2016年09月30日

総領事館扱い"軍艦郵便"

常磐003.jpg常磐004.jpg1928(昭和3)年に起きた済南事件(第2次山東出兵)で青島に臨時派遣された敷設艦「常磐」からのパクボー(船内投函郵便)扱いのカバーです。最近のネットオークションで入手しました。

当時南京にあった中国国民政府は28年4月に「北伐」を再開します。北京の張作霖ら北方軍閥を打倒して最終的な国家統一を目指す目的で、再び南・北軍の内戦となりました。

ここで日本陸軍は統一の妨害を裏の目的とする干渉作戦を実施します。お決まりの「在留邦人保護」を名目にまず第6師団を山東に派遣し、海軍も華北沿海担当の第2遣外艦隊の全艦を出動させました。

この中で5月3日に南軍による日本人虐殺の済南事件が起き、第6師団との間で日中戦闘が始まってしまいます。陸軍はさらに第3師団を増派、海軍も予備艦となっていた元一等巡洋艦の常磐を5月6日に第2遣外艦隊に臨時編入し、ただちに青島に派遣しました。

常磐は5月9日に青島に入港し、ここを「母港」に動乱が収まる9月24日まで芝罘や秦皇島、旅順など渤海湾内を巡航・警備しました。中国の内戦が海上にまで波及し、日本の権益が侵害されるのを防止する名目が掲げられました。

このカバーは1928(昭和3)年5月14日に青島で発信されて下関に陸揚げされ、19日に下関局でSHIMONOSEKI欧文印と赤色枠付き「PAQUEBOT」印が押され引受けられています。一番に目を惹くのが裏面の発信アドレスで、「青島日本総領事館気付/第2遣外艦隊常磐」という特異なものです。

在外局廃止後に中国に派遣される軍艦は軍艦郵便の扱いを受けるのが普通で、アドレスは「長崎局気付」や「門司局気付」など内地の外国郵便交換局を肩書きすることになります。このカバーのように在外公館が気付となった例はこれ以前に(以後も)見当たりません。

青島-内地間の輸送は海軍チャーターの交通船や輸送艦が担当したのでしょう。大連-青島間の定期商船便も利用されたかも知れません。いずれにせよ日本総領事館あてに出せば在泊中の軍艦に届くのですから、総領事館が事実上の交換局の役目を果たしていることになります。

当時の『海軍公報』で調べると、常磐には青島入港の5月9日にこの普通郵便扱いのアドレスが指定されています。しかし、5月17日には正式な軍艦郵便扱いとなり、アドレスも「門司局気付」に変更されました。「総領事館気付」アドレスはわずか8日間しか使われなかったことになります。なぜ最初から軍艦郵便とされなかったのかは不明です。

済南事件ではもう1艦だけ、同様に臨時派遣された水上機母艦「能登呂」にも5月11日から同じ「青島日本総領事館気付」のアドレスが指定されています。こちらは6月21日に「芝罘在泊」に変更後、7月9日に第2艦隊に転出して内地帰航するまで軍艦郵便扱いに移らないままに終わりました。

常磐や能登呂にとって、「総領事館気付」のパクボー扱いは、軍艦郵便とどう違ったのでしょうか。料金は同額の3銭で、逓送方法も含めて実質的には軍艦郵便と同じに見えます。しかし、軍艦郵便は青島中国局を介在させるのが原則となります。このため、戦闘行動中は機密保持上から軍艦郵便は不適切と考えられたのかも知れません。この点はさらに詰める余地がありそうです。
posted by GANさん at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 軍艦郵便 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いカバーですね。5月21日に済南事件に関して「無料軍事郵便取扱」が告示され(実質的には陸軍部隊が対象)、これ対して海軍が逓信省に派遣艦船への「無料軍事郵便」の取扱いを要請したが却下され、陸軍に海軍の郵便逓送の便宜を依頼したことなどが起こっています(アジ歴c04016500700) 海軍艦船の乗員にとっては、差し出す郵便物が無料(無料軍事郵便)か有料(軍艦郵便またはパクボーなど)かということが損得興味のあるところであって、軍艦郵便かパクボーかということはあまり関係ないことだったと思います。それにしても、面白いカバーです。
Posted by yokohiro at 2016年10月03日 15:00
>yokohiroさん
お目にとまり恐縮です。ご高説の通り、海軍は今回は無料軍事郵便の適用を逓信省に拒否され、青島第1野戦局だけでの無料軍事郵便利用で引き下がった経緯があります。話が多岐に渉り過ぎるので、今回は省きました。
Posted by GANさん at 2016年10月03日 15:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック