2015年12月30日

ヒマラヤ越えの郵便ルート

成都-2.jpg成都-1.jpg日本軍の侵攻により奥地の四川や雲南省に追い詰められながら、重慶に首都を移して徹底抗戦していた時代の中国からの国際航空郵便です。アメリカに宛て、成都局で1943(昭和18)年5月4日に引き受けられています。

カバー表面に航空路線とそのキャリア(航空会社名)が指示されています。「B.O.A.C.によりカルカッタ、カイロを経てナイジェリアのラゴスへ、そこからはP.A.A.により宛先まで」とあります。

ここには書かれていませんが、成都-重慶、重慶-カルカッタ(コルカタ)の両区間は中国国内航空路線でした。世界最高のヒマラヤ山脈を越える重慶-カルカッタ線については後述します。

P.A.A.(パンナム)はラゴスから大西洋に出、ブラジル、トリニダードを経由して米マイアミに着く路線でした。カバーの左端にマイアミで受けたとみられる検閲封緘紙があります。マイアミからは名宛地のボストンやニューヨーク線空路に積み替えられたのでしょう。

中米間の航空路は、香港からクリッパー機でサンフランシスコに直行する便利なルートがありましたが、太平洋戦争で閉鎖されます。代わって、ビルマ北部のラシオに飛び、陸路でインドに運び出す路線が設定されました。しかし、これも日本軍のビルマ攻略により半年足らずで廃止されます。

わずかに残されたのが、米空軍が援蒋ルートとして開発した俗称「ハンプ越え」の軍用航空路でした。カルカッタから北上し、高度9,000メートルに上昇してヒマラヤ山脈を越え、ビルマ最北端部をかすめて重慶に達します。強風、酷寒。最悪な気象条件に加えて機体の耐寒性能の問題もあり、きわめてデンジャラスな飛行だったと思われます。

連合軍は北ビルマのミートキーナ(ミッチーナー)を奪還すると、45年1月に北部インドのレドから中国の昆明までの山岳・密林地帯1,700キロをトラックのコンボイで結ぶ「レド公路」を開通させます。それでも、輸送力はハンプ越えの方がはるかに勝ったといいます。中国にとって、このヒマラヤ空路は文字通りの命綱でした。

カバーは裏面に4枚で計10円2角の切手が貼られています。北米宛て平面路国際料金1円5角+北米宛て航空料金8円7角の合計です。この航空郵便ルートは戦後すぐの45年10月に廃止されますが、中国の猛烈なインフレのため、最後の航空料金は120円にまで値上がりしていました。

(この記事は中国切手研究会『中国の郵便料金(抄)1867-1950』(2004年)を基礎にして書きました。大変な労作を利用させていただいたことを感謝します。)
posted by GANさん at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国戦区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック