2017年01月31日

大阪-東京を4日で飛行

行違遅延1.jpg航空郵便の夜明け前、大正11(1922)年11月に航空普及を図る民間団体の帝国飛行協会が開催した「東京大阪間郵便飛行競技」で運ばれたはがきです。ネットオークションで落とし、つい数日前に到着しました。

この飛行競技の実施状況については園山精助氏の好著『日本航空郵便物語』(1986年)に詳しく載っています。以下、園山氏に全面的に依拠して記述します。

当時はまだ航空機による郵便物の定期輸送はありません。イベントとして開かれる各地での飛行大会などで試験的に委託輸送される程度の段階でした。

帝国飛行協会は郵便の大動脈である東京-大阪間で将来郵便の定期航空を構想していました。まず航空路を開拓し、確実・安定的に定期飛行するためのテストフライトとしてこの競技を企画したのです。郵便飛行を競うイベントは1919(大正8)年以来これが5回目で、最大で最後ともなりました。。

内容は、民間飛行士を募り、数日間にわたって東京・代々木練兵場と大阪・城東練兵場とを互いに発着して所定コース(東京-三島-豊橋-四日市-大阪)を無着陸で飛び、航路の確実さや速さを競う、というものです。14人の飛行士が自分の飛行機ごと、あるいは航空当局提供の機体を借りてエントリーしました。

競技は11月3日から11日の間に延べ7日、27回のフライトが実施されました。うち7回が不時着で、大部分は機体大破で終わっています。優勝者の飛行時間は上り3時間31分、下り2時間54分でした。全フライトを合計して大阪方面に3,612通、東京方面に6,420通の郵便物が輸送されました。

さて、このはがきですが、私製はがきに第2種料金として田沢1.5銭切手が貼られ、大阪天満局で11月4日夜の10-12時に引き受けられています。航空輸送による特別料金の加算はありません。はがき表面左端には赤インクで「飛行郵便」の書き込みがあり、郵便飛行競技に参加した郵便物であることを示しています。

ところが、このはがきは翌5日のフライトに間に合いませんでした。城東練兵場への引き渡し局である大阪中央局で「行違ノ為メ送達方遅延ス」の付箋が貼られ、5日午前10-11時の日付印が押されています。天満局か中央局のどちらかで取扱ミスがあったのでしょう。午前9時28分に出発した島田機に積み遅れてしまいました。

このはがきは練兵場で1日を空費して6日午前8時40分出発の安岡機に搭載されたはずです。災難はさらに続きました。安岡機は半ばも飛ばないうちに油送管が故障し、豊橋に不時着してしまったのです。安岡飛行士はやむなく搭載郵便物を豊橋局に引き渡し、このはがきも汽車便に仕立てられて東海道線を上ったと思われます。

結局、東京中央局への到着は7日早朝の午前0-7時となりました(あるいは6日深夜かも知れません)。それでも青山の名宛人に7日お昼前には配達されたはずです。大阪から足かけ4日がかりで届いた「飛行郵便」はがきは、さぞ驚かれたことでしょう。

--1通のはがきに押された3個の日付印が以上のようなストーリーの存在を推定させています。日本で最初の飛行機が飛んでからわずか12年。機体製造も操縦技術もまだまだ手探りだった時代に、最速の手段で郵便輸送を試みた人たちの悪戦苦闘ぶりがしのばれます。
posted by GANさん at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行・航空郵便 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック