2017年04月29日

電報配達は軍事郵便で

石家荘-1.jpg日中戦争の初期、日本軍が占領していた河北省の要衝・石家荘に駐屯した主計(経理)士官に配達された電報です。

送達紙の右下部に応急調製されたらしい丸二型日付印「石家荘/電報局 13.6.11」(左書き)が押されています。昭和13(1938)年6月11日に受信・配達されたことを表します。

東京の中野野方町局で午前11時55分に受付けられ、石家荘で午后11時52分に受信されています。わずか半日で海を渡って大陸の戦地にまで届いた、とても早い電報と言えます。内容は弟か息子の進学・受験問題のようです。

届け先名がとても長いのも、この電報の特徴です。片仮名で64字もあり、本文27字の2倍をはるかに上回ります。漢字に直すと、「石家荘駐屯 北支派遣軍 下本部隊気付 海老名部隊 沢木部隊 主計少尉 笠原チヅル」です。「石家荘駐屯」以外は普通の軍事郵便アドレスと同じ表記法です。

送達紙は満州電電会社のもので、日付印に昭和年号が使われていることから、中国局ではなく日本軍が管理する電報局です。職員が撤退した中国電報局を接収し、満州電電に業務の再建・運営を委託したのでしょう。日本の軍人と在留民の邦文電報に限ったサービスだったと思われます。

石家荘-2.jpg石家荘-3.jpg日中間を結ぶ電信は、日中戦争の以前から芝罘-大連間、青島-佐世保間、上海-長崎間の海底電線3線が敷設されていました。この電信は内地から佐世保経由で青島に送られ、青島で軍用電信線に接続されて北京経由石家荘に送信されたようです。

配達に使われた封筒(左図)も残っていて、興味深いことに「市内軍事郵便」扱いになっています。部隊宛ては電報局で直接配達せず、軍事郵便に託す決まりだったのかも知れません。この電報局は軍事郵便を差し出す権限のある軍衙(軍事官庁)扱いだったことが分かります。

封筒の宛先は漢字で書かれています。片仮名で受信したのに漢字になっているのは、電報局に極秘扱いの部隊配置表が渡されていたからに違いありません。こうなると、表面に押されている検閲者の赤色認印「宮本」は、電報局の課長や主任ではなく、派遣されていた監督将校の可能性もあります。

結果として、この時期の石家荘電報局は限りなく「野戦電信局」に近い性格と言えそうです。38年8月以降、この局は日中合弁の華北電電会社に移管されて中国の石家荘電報電話局となります。満州電電が扱った華北電報は38年前半の短期間だけと考えられます。
posted by GANさん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 電信・電話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック