2015年11月09日

ロシアの山海関野戦局

山海関-1.jpg山海関-2.jpg北清事変を機に清国領土の満洲を占領したロシア軍が開設した山海関局のカバーです。つい最近の東欧のオークションで入手しました。

自家製の封筒裏面に紋章14kペアと2kを貼りSHANKHAIGUAN山海関野戦電信取扱所1903年3月20日(太陽暦4月2日)の日付印で引き受けられています。フランスのシャラントCharente宛てで、到着印は一部読めませんが、4月26日のようです。

山海関自体は万里の長城に面した中国本土の都市ですが、この日付印にはPRIAMUR OKRUG(沿黒竜江地区)と表示されています。完全な清国領土内であることを無視し、まるでロシア領と言わんばかりの扱いです。

封筒表面に「ポルト・アルトゥール(日本占領後は旅順)、モスクワ経由」と経路指定が書かれています。全通直後の東清鉄道南部支線-東清鉄道本線-シベリア鉄道ルートで運ばれたことが分かります。当時の外郵封書料金は10kなので、計30k貼りは3倍重量(45g)便です。

山海関-3.jpg例によってチリンギリアンTCHILINGHIRIAN『外国で使われたロシア帝国の切手』に教えを乞うと、北清事変に際し、ロシア軍は天津-新民屯間の鉄道と共に山海関-愛琿間の電信線を占領しました。この取扱所も1900年に清国電信局を占領して開設され、民間郵便も扱う事実上の普通局でした。

北清事変終結後もロシアは「野戦局所ではなく民間局だ」と主張し、1902年10月の第1次撤兵まで居座りを続けました。戦争のドサクサに紛れて在外局を増設する企みもあったのでしょう。

ロシアはその後、第2回目以降の撤兵の約束を実行せず国際的な非難を浴びます。満洲進出の野心を持つ日本には大きな障害と脅威で、開戦の名目にも使われました。このカバーは日露戦争の「前史」を物語るよい資料だと思います。
posted by GANさん at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア極東 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック