法令である明治37年勅令第19号第6条は「条約ニ依リテ取扱フ郵便物ニハ、料金免除ヲ適用セス」との趣旨を規定しています。「条約」はUPU条約などを想定しているでしょう。

この規定によれば、野戦局に差し出された国際郵便でも、UPU料金(この封書には20銭)の切手が貼られていれば有効です。その場合は軍事郵便でなく普通郵便として、軍事郵便交換局と外国郵便交換局を経て逓送されました。実際、アメリカやドイツ宛ての野戦局引受有料便が数点知られています。

それではこの「軍事郵便」が無料で引き受けられたのはなぜでしょうか。野戦局員が法令に無知だったとしか言う他ありません。通信文から、発信者は外国語が堪能なため特別に召集された士官(あるいは徴用された軍属)のようです。そういう人が出すのだから問題あるまいと、野戦局員も誤認してしまったのかも知れません。

日露戦争期には高級軍人らの野戦局引受有料国際便カバーがかなり発表されています。しかし、日中戦争期の国際郵便は極めて稀です。時代が下るに連れて軍人の「視野」も低下した、などと考えるのは穿ち過ぎでしょうか。いずれにせよ無料扱いは(違則だったとしても)ユニークで、資料として貴重です。
posted by GANさん at 18:37| Comment(0) | 軍事郵便(陸軍) | 更新情報をチェックする