2014年05月05日

最末期の米軍検閲カバー

MINER.jpg戦後、連合国占領軍(米軍)の開封検閲を受けたカバーです。上京局昭和24(1949)年10月13日引受の封書が翌10月14日に検閲されています。最末期の検閲例です。

米軍は日本占領直後の1945年10月16日から郵便と電報の検閲を開始したといいます。連合国軍総司令部(G.H.Q.)内に設けられた民間検閲部(C.C.D.)が担当し、東京、大阪、福岡、名古屋、札幌に検閲支局を置いて地区ごとに分担して検閲したことが明らかになっています。

米軍検閲は1949年10月末に終わっていますが、各検閲地区ごとの最終的な終了日は明確ではありません。GANの知る限りでは、最新データは昭和24年10月17日なので、このカバーはそれに次ぐ例です。

検閲印(封筒下部の赤色印=いわゆる「金魚鉢」印)の押捺方向と日付記入の表示方法から、この封書は第2検閲支局(大阪)で検閲を受けたことが分かります。検閲印を押された後、開封部はセロファンテープを使って再封緘されています。

福島鋳郎氏の「占領下における検閲政策とその実態」(『アメリカの初期対日政策*』所載)によると、第2検閲支局は大阪中央郵便局内に置かれていました。
*文末の追記兼訂正ご参照

郵趣界での米軍検閲の研究は、森勝太郎氏「占領下の日本に於ける連合軍の郵便検閲」(『切手研究会創立5周年記念論文集』所載=1955年)、裏田稔氏『占領軍の郵便検閲と郵趣』(1982年)によって深められてきました。

この封筒の検閲では検閲官番号として「C.C.D.J-12258」が使われています。両氏の調査によると、12,200番代は第3検閲支局(福岡)の検閲官に割り当てられました。検閲終了間近に、福岡から大阪へ検閲官の異動があったのでしょうか。他にこのような例は少なく、未解決の課題です。

占領期日本.jpg追記兼訂正(2017.04.15) この記事に対し本年4月6日に新井氏からコメントをいただきました。「本文中にある福島鋳郎論文を載せている資料を確認したい」というご照会です。改めて調べ直したところ、本文の下から3段目で「『アメリカの初期対日政策』所載」と書いたのは誤りでした。正しくは「『占領期日本の経済と政治』所載」です。

この本は1979年に東京大学出版会から中村隆英氏の編集で出版されました。12本の論文が収載されており、福島論文はその内の1編です。40年近く経過した今日でも米軍検閲に関して最高の学術的業績を保つ基本文献と思います。本件については飯塚博正氏から多大のご教示をいただきました。感謝します。
posted by GANさん at 23:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 郵便検閲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変恐れ入りますが、福島鋳郎氏「占領下における検閲政策とその実態」が所載されている資料『アメリカの初期対日政策』について、教えて頂けますでしょうか?
できれば閲覧してみたいと思い、『占領軍の郵便検閲と郵趣』の巻末を参考に探しておりますが、難航しております。
よろしくお願い致します。
Posted by 新井 at 2017年04月06日 11:50
GANの手元にあるのは、福島論文「占領下における検閲政策とその実態」のコピーです。数十年前に裏田稔氏ご本人から頂きました。A5判で、福島論文は339~382ページにわたっています。福島論文の次には手塚和彰「対独占領政策の形成と『転換』」が載っています。この体裁やページ数から見て、裏田氏が『占領軍の郵便検閲と郵趣』の注記で書かれているように雑誌『思想の科学』に掲載された記事ではありません。あるテーマに関する学術論文を集めた単行本の一部です。
このコピーの頭に「アメリカの初期対日政策」と手書き(裏田氏ではない筆跡)されているので、これが単行本としてのタイトルと今まで思い込んでいました。しかし、これは論文シリーズの名前で、本としてのタイトルは違う可能性もあります。別に「占領期における日本の経済と政治」という手書きもあるからです。こちらは裏田氏、あるいは篠原宏氏(日本郵便史学会理事長)の筆跡のように見えます。残念ながら出版社名、刊行年などのメモはありません。
Posted by GAN at 2017年04月06日 13:42
早速、ありがとうございました。
ページ数的に素人向けではなさそうなことが分かりました。
Posted by 新井 at 2017年04月06日 15:36
新井様、福島論文所収資料につき正確な情報を得ました。本文末に「追記兼訂正」として書きましたので、ご覧下さい。
Posted by GAN at 2017年04月15日 17:36
「郵史日乗」今日初めて目にしました。
最末期の検閲カバーについて。
私は昭和24年4月から福岡の検閲局にクラークとして勤めました。
福岡の検閲局は24年10月17日に突然閉鎖になりました。
私は郵趣家のはしくれですが、「占領軍の郵便検閲」をテーマにし、検閲印関係のエンタイヤを1000通近く集めました。
私の持っている最末期のエンタイヤは10月11日大阪局検閲のもので、引き受け印は読めません。
実は私も満90歳を過ぎ、郵趣品の始末に苦慮していますが、検閲関係のエンタイヤに興味の有る方にお譲りしたいと思っています。
ただし内容は検閲免除印も含み消印不明も多く、エンタイヤとしては価値が低いものです。
そいうことを承知で、どなたかご希望が有れば無料で差し上げたいと思います。
Posted by 濱地勝太郎 at 2018年09月20日 12:52
濱地様、貴重なコメント頂き感謝しております。もう30年以上も前に東京中央局で米軍検閲の3人いた課長の1人だった方からじっくりお話を聞いたことがありましたが、まだお元気なクラークの方がいらっしゃるとは驚きました。質問させていただきたいことが多々あります。
小生も米軍検閲を含む郵便検閲の調査と収集を続けており、そろそろまとめの段階にさしかかっております。お集めの検閲関係のエンタイアを譲りたいとのことですが、もし出来れば小生にお願い出来ないでしょうか。可能でしたら、このブログの右側サイドバーの最下端「オーナーの横顔」にある「mail」からご連絡いただければ幸いです。
Posted by GAN at 2018年09月20日 16:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック