2016年07月27日

最初期の米軍検閲はがき

C.C.D.-1.jpgC.C.D.-2.jpg米軍検閲印、いわゆる「金魚鉢」の最初期使用例と思われるはがきを最近のネットオークションで入手しました。切手も消印もないスタンプレスで、恐らく料金別納郵便として差出された内の1枚が、引受けの際に別納印の押捺漏れになったのだと思います。

神奈川県小田原市から家族の死亡を知らせる印刷された訃報です。「昭和20年9月5日」とあることから発信日は1945年9月の5日以降、上旬と推定できます。宛先は朝鮮の京城ですが、この時期は関釜連絡船が途絶していて送達不能で、「差出人戻」となっています。

このはがきには下部にC.C.D.J-342の米軍検閲印が正置で、また上部にはC.C.D.-620が倒置で押されています。日、米の検閲員による二重検閲を受けたことが分かります。両印とも灰黒色で、まだ検閲日の書き込みはなされていません。

無条件降伏した日本を占領統治するため、連合国軍総司令官マッカーサーが厚木飛行場に降り立ったのが45年8月28日のことでした。そのわずか10日か2週間ほど後の9月上旬に、もう郵便検閲を実施していたとすれば、確かに最初期です。が、ことはそう簡単にいきません。

米軍がいつから郵便検閲を始めたか、直接示す資料はまだ知られていません。連合国軍総司令部(G.H.Q.)は日本政府に「覚書」を出して命令していました。45年10月1日付の覚書SCAPIN第AG311.7号によれば、「すべての郵便物は適当な範囲で検閲が必要であり、指示があれば郵便物を提出しなければならない」とされています。

日本政府はこれを受けて45年10月12日に閣令第43号を出し、日本の関係官吏に占領軍が実施する郵便、電信、電話の検閲への協力を義務づけました。これらから類推して、検閲は10月12日以降、そうでなくとも10月に入ってからだと考えるのが普通です。

ところが、これより早い9月中に、博多局に米軍検閲係官が突然現れ、ピストルを突きつけて郵便物を押収し、検閲所まで運ばせた、いわゆる「ピストル事件」が起きました。郵政省編『続逓信事業史資料拾遺第2集 野戦郵便局・通信情報取締等関係資料』に記述(P.75)されています。実際の検閲は9月に始まっていたことを示唆する事実です。

この事件なども考慮に入れると、小田原市で郵便物が9月上旬に検閲を受けた事実も「何かの間違い」とは言い切れなくなります。GANが分かることはここまでです。さらに資料を集め、郵便検閲の正確な開始時期を解明していきたいと思います。
posted by GANさん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵便検閲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック