2016年11月30日

保定出張取扱いの郵便

保定.jpg北京局明治42(1909)年8月2日の和文櫛型印で引き受けられたはがきです。この当時の在中国局は郵便物の引受けに「I.J.P.O.」の欧文印を使っていたので、和文印は異常な使用例と言えます。また、C欄が★3個で、さらに異常です。局内事務用印の誤使用でしょうか。

結論から先に言ってしまうと、これは誤用やエラー印ではありません。北京局員が保定で出張取扱いをしたさい、北京本局と区別するために使った専用の引受印だとGANは考えています。

発信者のアドレス「保定府」がキモなのです。在中国局では主に満州方面での「秘密局」の存在が知られていますが、この出張取扱いも一種の秘密局と言ってよいでしょう。

これを保定出張取扱いの郵便印とする根拠は、北京局のこの和文櫛型印で引受けられている郵便物が、ことごとく保定発信だからです。データとしては、このほかに(明治)39.8.7、39.9.12、39.10.24があります。つい最近も39.7.25の封書が東京で大手のフロアオークションに出品され、たいへん良いお値段で落札されました(GANも参戦してみごと敗れました)。

北清事変の収束後、日本逓信当局は保定に北京局職員を派遣して郵便、為替、貯金の出張取扱いを始めます。開始は明治35(1902)年10月21日で、当初は毎月1回の「随時」出張でした。これは11月28日公達第710号として逓信公報に掲載されましたが、中国側とは了解も通告もない「無断措置」でした。出張回数は後に月2回に倍増されています。

保定は北京から京漢線沿いに南方130㎞にある河北省では省都級の大都市です。当時、日本人が進出した事情については興味があるところですが、GANはまだ調べていず、よく分かりません。それにしても北京に比べればかなり少ないはずで、恐らく100人にも達しなかったのではないかと思います。

この点についてはヒントとなる資料があります。開設2年後の1904年12月に日露戦役記念の第1回絵葉書が発売されると、北京本局で350組を売ったのに対し、保定では50組を売っています(旧逓博所蔵「戦役記念絵葉書発売の件」)。単純計算で北京の7分の1の数の日本人が保定にいた可能性があります。

ところが1910(明治43)年2月に日清郵便約定(郵便交換協定)が締結されると、約定の上で規定できない保定での郵便取扱いは違法となってしまいました。そこで当局は4月から清国郵政が扱わない価格表記、代金引換、現金取立郵便だけに業務を大幅縮小します。当時毎月10回にまで増えていた出張回数も2回に戻しました。為替、貯金業務は継続しましたが、事実上の撤退と言えます。

さらに1912(明治45)年になって、「在留邦人減少のため」として5月以降は保定出張取扱いを正式に廃止します。これらはすべて、逓信公報には登載せず、各逓信管理局から郵便局長限りに配布する「内牒」で通知されました。結局、保定出張取扱いでの書状、はがきの引受けは02年10月-10年3月の7年半だけだったことになります。

これまで「秘密局」というと、領事館内の1部を郵便事務専用に使うような固定常駐施設ばかりが注目されてきました。保定のような実例が新たに分かってくると、他にもあった出張取扱いでも本局と区別できる表示がされていないか、気になります。

この保定にしても、櫛型印導入以前の4年間ほどの出張取扱いではどうしていたのか、使用状況がよく分かっていない丸一「北京」印の郵便使用はこれと関係はないか--。気がりは増すばかりです。
posted by GANさん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日中郵便交換 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック