2018年01月31日

満州国省名入り印の悲運

間島1-1.jpg「満州国」の地方行政組織の変更と満華通郵協定の効果が郵便物上の日付印の変化として表れた典型例をごく最近そろえることができました。

右図の書状と左下図のはがきは共に間島省の省都・延吉から差し出されていて、いわゆる「日本製丸二型印」が押されています。年号は共に康徳で、右は「間島省/元年(1934=昭和9)12月24日/延吉」、下は「間島/2年(1935=昭和10)1月19日/延吉」です。つまり、上図の日付印が1ヵ月足らずで下図のように変化したことになります。
間島2-1.jpg
当初は「東北3省」と呼ばれた奉天、吉林、黒竜江省で発足した満州国は、1934年12月1日に地方行政組織の全面改編を実施しました。以後、崩壊までの13年間に複雑な離合集散を何回も繰り返して混乱を極める、その第1回目です。新たな黒河、龍江、濱江、三江、吉林、間島、奉天、安東、錦州、熱河省と興安省が生まれ、11省体制となりました(興安4省問題は省略)。

初めからの吉林、奉天省と中途で成立した熱河、興安省とを除く黒河以下の新設7省にも「○○省」と上部に表示した従来型の「省名入り日付印」が12月1日から導入されました。7省管内の全局が一斉に使用開始できたかはよく分かっていません。しかも、この日付印はすぐ廃止され、わずか40日間の短命に終わっています。

地方組織改編直前の34年11月23日、「満州国」と中国(中華民国)との間で「満華通郵協定」がようやく妥結し、35年1月10日からの両国間の郵便交換再開が正式に決まりました。協定中には「現行の(満州国が定めた)省名のある日付印は使用しない」という趣旨の1項があり、満州国は通郵実施を前に、急遽「省」字のない日付印への切り替えを決めました。

間島2-2.jpg間島1-2.jpg突然のことだったので、恐らく多くの局所では新「省字無し日付印」の配給が間に合わなかっただろうと思われます。その場合、一部の局では旧印の上部印体(活字)の「省」字を鑿や鈩のようなもので削り取って使いました。間島(省)朝陽川、竜江(省)富祐、興安(省)海拉爾局などの例が報告されています。

はがきに押された「省」削り延吉局印(上図右)もこうして生まれたものです。仮に1月末までに新たに調製した正規の「省字無し日付印」が支給されたとすると、「省」削り印はわずか20日間程度の超短命な臨時印だったことになります。書状の「省入り」印(上図左)と並べると、「削り印」の削りっぷりがよく分かります。削り漏れたごく一部が残っているのが見えます。

この丸二型「省字無し日付印」も「大きすぎて使いにくい」という現場の声で、翌36年(昭和11)から日本と同じ櫛型印に切り替えられてしまいます。日本製丸二型印最後の1年強のドサクサぶりは、新国家誕生のそれを見事に反映した結果となりました。

本稿の執筆にあたり、共に満州国切手と郵便史の専門家である織田三郎氏の「満州国の省名入り丸二型日付印について」(『関西郵趣』、1978年)と穂坂尚徳氏の「『満州国』の消印と使用状況」(『日本郵趣百科年鑑85』、1985年)を参考にさせていただきました。
posted by GANさん at 03:16| Comment(0) | 「満洲国」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください