2014年06月25日

返信票特別軍事航空に新種

返信票2.jpg陸軍恤兵部が発行した特別軍事航空はがきの後期タイプ、三角返信票付きに現地印刷の新種が現れました。スマトラ部隊の使用で、活版印刷されています。近年の大阪のオークションで入手しました。

発信アドレスの「富4050部隊」はスマトラに駐屯した第25軍に属する第4師団司令部を意味します。ここには示しませんが、GANの収品にもう1点同じステーショナリーがあります。こちらのアドレスは「富4073部隊」で、第4師団主力の歩兵37連隊です。

第4師団司令部は1943(昭和18)年11月にスマトラ島ベラワンに上陸し、44年1月にマライに移駐しました。スマトラ駐屯期間はわずか3ヵ月足らずしかありません。ただし、37連隊は司令部と分かれてパレンバンに駐屯を続け、45年2月以降、タイに移っていた師団主力に追及しました。

資料が少ないので仮説でしかありませんが、このステーショナリーは第4師団司令部がスマトラ駐屯中に現地で印刷させた「特注品」だった可能性があります。もちろん、第4師団以外の使用例が将来現れれば、この仮説は吹っ飛びますが。

ステーショナリーとしては、やや厚手(0.36mm)のザラついた粗紙が使われています。刷色は標準版と同じ赤色です。活字を使った凸版印刷、つまり活版で刷られています。三角返信票の斜辺下に本来あるべき「特別軍事航空郵便」の文字を欠いています。

右側の「受取人は……」の注意書きが通常は2行なのに、これは3行にわたっているのが最大の特徴です。注意書きの3行印刷は他に例がありません。印刷所にたまたま小さなサイズの活字がなく、大きなサイズで「妥協」したためでしょう。

この新種のステーショナリーに命名するなら、「スマトラ3行活版」はどうでしょうか。もし、第4師団のみの使用と確定できたら「スマトラ淀活版」もよいかも。「淀」は4師団の通称符です。
posted by GANさん at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ステーショナリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 新種「スマトラ三行活版」の発見お喜び申し上げます。残念ながら現在カタログの更新発行がないため折角の新しい知見が多くの人に知れ渡らないのが残念です。
Posted by 志村 弘 at 2014年06月28日 21:32
サクラサク。ありがとうございます。実は「新種」はまだたくさんあるのです。日専を超越した専門カタログが出せるといいな、と思っています。
Posted by GAN at 2014年06月28日 22:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック