2017年07月05日

病院船に託す日赤ルート

日赤02.jpg日赤01.jpgフィリピン(比島)に派遣された日本赤十字社の従軍看護婦に宛てた特別軍事航空往復はがきの返信です。つい最近のヤフオクで落札しました。

このはがきは航空料金往復無料の特別便で、軍属も利用できました。3銭レートで1944年(昭和19)5月12日に新潟・関山局が引き受けています。宛て先の「渡9766部隊」は第14軍に配属された第138兵站病院を表します。「317班」は医師・看護婦からなる日赤救護班チームの番号です。

はがきには、付箋をはがした形跡も「返戻」印や米軍押収印なども全くなく、キレイなものです。比島現地の名宛人に無事に届き、日本内地に持ち帰られたことを物語っています。

宛先のアドレス表記が類例を見ない特異さなのが目につきます。「横浜市山下町 日赤神奈川支部留置/比島派遣……」と書かれています。通常の軍事郵便アドレスは「派遣方面+部隊名」だけなのに、なぜ「日赤神奈川支部」と余計なものが付くのでしょうか。日赤独自のルートで確実に届けるためだった、とGANは考えます。

大戦末期の44年の段階では公用でもない限り、まして陸軍では航空便などまったく利用できなくなっていました。もちろん日赤が管理する航空機などもありません。しかし、敵国にも安全を保障された、氷川丸など一群の病院船がありました。運航権は陸海軍側ですが、スケジュールや乗務について、日赤は綿密な連絡協議を受けていたはずです。

となると、日赤が前線との通信にもこの希少で確実なルートを利用しない手はありません。病院船の連絡・発着港が横浜だったのでしょう。当時の日赤支部長は県知事が務めるのが慣例でした。これらの関係郵便物は神奈川県庁内の日赤支部に集められ、病院船の入港を待って搭載されたと考えられます。

通信文を読むと、「○○の由、一同喜こんでゐます」「南の国から母国迠遙かな波路一路平安なれ」などと書かれています。「○○」は「帰国」でしょう。当時はマリアナ方面で「絶対国防圏」が崩壊し、次は「比島決戦」必至として大本営で「捷1号作戦」が練られていました。激戦を前に、看護婦やタイピストなど女性軍属の優先帰国が配慮されたのかも知れません。

GANの推測に過ぎないこの「日赤ルート」は、まだ実証する資料がありません。しかし、この特異なアドレス表記は以上のような理解が最も合理的です。いずれにせよ、名宛て人は無事に帰国し、受け取っていたこのはがきを持ち帰ったと見られます。なお、本人が勤務していた第138兵站病院(飯田浩造病院長)は「レイテで玉砕」と記録されています。
posted by GANさん at 23:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 軍事郵便(陸軍) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
GAN様
拙解釈を申し上げます。
文面から推察するに、古川八千代さんは、家族の古川勇さんに、フィリピンからまもなく従軍看護婦としての任務を終え、帰国する旨を往き便で伝えたのであろう(所属部隊は、比島派遣渡第9766部隊317班)。受け取った勇さんは、新潟まで戻ってくる際の切符の手配などを伝えている。八千代さんの所属は、横浜に置かれた日本赤十字社神奈川支部。病院船で、横浜港に到着するのであろうか(病院船としては、大阪陸軍病院堺分院か、広島陸軍病院か、小倉陸軍病院に帰還するのかもしれない)。八千代さんが、リターンアドレスを指定してきたのかもしれない。だから、日赤神奈川支部に「留置」と書いた。わざわざフィリピンまで、文面から判断して、送付する必要もないし、行き違いになる可能性もある。八千代さんは、日赤神奈川支部の所属で、フィリピンへ派遣されていたのだから、かならずそこへ寄ると、勇さんは、判断して、そこ宛ての留置便とした。したがって、この便りは、フィリピンまで送られずに、横浜の日赤神奈川支部で受け取った八千代さんは、新潟まで持ち帰った。こうして残されたのであろう。GAN様の判断によると、きれいなハガキのようだ。当時、南方を往復したハガキは、とても汚れている。さらに、文面では、内地の物不足を伝えている。このような内容は、軍事郵便検閲の際、記載禁止事項とされたから、墨塗りが入る可能性も高い。国内留置便だからこそ、墨も塗られなかったとみなすこともできる。
 以上の理解が正鵠を射たものかは、GAN様、および参照各位様にお任せするとして、今回、上記のような判断ができたのは、文面も公開してくださったからに他なりません。今後もぜひ文面とともに公開してくださるようにお願いします。軍事郵便の価値は、表裏一体であると日頃から考えております。この点についても、ご意見をお願いいたします。
Chuandao Maoyu
Posted by 川島茂裕 at 2017年07月16日 17:44
Chuandao Maoyu様、ご指摘ありがとうございます。「比島には送られず、日赤神奈川支部に文字通りの留め置き」は、まったく想定していなかったので、驚きました。再検討してみましたが、6:4か7:3ぐらいの割合で、やはり比島に送られただろう、というのがGANの見方です。その理由を3点挙げます。

まず「留置」の意味ですが、郵便用語でいういわゆる「局留め」のほかに、この時代の軍事関係郵便物では「経由」「気付」と同義で使われる場合がよく見られます。「○○海兵団留置」などが典型例ですが、この場合は海兵団に留め置いて、受取人が帰団する(立ち寄る)のを待つのではなく、海兵団を「卒業」してどこかの艦船か陸上部隊に配属された受取人を追いかけて配達されます。例えば、サイパンで押収された米軍野戦情報部隊検閲印のある郵便物の宛名が「呉海兵団留置」だったりします。

次に、リターンアドレスはご指摘のようにGANも八千代さんの指示だと思います。勇さんがこのような極めて特殊なアドレスを独自に「思い付く」はずがないからです。もし八千代さんが日赤神奈川支部で返信を受け取りたいと考えるのならこのようなアドレスは指示せず、単に「日赤神奈川支部留置 第317救護班」としたはずです。だって、帰国したらもう、「比島派遣」は無関係で、「第317救護班」という固有チーム名だけが残るからです。

最後に、このはがきは特別軍事航空はがきが使われていますが、毎月2枚しか支給されない貴重なものです。即時返信を望まない相手にだったら普通のはがきを使い、このはがきはもっと有効な相手を選んで使ったはずだと思います。
Posted by GAN at 2017年07月18日 19:26
Chuandao Maoyu様に書き忘れましたので、書き加えます。「軍事郵便の価値は、表裏一体である」というお考えにはほぼ同感です。ただ、老婆心ながら2点の留保が付きます。書状でコンテンツが失われ封皮(カバー)だけ残るものも多くあります。フロントだけは論外として、裏側が残り発信アドレスが読めるならば郵趣上の価値は変わらないと思います。

また、展覧会で「郵便史」部門に出品する場合、過度に発信アドレスや通信文にこだわると減点されます。郵便史の観点からはコンテンツは無視されるからです。これは現在の審査基準がそうなっているだけで、変わる可能性もあります。GANは通信文はアイテムを郵便史上から考究するさいの「参考」として多用すべきだとする立場です。
Posted by GAN at 2017年07月18日 19:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック