2014年03月08日

野戦局が扱った民間郵便

MANILA.jpg三菱商事大阪支社から日本軍占領下フィリピン・マニラの支店に宛てた封書です。大阪中央局で昭和17(1942)年9月23日に引き受けられました(画像=クリックで拡大できます)。

太平洋戦争で南方攻略作戦が一段落すると、南方総軍は軍政下での民政(民間行政)回復に取りかかります。現地郵政機関の再建には時間がかかるとみられました。臨時措置として大都市の在留邦人や商社と日本との間の郵便に限り、42年3月27日から開始しました。

取扱地域はフィリピン、マライです。遅れて5月1日からスマトラ、ジャワ、北ボルネオ、6月1日からビルマも追加されました。封書とはがきに限られ、内国料金が適用されました。仏印と泰も日本軍征圧下にありましたが、同盟国として外国郵便の扱いのままでした。

この臨時取扱はあくまでも普通郵便なのですが、軍事郵便と同じに扱われました。日本からの郵便物は軍事郵便交換局に集められ、陸軍の輸送船で占領地の野戦郵便所に運ばれています。このため、宛て先のアドレスには必ずその地にある野戦郵便所名を肩書きすることとされました。

この封書は「マニラ野戦郵便所気付」と肩書きがあり、臨時取扱を受けたことを示しています。臨時取扱としては最末期の使用例です。貼られている東照宮10銭切手は当時の封書基本料金の2倍です。切手の右上に「40g」と鉛筆書きがあり、基本重量20グラムの2倍料金を支払ったことが分かります。

現地の郵政復興に伴い、この臨時取扱は半年後の42年9月末限りで廃止されます。以後の南方への郵便は軍事郵便と別の民政郵便ルートで扱われました。野戦郵便所の肩書きは廃止されましたが、料金は政治的な配慮により内国料金のまま据え置かれました。
ラベル:野戦郵便所
posted by GANさん at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 南方戦区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック