2018年02月28日

支那駐屯軍の秘密軍郵

支那駐屯軍無料-表面.jpg支那駐屯軍無料-裏面.jpg1900年(明治33)の北清事変以来、日本軍は中国の天津、北京など華北の一部に部隊を駐屯させ続けました。「支那駐屯軍」(俗に「天津軍」とも)と呼ばれるその部隊の一部が1937年(昭和12)7月に盧溝橋事件を起こし、日中戦争の引き金となった事実はよく知られています。

支那駐屯軍に対する無料軍事郵便は、日中戦争に伴って37年8月2日に初めて適用された(逓信省告示第2226号)とこれまで考えられています。しかし、実際にはそれより1年早い36年(昭和11)夏から満州の関東軍と同様に無料軍事郵便が秘密裏に適用されていたことが最近の軍事郵便研究から明らかになってきました。

上図は支那駐屯軍司令部(天津)の兵士が昭和11年夏に発信した無料扱いの暑中見舞いはがきです。このはがきは駐屯軍の定期連絡兵によって天津から山海関まで鉄道で持ち運ばれたと考えられます。山海関には関東軍の軍事郵便取扱所(奉天中央局第7分室)が開設されていました。分室で引き受け、関東軍本来の軍事郵便に紛れ込ませて逓送ルートに乗ったのでしょう。

12年賀状-2.jpg12年賀状-1.jpgこの時期、支那駐屯軍には無料軍事郵便は適用されていないので、本来は1銭5厘切手を貼って有料扱いにしなければなりません。しかし、まったく同じ取り扱いがこの後の昭和12年(1937)年賀状(右図、皇紀2597年は1937年)でも見られることから意図的・組織的に行われたことが明らかです。宛先の内地局で未納料金を徴収された形跡はなく、逓信当局もこれら「不法郵便物」を黙認していたと推定されます。

この事実にGANは着目して、天津や北京の日本在外局が廃止された1923年(大正12)1月以降の支那駐屯軍からの郵便物を時系列で集めてみました。逓送ルートの明らかな変化があることが分かりました。初めは陸軍運輸部の定期連絡船などで大連や門司、神戸局まで運ばれ、普通有料便として発信されています。一部は中国切手を貼って中国郵政を利用したものも見られます。

1933年(昭和8)2月に関東軍が山海関軍事郵便取扱所を開設すると、少量ながら「奉天/7」「奉天中央/7」(共に山海関所在)の取扱所印で引き受けた無料軍事郵便が混じるようになります。そして36年夏からはおおっぴらにスタンプレス(切手も消印もなし)の無料軍事郵便が増加します。これは36年4月から支那駐屯軍が急速に兵力を拡張していたこと、前年12月から関東軍が軍事郵便への消印を省略したことと深い関係があると思われます。

このはがきにはリターンアドレスとして「神戸運輸部気付」が表記されています。内地から支那駐屯軍に宛てた郵便は陸軍運輸部神戸出張所が事実上の「交換局」だったことが示唆されます。運輸部では神戸局から配達された郵便物を郵袋にまとめて中国塘沽へ陸軍定期連絡船で運び、塘沽に着くと駐屯軍自身が軍用トラックで天津・北京へ輸送したのではないかと思います。

いずれにしろ、これらのエンタイアが存在することは、陸軍省と逓信省間で何らかの「裏協定」があったことを強く示しています。その流れの中で37年4月に事実上の野戦局として「支那駐屯軍軍用郵便所」が開設されたのでしょう。文書資料は未発見ですが、日中戦争以前から告示もないまま支那駐屯軍の無料軍事郵便が秘密裏に実施されていったことが分かります。
posted by GANさん at 22:34| Comment(0) | 軍事郵便(陸軍) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください