2016年01月31日

石川県内の新検閲印

片山津.jpg戦前の臨時郵便取締令による最末期の検閲を受けた封書です。温泉で有名な石川県片山津町から京都市に宛てられています。昨秋東京で開かれた大手のフロアオークションで思いがけない大苦戦の末、やっとのことで落札できました。

どうしても欲しかった理由は、使用状況がよく分かっていない北陸地方での検閲だったからです。裏面に押されている紫色の通信院検閲印「48.3」という番号は未発表でした。

この封筒の表面は状態があまりよくありません。東郷7銭が1枚だけ貼られ、3銭切手1枚が脱落しています。消印の局名は読めません。素直に考えて片山津町の受持集配局である片山津局なのでしょう。日付は裏面書き込みと同じ1945(昭和20)年6月24日です。

最大の問題は、実際にこの検閲を行った「48.3」局とはどこか、ということです。もちろん、片山津局もその候補になり得ますが、ここは東隣の小松局ではないかと推定しています。

48.3.jpgこれまでのGANの調査によると、1943(昭和18)年当時の名古屋、新潟両逓信局管内の各県(と名古屋市)には40~49の検閲局番号が割り振られていました。名古屋市に「40」、愛知県に「41」……、福井県「47」、石川県「48」、富山県「49」といったぐあいです。

従って、「48.3」は石川県内「3番目」の検閲局を指します。県庁所在地の金沢局は石川県中央部を受け持ち、「48.1」または単に「48」を使ったでしょう。「48.2」は石川県能登地方の中心、七尾局だろうと思います。すると、「48.3」を使ったのは片山津町のある石川県西部地域最大の小松局のはず、というのが推定の根拠です。

検閲印は配達地の局で押されることもありますが、この書状の場合は除外できます。宛先の京都府ではまったく別形式の検閲印を使っているからです。将来「48.4」以上の番号の検閲印が出現すれば、「小松説」という推定は崩れます。が、考え方の大筋はまあまあ、これでよかろうと思っています。
posted by GANさん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵便検閲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック