2016年10月31日

安奉線の「奉安線」鉄郵印

奉安線.jpg満州の安東県と奉天とを結ぶ南満州鉄道会社(満鉄)の支線、安奉線の鉄郵印が押された絵はがきです。最近のネットオークションで入手しました。

菊紫色1.5銭切手が貼られ、「奉天安東縣線」明治44(1911)年1月9日の日付印で引き受けられています。区間名は「安草(安東県-草河口)間 下り便」。温泉で知られる五竜背駅構内の郵便箱に投函されたようです。

この日付印は郵便線路名が「奉天安東縣線」と、「奉天」が先になっているのが目を惹きます。安奉線鉄郵印はふつう、「安東縣奉天線」か「安東縣奉天間」「安東奉天間」で、「安東縣」が先です。ところが、この日付印では郵便線路の起点・安東県と終点・奉天が逆に表示されているのです。

これはエラーであり、誤りに気付いてすぐに「安奉線」印に戻した――かというと、そう単純な話でもありません。満州郵便史の専門家、稲葉良一氏の調査によると、「奉安線」印は明治43年4月から翌44年9月までのデータが知られています。GANは別に42年12月17日の日付印のある官葉も持っており、これが最初期データのようです。

「奉安線」印が使われた期間中も「正常な」「安奉線」印は使われています。2年近くにもわたって「正常印」と併用され続けているとなると、もう由緒正しきエラー印と言うのは難しい。では、上り便と下り便とで使い分けたのかと調べても、共に「上」「下」便があって、これも否定されます。

要するに今のところ、なぜこのような逆表示印が生まれたのか、理由は分かっていません。解明へのヒントは、「安奉線」印に比べると「奉安線」印の方が圧倒的に少ないことでしょう。将来、新資料の発掘やデータの集積で分かることがあるかも知れません。仮に単純ミスだったという結論になったとしても、「奉安線」印の希少性は揺るがないと思います。

[追記](2020.06.17) よくお世話になっている関東都督府の外務省に対する「政況報告書(明治42年10-12月期)」に次のような関連記事があることに気付きました。    
  安奉線ノ線路名ヲ奉天安東縣間ト改メ上便ト下便とを転倒シ奉安線ハ11月3日ヨリ(中略)  実施シタリ(JACAR=アジア歴史資料センター)
満鉄は42年10月28日に本線と安奉線のダイヤを大改正し、それを機に奉天を始発駅としてこの郵便路線名を改称したようです。「奉天安東縣線」はエラーでも何でもなく、堂々たる正式名称だったことが分かりました。しかし、日付印の使用実態から言って、その後また元の「安東縣奉天線」に戻したはずです。探してみましたが、残念ながらその記事は見つかりませんでした。
posted by GANさん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 満洲・関東州 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック