2014年04月06日

英人船長がロシア俘虜に

SADOMARU2-1.jpgSADOMARU-2.jpg日露戦争でロシア軍に捕らえられた日本側俘虜がロシアから発信した俘虜郵便です。イギリスの収友K・クラーク氏に数年前に譲ってもらいました。

ロシア軍俘虜というと日本人かと思ってしまいますが、差出人はGeorge Anderson。イギリス人です。陸軍がチャーターした日本郵船の貨物船「佐渡丸」船長でした。俘虜収容所はペテルスブルグ郊外のMEDOVIEDメドヴィエジにありました。日本の文献では「メドベージ村」として知られます。

佐渡丸は1904(明治37)年6月15日、僚船「常陸丸」と共に約1,200人ずつの陸軍部隊や兵器・資材を積み、宇品から船団を組んで満洲に向かいました。ところが途中、対馬海峡でロシア海軍のウラジオ艦隊に捕捉されてしまいます。

常陸丸はロシア艦隊に小銃で激しく抵抗して撃沈され、ほとんど全員が戦死します。佐渡丸は装甲巡洋艦リューリックの雷撃を受けましたが、沖ノ島に漂着して辛くも沈没は免れました。佐渡丸への攻撃前、ロシア艦隊は船員ら非戦闘員に退去を勧告し、応じた者を装甲巡洋艦グロモボイに連行しました。その1人がこのAnderson船長で、俘虜としてメドヴィエジに収容されたのです。

日本の鼻先で起きたこの常陸丸・佐渡丸遭難事件は国民を震駭させ、憤激させ、大きな社会問題にまでなります。近海防衛の任を帯びていた第2艦隊はウラジオ艦隊を追うも成果なく、「露探(ロシアのスパイ)艦隊」とまで呼ばれて非難・攻撃を受けました。

陸軍省発行の「明治三十七八年戦役俘虜取扱顛末」によると、この戦争でロシア軍に捕獲された日本側俘虜は合計2,088人でした。うち欧米人が4人だけいて、いずれも「陸軍所属運送船員」の「将校相当者」となっています。全員が佐渡丸の船長以下高級船員でしょう。その後、欧州で解放されています。

このはがきは無料俘虜郵便として1905年2月13日にメドヴィエジのAnderson船長から故郷スコットランド・エジンバラの息子に宛て発信されています。ロシア赤十字の検閲・承認(右最上部紫1行印と赤色丸型印)を受けた後、ペテルスブルグ局で2月23日(露暦では2月10日)に引き受けられました。中央部に紫色でフランス語「俘虜郵便」印もあります。

クラーク氏によると、このような英人の俘虜郵便は6通だけ知られているそうです。日露戦争に英人の俘虜が存在していたとは。思いがけない、異色の郵便資料です。
posted by GANさん at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 俘虜郵便 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック