2017年05月31日

飛行はがきを被災者に撒く

日航-2.jpg分銅1.5銭はがきに「日本航空株式会社扱/飛行郵便」と76㎜もある大型紫印が押されています。1923(大正12)年の関東大震災の際、被災者支援のために日本航空会社が機上から散布したものです。ヤフオクで入手し、今日届きました。

日本航空は川西機械製作所などを経営する大阪の大実業家・川西清兵衛が1923年6月に設立した航空会社(キャリア)です。大阪・木津川河口に基地を置いて海軍から払い下げを受けた横廠式水上機5機で大阪-別府間の定期飛行を運営していました。俗に「川西系日本航空」と呼ばれ、今日の日航(JAL)とは全く関係ありません。

9月1日の大地震で京浜地方が壊滅し、一切の交通・通信が途絶すると、大阪朝日、大阪毎日の両新聞社は東京への取材記者の送り込みを策しました。両社とも日本航空に飛行を依頼、2日正午に横廠式2機が大阪を発ちます。途中1機が静岡県江尻(清水港)に不時着しましたが、もう1機は夕方に東京・品川沖に無事着水できました。

日本航空の両機はすぐ帰阪はせず、以後18日間にわたってボランティアで品川-江尻間を往復して被災者の郵便を空輸しました。飛行士の手記によると、大阪ではがきや鉛筆を買い集めて送らせ、東京市内各所に石油箱をポスト代わりに置いて郵便を集めました。江尻で応援の従業員と共に宛先を県別に分けて江尻郵便局に引き渡したといいます(小森郁雄『航空開拓秘話』所載)。

日航-1.jpgその間の9月6日、大阪から運んだ官製葉書1万枚を、多数の被災者が避難していた大森海岸上空で機上から散布しました。はがきには日本航空が無料の飛行郵便として運ぶことを示すスタンプがあらかじめ押されていました。無一物の被災者には大変感謝され、無名の関西の航空会社の名前も多少は広まったことでしょう。

このスタンプは封筒に押されたものも発表されているため、大森海岸散布の事前押印か、取り集め後の押印か、これまでは判定が不能でした。今回の未使用はがきの出現により、表面の右上部にまっすぐに押印されているはがきは「大森もの」と断定できることになりました。

その一例を左図に示します。散布の翌7日に大井からの発信で、日付印は不鮮明ながら「静岡・江尻 12年9月9日」と読めます。地理的には、東京湾奥の西岸に沿って品川の南が大井、そのさらに南が大森という関係になります。

このはがきでは宛先が「飛行郵便」の印を避けてその左側から書き出していることからも、印の方が先に押されていたことが明らかです。スタンプは大阪で複数個調製し、運行していた東海道線で社員がはがきと共に江尻に持ち運んだのでしょう。
posted by GANさん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東大震災 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック