2016年12月26日

占領下アモイの電報局

KULANGSU.jpg欧文電報の受取証兼電報料金受領証です。KULANGSU局1939年10月5日の日付印で上海宛て電報を発信したことが証明されています。つい最近の東京の大手オークションで入手しました。

KULANGSUとはどこか。台湾型の欧文印が押されていますが、もちろん台湾ではありません。その対岸に当たる中国福建省厦門(アモイ)の鼓浪嶼。受領証は鼓浪嶼電報局で発給したものです。

厦門は1841年のアヘン戦争で勝ったイギリスが上海などと共に開港させ、中国侵略の第一歩とした地として知られます。厦門自体が島ですが、鼓浪嶼は本島の南西部と狭い水道で隔てられた小島です。鼓浪嶼には日本を含む列強の共同租界や領事館が設置され、植民地的な隆盛を誇りました。

現地の福建南部語で鼓浪嶼を「コーロンスー」に近く発音することから、郵便地名としてはKULANGSU(クーランスー)の表記が定着しているようです。日本人は戦前から「コロンス」と呼んでいました。

ちなみに、1922(大正11)年末の在外局廃止時まで存続した厦門日本局はコロンスにあり、本島側には水仙宮分室が置かれました。日付印「AMOY」を使ったのはコロンス本局で、分室は「AMOY 2」を使って区別しました。分室の方は条約に基づかないで開設された、いわゆる秘密局です。

この受領証は上海宛て欧文電報を賴信したことを証明しており、料金は日本通貨で「1円25銭」と表示されています。発・受信人は共に「oversea」とあります。この語を含む企業など固有名詞の略称なのか、単に「海外」を表すのか、よく分かりません。上海は海外ではないので、あるいは前者が正しいのかも知れません。

日中戦争で日本海軍は厦門を東シナ海制圧拠点の一つとして重視しました。1938(昭和13)年5月10日に陸戦隊が占領し、特別根拠地隊を開設しています。陸軍は厦門占領には基本的に関与しませんでした。陸上「援蒋ルート」の封鎖は陸軍、沿岸部は海軍の役割だからです。

海軍は厦門地区の郵便・電信業務も接収し、厦門と関係の深い台湾総督府交通局逓信部に復旧を要請しました。台湾当局は要員を派遣して7月1日に厦門での郵便を再開させます。7月25日に厦門郵局を中国郵政に移管するまでの間は台湾局の出張事務という形式で取扱いました。郵便は基隆局、為替貯金には台北局の名義を使っています。

電信電話業務は郵便より早く、厦門電話局5月30日、厦門電報局6月11日、鼓浪嶼電報局は7月1日に再開しています。この電報受領証には左欄外に小さく「昭和十三年四月新民報社納」と印刷されています。台湾の新聞社で印刷させた最新の式紙を持ち込んで使ったと見られます。

郵便とは違って、厦門、鼓浪嶼の電信電話業務は終戦時まで海軍が管理を続けました。日本海軍が華南で台湾逓信当局と組んで復旧・再開させた電信電話事業は、ほかに広東と海口(海南島)でも同様に行っています。

上記の事実関係は、主として国立公文書館所蔵の旧郵政省文書のうち「南支皇軍占拠地ニ於ケル電政施設ノ概要」、「厦門通信施設ニ関スル件」によりました。いずれもアジア歴史資料センターを通じてネットで検索、ダウンロードできます。
posted by GANさん at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国戦区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック