2014年01月31日

雑誌『郵趣』の貧困

YUSHU.jpg
日本郵趣協会の機関誌『郵趣』2月号が届きました。GANはいつも一見後、雑誌・段ボール回収日に出しています。保存に足る記事が無いのにスペースばかり取るからです。雑誌の生命である今日性や文献の本質と言うべき資料性の貧しさについては、別の日に譲りましょう。とりあえず、今号ですぐ目立つ不満の上位3点について述べます。
 
1、コンテンツがトピカルないしテーマに偏している。目次(画像=クリックで拡大できます)の上で大小31本の記事があるが、郵便史を内容とするものは、なんとゼロ本!! 編集者は郵便史という分野の存在を知らないか、少なくとも郵便史コレクターは無視して構わない、と考えているのではないか。90年代初頭までの水原明窗理事長存命時代との最大の違いはこの点だろう。

2、協会(あるいは編集部)と会員・読者との双方向性の考えに欠ける。読者が参加できるのは「読者のページ」の「おたより」と「ひとことミニトーク」だが、分量は全80ページの内わずかに半ページだけ。会員・読者の声を取り入れようとする姿勢が端から無い。記事は一方的に協会当局(あるいは編集部)から与えられるものだろうか。「機関誌」の名が泣きそうだ。

3、旧態依然のアナログ紙面に淫している。社会全体がデジタル化、IT化しているのに、紙面からはPCもろくに触らない団塊かそれ以前世代の匂いふんぷん。この世の中にはネットというものもある。連携・利用を図る努力をしているのだろうか。若者の郵趣離れを嘆く前に、取り入れるべき方向をこちらから模索しなきゃ。

編集部を監督する立場(と思われる)の出版委員会のお歴々の名前が巻末に毎号載っていますが、この人たちって、お飾りなの? 協会は会費(=購読料)値上げを決めたそうです。7,000円を払ってまで読みたい記事が今後は期待できるのか。購読していれば郵趣界の動向はすべて分かるか、収集のヒントが得られるか――。GANは悩んでいます。
posted by GANさん at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑観・雑評 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック