2017年03月31日

幻の平海作戦第120局

F.P.O.120-2.jpgF.P.O.120-1.jpg「平海作戦」という、今では戦史でも触れられることのない作戦に動員された台湾の野戦局からのエンタイアです。この野戦局も当局資料から無視され「幻の野戦局」となっています。

日中戦争が全面的に拡大した1937(昭和12)年秋、中国国民政府(国府=蒋介石政権)は上海が攻略され、首都・南京も陥落必至となると、重慶に首都を移して徹底抗戦の構えを示しました。

逆に追い込まれた形の日本軍は、「蒋介石の継戦意欲を挫く」として、支援物資輸送の要の武漢(漢口、漢陽、武昌)と南方の入口、広東(広州)を抑える「援蒋ルート」遮断作戦を立案します。

ところが、日本軍兵力は武漢作戦までで手一杯で、広東の攻略、占領に回す余裕がありません。代替策として広東と漢口を結ぶ粤漢線鉄道沿線の1地点を占領して援蒋ルートを遮断する作戦が立てられました。それが広東省平海半島の小都市・平海を攻略する「平海作戦」だったのです。

この作戦軍として37年12月7日に第5軍が台湾の高雄で編成されました。軍司令官は古荘幹郎台湾軍司令官の兼務です。隷下に第11師団と台湾守備隊(当時は「重藤支隊」として大陸で作戦中)が配属され、高雄や屏東など台湾南部の港湾に集結を続けます。作戦発起(出撃)予定日は12月20日とされていました

まさにその時、日本軍が国際的な大問題を引き起こしてしまいます。12月12日に長江を航行中の中立国である米艦パネー号を爆沈、英艦レディバード号を砲撃してしまったのです。いずれも中国船と誤認しての攻撃でした。大本営はあわてふためき、国際非難をかわすため平海作戦の当面中止が発令されました。

作戦部隊は台湾南部で待機の態勢を維持したまま越年し、38(昭和13)年2月15日になって第5軍は編成解除(解散)されました。平海作戦は再興されませんでしたが、38年10月に改めて本格的な広東攻略作戦が行われることになります。そのため新たに第21軍が編成され、司令官に台湾軍司令官だった古荘幹郎中将がまたも任命されました。

120局1.jpg最初に示した封筒ですが、2月5日(年欠)に「今井部隊兵站本部付 第百二十野戦局」の局員が出身職場(東京・荒川局)の同僚に宛てて発信したものです。発信アドレスの野戦局名は赤色スタンプでも重ねて押されています。通信文が残っており、1月1日に第120(高雄)、121(屏東)、122(潮州)の3野戦局が開設され、「今は待機中」と記されています。右図は通信文の一部です。

「今井部隊」というのは分かりませんが、これら3局こそが第5軍の野戦局であることは間違いありません。作戦発起直前の部隊は通信封鎖されるのが普通なので、恐らく一般兵士の軍事郵便は禁止されていたでしょう。野戦局員という特殊な身分だったからこそ出せた通信と思います。

120局2.jpg左図の第120野戦局印は別の機会に入手した官白に押されているものです。第5軍戦闘序列の解除が下令された翌日の日付なので、野戦局閉鎖の記念押印と考えています。この日付印が押されたエンタイアは未発表で、今後も出現の見込は極めて薄いです。

平海作戦の野戦局については、関雅方氏『大東亜戦争(支那事変を含む)下の軍用郵便施設』を含め逓信当局の記録が全く存在しません。38年6月になって江蘇省徐州で120局が開設されましたが、こちらは半年前に高雄で開設された野戦局とは全く別の存在です。ただし両者の日付印は同じ特徴を持ち、台湾でのものが徐州で流用されたことが分かります。121、122局は平海作戦以外では開局されませんでした。

(本稿で平海作戦についての記述は主として井本熊男『支那事変作戦日誌』(1998年、芙蓉書房出版)に拠りました。同書ではこの作戦名を単に「南支作戦」と表現しています。また、よく知られている満州の第5軍は平海作戦の第5軍とは全く無関係で、39年5月に関東軍隷下で編成された同名の別部隊です)
posted by GANさん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事郵便(陸軍) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック