2015年07月25日

セミョーノフ加刷のカバー

SEMYONOV.jpgロシア内戦期にセミョーノフ軍支配下の東部シベリア・チタで使われたカバーです。ロシア紋章5K切手を台に5R、70K切手に10Rを加刷した、いわゆる「セミョーノフ加刷」切手2種が貼られています。米切手商のネットショップでGANとしては「清水の舞台」級のお値段を支払い、今日到着しました。

グリゴリー・M・セミョーノフはザバイカル地方のコサックを反革命軍に組織して活躍し、「アタマン」(頭領)の称号で呼ばれました。日本陸軍は干渉出兵で東部シベリアを勢力下に収めた場合、セミョーノフを指導者に擁立する腹づもりでした。「悪逆非道」と悪評高い彼に資金や武器援助を続けましたが、最終的には見捨てて撤退します。

ザバイカル地方は反革命勢力として最も有力だったオムスクのコルチャーク政権の領域内です。しかし、セミョーノフは事実上の軍事政権を中心地のチタに樹立してオムスク政権に反抗、自立状態でした。その支配地域内で1919(大正8)年後半から極東共和国軍によってチタを追われる1920年10月まで使われたのが、セミョーノフ加刷切手です。

CHITA.JPGこのカバーは計15ルーブルの切手が貼られ、不鮮明部分もありますが、「チタ局1920年7月14日」の消印で引き受けられています。スウェーデン赤十字チタ支部からドイツ赤十字チタ支部宛て(だろうと思います)の市内便です。

裏面封じ目には露・独バイリンガルで「スウェーデン赤十字」と表した紫色丸型印が押されています。GANが身の程もわきまえず入手を決意する最後のひと押しとなりました。この手の込んだハンコまで偽造はないだろうと考えたからです。

セミョーノフ切手についての文献は少なく、実逓カバーの報告はあまり聞きません。内戦期ロシア切手真偽判定の権威・セレサ博士Dr.R.Ceresaの『1917-1923年のロシア切手』(V.3,Parts 19-21 Addenda)にも、1919年11月と12月の2点のオンピース(共にGazimuruski Zavod局消し)が図示されているだけです。

内戦期シベリア郵便史の専門家イヴォ・ステイン博士Dr.Ivo Steijnの調査によると、セミョーノフ地域での郵便レートは1920年7月以降、封書25ルーブル、はがき10ルーブルとされます。このカバーの料金15ルーブルだと当てはまりません。でも、市内封書(TOWN POST LETTERS)料金と考えれば、内国料金としての25ルーブルより安くとも辻褄が合いそうです。

念のためイヴォ・ステイン博士に問い合わせたところ、「local letter rate(市内料金)として15ルーブルは妥当と思う」との返事をもらいました。彼によると、「セミョーノフ切手のカバーは、私自身は幸運にも25年前に1通入手できたが、真正カバーは半ダースほどしか知られていない」ということです。収友に当分自慢できそうなネタが出来ました。
posted by GANさん at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア極東 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック