2016年03月28日

日本の「飛脚」知る入門書

筆者(GAN)は日本の飛脚についてはまったく無知な門外漢です。しかし、かねてからいくつかの関心を持っていました。主なものは3点。

 1. 流通サービス業としての飛脚業はどのようなビジネスモデルを持っていたのか(信書、モノ、カネの輸送組織と利益構造)
 2. 郵便事業の存在を意識した場合、「飛脚」「飛脚業」はどう定義出来るか(郵便と飛脚との決定的な相違点は何か)
 3. 飛脚状を収集する場合、どのように分類すれば普遍性、合理性を持てるか(組織的コレクションとして成り立つ可能性はあるか)

これらを一気に解決する本はないものかと安易にも求めていたのですが、なかなかその意を得ることはできません。学者や飛脚状コレクターなど先学は、いずれも「飛脚」という概念をアプリオリな、「天与の存在」とでも捉えているようです。筆者が求めるような初歩的な知識について改めて述べているものは見当たりませんでした。

courier.jpg昨年、飛脚状コレクターとしても著名なディーラーの山崎好是氏に本書(末尾の要項ご参照)を紹介してもらい、最近読了しました。もちろん、上記3点を一挙解決とはいきませんが、筆者が目にしてきたどの著述より素人にも分かりやすく書かれています。日本の飛脚一般の入門書と言えるかと思います。

これまでの飛脚本や論文のように専門的な個別・特殊例の説明に終始するのではなく、一般的な通史も交えて普遍的に述べようと努めている態度に好感を覚えます。基礎的な知識を与えてくれる良書です。

本書は全10章からなりますが、筆者にとっては中でも
 第3章 三都の飛脚問屋
 第4章 飛脚ネットワーク
 第6章 輸送システムと飛脚利用
が有益でした。

特に、江戸時代後期の飛脚業者のリストが三都(京、大坂、江戸)を中心に、「江戸六組飛脚仲間」「江戸の町飛脚」「西国筋飛脚」「飛脚便宜鑑(京の業者)」「京羽二重(同)」「難波丸綱目(大阪の業者)」「江戸定飛脚仲間」などと一覧表にまとめられているのが見やすく、ありがたいと思いました。資料性が高く、とても便利です。飛脚状に押されている取扱業者の印判を読み解くさいの手がかりとして威力を顕しそうです。

ひとつ残念だったのは、
「第10章 幕末維新期の飛脚」 の部分です。飛脚と郵便の関係について、最新の知見に基づいた積極的な論考を期待したのですが、筆者を納得させるものではありませんでした。前島密の「自画自賛噺」批判はよいのですが、それから脱却し、大胆に再構築した「郵便創業と飛脚の『協業』」についての立論を読ませてもらいたいものです。

『江戸の飛脚 人と馬による情報通信史』
巻島隆著、教育評論社刊(2015年)、B6判384ページ、2,600円
著者は1966年生まれ。「近世における飛脚問屋の研究--情報・金融・流通・文化の地域間交流」で博士号を得、群馬大学非常勤講師。郵便史研究会の会員として同会「紀要」に論文を発表しておられ、ご存じの方も多いと思います。
posted by GANさん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文・文献 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック