2017年12月04日

「三笠艦大写し」の実逓

三笠艦大写し171129-11.png日露戦争記葉の珍品として昔から知られる「三笠艦大写し」がヤフオクに出品(左写真)されました。実逓便としては恐らく初出。注目していたら、なんと! 11月29日に22万4千円という破格の高値で落札されました。

このはがきは逓信省が日露戦争中に発行した多数の記念絵葉書のうち1905年2月の第3回「天長節の部」3種セットの1種、「海軍」です。三笠艦大写し171129-21.png聯合艦隊の旗艦「三笠」と司令長官東郷大将が描かれています。

当初印刷された「初版」では「三笠」の艦形を大きく描きましたが、満艦飾の「三笠」に差し替えられてしまいました。正式発行された「再版」の方が結果的に艦形は小さく、不明瞭になっています。

「初版」の大写し「三笠」は印刷倉庫の段階で全量廃棄されたはずですが、一部が市場に流出したようです。故・島田健造氏は『日本記念絵葉書総図鑑』(1985年)で、「現存数は2、3枚程度」「実逓使用例は発表されていない」と解説しました。差し替え理由は公式には「満艦飾の写真の方がより良い」ですが、島田氏は「郵趣界では防諜上の問題といわれる」と指摘しています。

今回出品の初版はがきは樺太の九春古丹野戦局で明治39年(1906)8月6日に引き受けられた軍事郵便です。日露記葉には軍事郵便用と普通郵便用とがありますが、これは普通郵便用はがきです。島田氏は「(初版は)恤兵(軍事郵便)用も印刷されたか不明」とも書いています。

発信人の「樺太郵便部 竹内友二郎」は樺太守備隊郵便部長で、野戦郵便の現地最高責任者でした。民政移管後もそのまま樺太庁郵便電信局長に横滑りし、初期樺太郵政を担った最高幹部です。廃棄はがきが「参考品」として配布され、使用できたとしても、それほど不思議ではありません。

大写し再版.jpg大写し初版.jpg『総図鑑』2009年復刻版所載のカラー写真(右写真、左が初版、右が再版)と今回出品物とを見比べると、図案は全く同じですが、色合いがかなり異なります。『総図鑑』写真が落ち着いたセピアとオリーブ色基調なのに比べ、出品物は全体に青色系が強調され、とくに東郷大将の上半身写真を囲む舵輪の青色が目立ちます。しかし、これは別の印色ということではなく、複写、出力上の技術的な発色違いと思われます。

蛇足ですが、初版を刷り直した真因は「満艦飾」や「防諜」ではないでしょう。このセットの他の一種、「陸軍」に描かれた満州軍総司令官・大山元帥には「Marshal Oyama」と説明がありますが、「海軍」の初版では東郷大将に説明がありません。単純ミスでしょうが、これではだれか分かりません。再版で「Admiral Togo 東郷大将」と加わりました。名前の入れ忘れの修正、GANはこっちが「正解」だと独断しています。
posted by GANさん at 19:43| Comment(0) | ステーショナリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください