2017年02月28日

鄭家屯事件の出動部隊

四平街2.jpgこの分銅はがきは1916(大正5)年夏に満州で起きた「鄭家屯事件」によって派遣された歩兵第41連隊第10中隊の兵士が発信しました。大正6年の年賀状として「四平街2」局で年賀特別取扱によって引き受けられています。

鄭家屯は満鉄本線の四平街駅から西北方へ約80キロも離れた東部内蒙古と呼ばれる地方の小都市です。16年8月13日に在留日本民間人が中国警官に暴行されるという小さなトラブルが事件の発端でした。

日本領事館警察の警官と日本軍守備隊の兵士が抗議して騒ぎになります。中国軍第27師と28師の大部隊によって守備隊の兵営が包囲され、戦闘の中で日本兵11人が戦死する大事件に発展してしまいました。

関東都督府(関東軍の前身)はただちに増援隊として公主嶺守備の歩兵41連隊から第3大隊を派遣しました。大隊は8月18日に鄭家屯に到着しますが、幸い事態は既に沈静化し、新たな衝突は起きませんでした。この事件では中国側(張作霖軍)が全面的に非を認めて解決したため、大隊は翌17年4月18日に公主嶺に帰還しました。

鄭家屯事件自体は偶発ですが、背景には蒙古の独立運動家パプチャップ(巴布扎布)が日本の「大陸浪人」川島浪速らと結託して挙兵した「満蒙独立運動」がありました。パプチャップ軍は当時、四平街北方の満鉄線郭家店駅付近まで進出、占領していました。鄭家屯の中国軍は、抗議に来た日本守備隊の兵士らをパプチャップ軍の襲撃と誤認して攻撃したようです。

日本は第1次大戦中、中国(袁世凱政権)に迫って悪名高い「21箇条要求」を承認させ、関連して1913年(大正2)10月、日本の借款で建設する「満蒙五鉄道協約」を結びます。その一つの「四平街-鄭家屯-洮南鉄道」計画線で、鄭家屯は重要な通過地点でした。

関東都督府は1914年10月以来、鄭家屯に中隊規模の守備隊を配置しています。満鉄沿線から遠く離れたこんな地点に、なぜ日本軍が進出できたのかは不明です。あるいは、この四洮鉄道計画との関連で、中国側実力者の張作霖と密約でも交わして認めさせていたのかも知れません。

話が後回しになってしまいましたが、このはがきの引受局「四平街2」とは、四平街局鄭家屯分室のことです。中国側には秘密のいわゆる「秘密局」で、鄭家屯事件から2ヵ月後の1916年10月20日に日本領事館内に開設されました。前後の事情から考え、この事件を機に軍隊の利用を主目的に開設されたことは間違いありません。

鄭家屯分室は増援部隊の撤退後も活動を続けますが、1922(大正11)年末の在中国局全面閉鎖のさいに撤廃されます。その間、毎月15回(隔日)という頻度で四平街本局との間で逓送が行われていました。ただ、取り扱う郵便物は軍隊や領事館宛てに限り、それ以外は中国局経由とされました。「四平街2」印が押された郵便物のほとんどが軍隊関係者なのはこのためと思われます。
posted by GANさん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事行動 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック