2017年10月31日

朝鮮駐屯の軍人無料為替

猪島.jpg日露戦争で日本軍が占領・駐屯した朝鮮には前進する野戦局の業務を引き継ぐため、併合以前から日本の普通局が次々に開設されていきました。ただ、野戦局の軍事郵便為替は普通局では取り扱えない規則だったため、「軍人無料為替」という便宜的な措置が講じられました。1904年(明治37)5月逓信省令第37号で定められています。

指定された普通局で軍人・軍属が振り出す通常為替の為替料(振出手数料)を無料とし、一般では上限のある振出額を無制限とするものです。為替証書は振出局で調製して受取人に直送しました。この点が為替貯金管理所が調製して送る軍事郵便為替と大きく異なります。野戦局から管理所に振出を依頼する手間と時間が省け、早く届きました。

開戦3ヵ月後の04年5月15日にまず京城、仁川両局で取扱が始まりました。以後、軍隊の駐屯地を中心に、朝鮮統監府告示によって取扱局が増えています。同じような事情の満州でも同様の取扱例が見られます。

上図は韓国・猪島局で明治38年(1905)6月9日に振り出された軍人無料為替の受領証です。為替金を受け取った証拠として振出請求者(送金依頼者)に渡されます。為替金を表示する枠内に「軍」の朱印が押されている点で一般の受領証と区別できます。その下の「證書送達」の角印は、猪島局から受取人に為替証書を直送するという意味でしょう。

猪島は釜山の西方にあり、陸軍の鎮海湾要塞司令部が設けられた小島です。全島が軍事施設なので、猪島局の利用者は日本軍人ばかりだったはずです。この受領証の左欄外に「大阪毎日新聞社へ送金」の墨書メモがあります。送金額「96銭」は、要塞勤務の士官あたりが「大毎」紙を取り寄せる月額購読料プラス第3種郵送料だったのかも知れません。
posted by GANさん at 23:29| Comment(0) | 為替・貯金 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください