2017年11月23日

沖縄本島から最後の便り

沖縄.jpg沖縄 1.jpg沖縄本島守備の軍人から新潟の故郷に宛てたはがきです。最近のヤフオクで入手した同一人発着の満州と沖縄発信ロットの1点です。

鳩兜の軍事郵便はがきに乃木3銭切手を貼り、博多局飛行場分室で昭和20年(1945)3月23日に引き受けられています。受取人の書き込みがあり、3月27日に新潟県の宛先に届いたことが分かります。

この軍人の沖縄からの11通目で、これ以後の通信はありません。沖縄は3月下旬から米軍の大艦隊に包囲されて大規模な艦砲射撃を受け、45年4月1日に米軍が本島に上陸、猛烈な戦闘が始まります。このはがきは沖縄本島からの結果的な「有料最終便」例と言えるでしょう。

発信アドレスは「那覇郵便所気付 台湾第19159部隊」で、第8飛行師団(台北)に属する第21航空通信隊です。沖縄防衛の「天1号作戦」部隊として44年(昭和19)7月に満州の寧安から沖縄本島に転進してきました。第8飛行師団はこの作戦中に第6航空軍(福岡)の指揮下に入り、隷下部隊の多くを南九州や沖縄に展開させました。このような事情から、沖縄と台湾が同居する形の特異なアドレス表記が生まれたと見られます。

沖縄には45年4月10日から無料軍事郵便が適用されますが、沖縄と鹿児島を結ぶ船便は3月上旬頃から途絶していました。郵便物は米軍の目をかすめるわずかな軍用機と潜水艦の連絡便に託して運ばれる程度です。このはがきも通信文に「急に便を得て走り書き……」とあります。福岡・太刀洗の陸軍飛行場に急に飛ぶことになった連絡機に託したと見られます。

4月以降、沖縄本島からの有料郵便は未見で、軍事郵便でも稀です。残存する4月以降の郵便のほとんどは陸上戦闘のなかった先島諸島や大東島方面部隊の軍事郵便です。発信者が属するこの第21航空通信隊は、大内那翁逸編『旧帝国陸軍編制便覧』によると、「玉砕部隊」となっています。
posted by GANさん at 01:40| Comment(0) | 第2次大戦混乱期 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください