2014年04月21日

干渉戦争前夜の北満邦人

BLAGO-2.jpgBLAGO-1.jpg
レーニンらによるロシア社会主義革命後の内戦初期、中国・北満州最奥地の在留邦人が日本に宛てたロシア郵政のはがきです。1918(大正7)年夏の革命干渉戦争(シベリア出兵)前夜、日・中・露の3ヵ国をまたいでいます。近年のeBayで入手しました。

北満最北の都市・黒河に居留する日本人が黒龍江(アムール川)対岸のロシアの都市・ブラゴヴェシチェンスク(日本人間の略称:武市)で出した大正7年の年賀状です。帝政ロシアの外信用4Kはがきに紋章切手で4Kを加貼して8K料金としています。ケレンスキー政権時代の前年9月1日の料金改訂で、外信はがきも従来の4Kが2倍に値上げされたためです(RT氏のコメントを受け、この部分は修正しました=15年1月)。

宛先は日本語で墨書し、さらに露語で「日本 仙台宛て」のペン書きも加えられています。引受印は武市1917年12月21日(西暦1918年1月3日)。ウラジオストクで軍事検閲(裏面紫色角型印)を受け、敦賀1月21日を経て仙台で1月23日の配達です。この厳冬期に20日間で届いたのは、まずまずの速度でしょう。

武市からウラジオストクまでは鉄道を利用できました。発信者が黒河の中国局でなく、対岸のロシア局を利用したのはそのためです。黒龍江は大河ですが、冬期結氷すると徒歩で簡単に「渡河」できました。逆に、黒河から斉斉哈爾局なり哈爾賓局への内陸部を逓送したら、冬期は大変な日数を要したはずです。

この頃の武市や黒河には商人など数百人の居留邦人がいたようです。2ヵ月後、反革命コサックと日本人「自衛団」が結託して武市の革命政権の武力転覆を謀った「ブラゴヴェシチェンスク事件」が起きます。「自衛団」は敗れ、多数の死傷者を出して黒河に逃れました。はがきの発信者もこの血なまぐさい事件に関わったかも知れません。
posted by GANさん at 23:15| Comment(12) | TrackBack(0) | ロシア極東 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外国宛はがきの料金は、西暦1889年4月1以来、4kでしたが、西暦1917年9月1日に8kに変わりました。
8k料金は、西暦1918年3月9日までです。
3月10日に12kに値上げされています。

スタンダードコレクションのカタログ
THE RUSSIAN EMPIRE(1845~1917が対象の巻)より。
Posted by RT at 2015年01月08日 00:50
もし、「8K.への値上がりをGANはまだ確認できていません。」と言う言葉の意味を勘違いして、コメントいていたらすみません。
Posted by RT at 2015年01月08日 01:04
RTさんご指摘の通りです。1917年9月1日から従来の郵便料金はすべて2倍に値上げされました。従って、外信はがきは4Kから8Kに。10月革命の直前、ケレンスキー政権時代のことですね。

GANのネタ本はKIRYUSHKIN & ROBINSONの RUSSIAN POSTMARKS(安直!)ですが、"all postage rates were doubled"とある1行を見落としていました。同書には「地方には新料金はなかなか浸透しなかった」とも書かれているので、値上げ以前のレートでも通用した地方・期間も存在するようです。RTさん、ありがとうございました。
Posted by GAN at 2015年01月08日 20:38
私の持っているカヴァーでも旧料金のまま不足料を取られていない割合、結構高いです。

1917年8月から1924年9月までは料金改正が頻繁(この期間中に外国宛て葉書の料金は、24回も改正されています。)にあり、さらに1920年3月から1923年3月までは額面の読み替えやら、貯金切手の使用などもあり複雑です。

それはまだ良いのですが、よく分からないのは、現金送金の保険料、受取通知料、速達料など書留以外の特殊料金の料金体系と改正日です。
何か良い文献が見つかると良いのですが・・・・・
Posted by RT at 2015年01月08日 22:31
1917年以降の料金については私はまったく基礎資料を持っていず、エンタイアを入手するたびに右往左往して苦しんでいます。特にシベリアに関心があるのですが、コルチャーク以降の各地方政権の料金率にはお手上げです。

Dr. Ivo Steijnからコルチャークとセミョーノフの料金率について多少の資料をもらっていますが……。もし、適当な基礎的参考書をお教え願えれば大変ありがたいです。
Posted by GAN at 2015年01月09日 00:59
1月8日のコメントに、外国宛はがきの料金が、西暦1917年9月1日に8kに変わったことを書きましたが、参照文献を勘違いしていました。

スタンダードコレクションのカタログ
までは合ってましたが、
THE RUSSIAN EMPIRE(1845~1917が対象の巻=第2巻)ではなく、
1918~1923年を対象とした第4巻(R.S.F.S.R.の巻)でした。
(因みに第3巻は欠番と思われます。)
第2巻にも1917年9月1日の料金表が記載されていますが、外国宛て葉書の改正額については、なぜか記載されていません。

この第4巻には、1917年8月15日から1923年10月1日の改正料金までが掲載されています。
また、同カタログの第5巻(CCCPの巻)には、1923年8月20日から1940年9月1日の改正料金までが掲載されています。

料金改正が頻繁になされていた時期の郵便物は、料金表と見比べると、1つ前の料金と一致していたり、2つ前の料金と一致している場合もあります。

地方政権の料金表は、私も持っていません。
この頃のシベリア関係の文献はチェコスロバキア軍のものを1冊持っていますが、今、手元に無いので本の名前、料金表が有ったかどうかなど分かりません。(明日以降であれば、料金表の有無は分かりますが・・・・・・)
ほかには、ローカル加刷に関する本があった気がする程度です。
Posted by RT at 2015年01月09日 20:48
RTさま、重ねてのご教示ありがたく、感謝しております。とりあえず STANDARD COLLECTION CATALOGUE の THE RUSSIAN EMPIRE Vol.4 を入手すべく努力します。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by GAN at 2015年01月10日 16:19
チェコスロバキア軍の文献とは、英チェコ郵趣協会の THE FIELD POST OF THE CZECHOSLOVAK & ALLIED FORCE IN RUSSIA 1918-1920 でしょうか? これは所持しております。別の文献がありましたら、ぜひお教えください。
Posted by GAN at 2015年01月10日 16:26
チェコスロバキア軍の文献は、GANさんの所持しておられるものです。
上記以外では、お持ちかも知れませんが、英北アメリカ郵趣協会(BNAPS)の A CANADIAN IN SIBERIA 1918-1921 を所持しています。
料金表は無いようですが、日本切手を貼ったマテリアルの写真は幾つか掲載されています。
加刷切手関係では、DR.R.J.CERESA著の THE POSTAGE STAMPS OF RUSSIA,1917-1923 Vol Vと、Postage Stamps of Russia&USSR Specialized Catalogue Vol.3 Civil War,... の2冊を所持しています。
DR.R.J.CERESA著の本は,英語・白黒印刷で、Vol Vは、加刷切手に特化しており、使用例の写真が多く掲載されています。
Postage Stamps of Russia&USSR の方は、ロシア語・カラー印刷で、正刷と加刷の両方が掲載されていますが、文字のみで写真の無い加刷切手もあります。(DR.R.J.CERESAの方に加刷切手全体のうちどれだけのものが掲載されているかは不明です。私は、両方の記述を照合していません。)
あと、航空郵便では、G.Adolph Ackerman著のVIA THE RED SKIESを所持しています。
こちらは、1922-1945年を対象としたもので、英語・白黒印刷で、葉書と封書の料金表も掲載されているほか、ルートの地図も有ります。
余談ですが、シベリアに限らなければ帝政期のラベル(書留ラベルではありません)や、航空関係のラベル(一般的な航空郵便を示すラベルではありません)の文献を所持しています。
それから、以前のコメントには書いてませんでしたが、スタンダードコレクションのカタログはロシア語です。
私は、ロシア後も英語も、まるで分からないので、辞書とにらめっこして、ごく一部を解読している状況です。
Posted by RT at 2015年01月10日 23:56
RTさま、何度も貴重な情報をいただき、申し訳ありません。改めて手元の文献を確認してみました(これまではタイトルや編集者名は無関心で使っていました)。カタログはソロビエフのSpecialized Catalogue 第1、3巻、バラダノフのロシア切手カタログ1856-1991でした。お示し頂いたスタンダードカタログとは前者の方のことかと勘違いしておりました。SpecializedとStandardでは全くの別物でしたね。Ceresaのロシア切手1917-1923は第3巻(The Armies)の一部があります。こちらにはレート関係は見当たりません。
結局、最もusefulと思われるStandard Catalogueをこれから探してみます。お手数ながら正式タイトル、編著者名をお教え願えませんか?
Posted by GAN at 2015年01月11日 01:13
スタンダード・コレクションの第3巻は、欠番ではなく、ゼムストヴォの巻でした。
私が持っているのは、1巻、2巻、4巻、5巻です。

第4巻は、

【キリル文字の場合】

正式タイトル
 Р.С.Ф.С.Р. 1918-1923

 СПЕЦИАЛИЗИРОВАHHЫЙ КАТАЛОГ ПОЧТОВЫХ МАРОК

著者
 И.С.Брюн,
 М.А.Добин,
В.Б.Загорский,
 Н.Ф.Мандровский

編集
 В.Б.Загорского


【ローマ字の場合】

正式タイトル

 R.S.F.S.R. 1918-1923

 POSTAGE STAMP SPECIALIZED CATALOGUE

著者
 I.Brun, M,Dobin,
 V.Zagorski,
 N.Mandrovski

編集
 V.Zagorski



第5巻は、

正式タイトル
 СССР 1923-1940

 СПЕЦИАЛИЗИРОВАHHЫЙ КАТАЛОГ ПОЧТОВЫХ МАРОК

スタッフ
 М.А.Добин,
В.Б.Загорский,
 Н.Ф.Мандровский,
 А.Д.Гдалин, И.С.Брюн 

編集
 А.Д.Гдалин

第5巻は、ローマ字でのこれらの記載がありません。
Posted by RT at 2015年01月11日 22:39
RTさま、丁寧にお書きいただいたおけげで、よく理解できました。SPECIALIZED CATALOGUE 第4巻(ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国編)ですね。私はCCCPになってからは関心がないので、さっそく第4巻を入手してみます。辛抱強くお付き合い下さり、深く感謝します。
Posted by GAN at 2015年01月12日 01:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック