2018年04月25日

仏印在留邦人の戦後第1信

在留邦人.jpg在留邦人-2.jpg日本敗戦後の仏印(インドシナ)で、英軍に抑留されていた日本の民間人が発信した第1信の俘虜郵便です。発信アドレスの「南部仏印派遣 印支軍気付/在留邦人」が特異です。最近のヤフオクで入手しました。

仏印駐屯日本軍の全部隊は南北2地区に分かれ、北緯16度以北はハノイで中国軍に、以南はサイゴンで仏軍に降伏しました。戦後の仏印日本軍のアドレスにわざわざ「南部」「北部」が区別して入れられるのはこのためです。ただし、仏軍は実際には進駐できず、代わって南部仏印は英軍が管理しました。

他の資料から、発信者は戦時中にビルマのラングーンに進出していた商社の幹部級社員だったことが分かっています。東南アジアで働いていた若い日本人男性は開戦後、現地召集されて日本軍の部隊に組み込まれる例が多かったのです。年輩者はそれを免れる代わりに軍に協力させられ、資源獲得などに働いていたと思われます。

ラングーンは英軍の攻撃で1945年(昭和20)5月初めに陥落しますが、その直前にビルマ方面軍司令部以下の各部隊は脱出しました。この商社マンもビルマから逃げ、バンコクを経てサイゴンあたりで敗戦を迎えたのでしょう。軍と一体で活動していたので、撤退でも部隊に同行し、さまざまな便宜を受けていたはずです。

このはがきは軍郵ステーショナリーを利用し軍事郵便としての部隊検閲も受けていますが、実際には英軍管理下の俘虜郵便です。民間人は本来、ジュネーブ条約による戦争捕虜の待遇は受けられません。郵便物を無料で発受できるのは捕虜の特権ですが、身分上は捕虜でないこの商社マンも、それまでのいきさつから俘虜郵便を利用できたのでしょう。

はがきの発信時期は分かりませんが、文面から1946年晩冬-春頃のようです。葉書表面左下にある紫色の米軍検閲印、いわゆる「金魚鉢」に日付の記入がないことからも、日本到着は46年前半までです。引揚援護庁編『引揚援護の記録』(1950年)によると、南部仏印からの引揚は46年4月16日に開始され、8月5日に完了しています。

敗戦後、南方占領地の軍人からの通信は俘虜郵便としてある程度存在しますが、民間人の通信となると、GANは未見でした。日本への民間郵便は船舶などの輸送手段が途絶し、郵便連絡は事実上不可能となったからです。このはがきは、軍とのコネが「活用」された特殊で希有な例と言えます。
posted by GANさん at 01:46| Comment(0) | 俘虜郵便 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください