2014年03月20日

郵政博物館資料センター

ENTRANCE.JPG冬も終わろうという間際に風邪を引き、思いがけず1週間近くも寝込んでしまいました。頭がより一層ぼんやり・どんよりとし、文章が書けませんでした。ブログの更新を怠る結果になりましたことをお詫びします。

開業したばかりの郵政博物館資料センターへ行ってきました。印象は「遠い」「効率悪い」の2言に集約できます。

資料センターは千葉県市川市の行徳郵便局舎内にあります(写真右)。大手町から地下鉄東西線で20分、行徳駅下車後さらに徒歩20分かかります。利用時間は火-木曜日の10時-正午と13時-16時に限定されています。付近に飲食店は見かけませんでしたから、一日利用を考える人は弁当持参が無難です。


利用するためには5日以上前にネットであらかじめ「利用目的」「利用対象資料」を明記しての申請が必要です。「承認書」がメールで送られてくるので、印刷して当日持参し提示します。ちなみに、19日に訪問したGANの承認番号は「第2号」でした。


CORNER.JPGセンターでの利用方法は、従来の逓博での閲覧と基本的に同じです。1階閲覧コーナー(写真左)で、備え付けの資料リストにより、同時に3冊まで請求できます。3階執務室にいる係の女性が愛想良く資料庫へ探しに行き、持ち帰ってくれます。逓博時代と同様に整理状況はよくないようで、請求した通りのものが出てくるまで相当な忍耐心が求められます。1階と3階を結ぶ内線電話はありません。係が適当に回ってきてくれるのをひたすら待ちます。


逓博と異なる最大の点はコピーが許されないことです。ただし、閲覧者がページを押さえながらケータイやスマホでパチリとやるのは構わないそうです。


うーん、なかなか。お役所以上に見事なお役所仕事ではあります。情報公開などどこ吹く風。一般人などなるべく来ないでもらいたい、面倒な手間は取らせないでほしい、という思想であることがよく理解できます。「郵便史研究」を冠する団体も活動していることです。黙っている手はないだろう、と思うのですが。

スカイツリー展示場がどんなに華やかでも、こちらには郵政・郵便史研究への配慮は見られません。先人が蓄積した史料がともかくも散逸を免れたことに、GANなどは満足するしかありません。

posted by GANさん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑観・雑評 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック