2017年04月20日

4銭貼りは何のため?

莫干山.jpg第1次大戦中に旧ドイツ租借地を占領した日本軍野戦局から発信された絵はがきです。ヤフオクで昨年入手しました。

在外局用の菊4銭切手が貼られ、青島野戦局で大正6(1917)年8月11日に引き受けています。隣り合って中国印も押され、8月14日に天津府局が中継したことが分かります。この間は日本軍が占領していた山東鉄道(膠済鉄道)で運ばれたのでしょう。日中間に安定的な郵便交換が成立していたことを表しています。

菊や田沢の4銭貼りで欧文の宛先が書かれたはがきはよく見る例なので見過ごしがちですが、この宛先MOKANSHANがクセモノです。漢字で「莫干山」は中国浙江省杭州の西北方にある別荘地で外国局など全くない場所、つまりこれは中国国内発着の郵便なのです。

このはがきには問題点がいくつかありますが、最大の問題は中国内国郵便になぜ4銭というUPU料金が適用されているのか。日本の在外局から中国内地宛てなのに、日清郵便約定に基づく中国切手による料金分の「貼り替え」をしていないのも問題です。

当時の日本発中国宛てはがき料金は1.5銭でした。中国郵政の内国料金も1.5分で同額です。本来ならこのはがきも1.5銭で済みそうに思えますが、発信者は何のために余計な料金を支払ったのか--。(ここはGANの勝手な都合で、誤って過払いしたのではない前提で話を進めます。)

実は、このはがきが発信される前の17年3月に、日本軍が占領した青島など旧ドイツ膠州湾租借地と山東鉄道地域について、日中間で郵便と電信の連絡交換協定が結ばれていました。正式なタイトルはとても長いのですが、俗に「日支山東通信連絡協定」と呼ばれます。

協定は全文わずか4条の簡単なもので、郵便事務は1905年のドイツ中国間郵便協定を当分は適用する、と定めています。これを現地でさらに具体化した協定として、17年10月に全5章、延べ36条の詳細な細則と付帯文書が締結され、翌11月1日から実施されました。

細則では旧租借地から中国内地宛ての郵便料金は「日本切手により日支間現行料金で」支払うことになりました(第1章第3条第1項)。これによれば、このはがきは1.5銭が正解ですが、発信されたのは細則の実施より2ヵ月以上前、まだドイツ料金が準用されていた微妙な時期です。

それではドイツ領時代の青島発中国内地宛て料金はいくらだったのか。日本と同じように、ドイツ内国料金並みの1.5プフェニヒ特別料金か、それともUPU料金の4(または5)プフェニヒだったのか。独中郵便協定には具体的な料金率が明示されていず、分かりません。

この問題は、今後ドイツの郵政資料を調査することにより、あるいは同時期の似たような使用例が出現することによって解決されるでしょう。それまでGANは、「ドイツ料金が暫定適用された短期間だけの希少な使用例」として大威張りすることにしています。もちろん、料金過納の可能性などは間違っても言いません。

ところで、第2の問題点、貼り替えがない理由は簡単です。独中協定で膠州湾租借地ドイツ局発中国内地宛て郵便物はドイツ切手のみで有効とされていたからです(第4条)。日中協定にも引き継がれたので、他の在中国日本局とは異なって山東の日本局だけは貼り替え不要となりました。

(この記事については、飯塚博正氏から多大なご教示を得ました。)
posted by GANさん at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日中郵便交換 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック