2018年05月27日

北海道開拓使の青色電報

開拓使電報2.jpg最近東京であった大手フロアオークションで明治初期の北海道開拓使電報を落札しました。

明治12年(1879)7月25日に函館から発信された電信の送達紙で、福山電信分局が即日受信、配達しています。和紙の縦型用紙に福山分局の角型局印と二重丸型「検査済」割印がいずれも朱色で押されています。本州以南で使われた黒色でなく濃青色で印刷されている点が特異です。

当時、全国の電信事業は工部省の所管でした。しかし、北海道だけは北海道開拓使の専管地で、内務省や工部省などと同格の中央官庁である開拓使が行政を一手に握っていました。

東海道筋での郵便開始と同じ明治4年(1871)に工部省は早くも東京-青森間に電信線を設定する計画を立てました。工部電信線は3年後の明治7年10月に青森まで延伸されますが、これに合わせて開拓使も道内の電信線計画を進めました。

太政官達.jpg左図は壬申=明治5年6月28日に太政官(維新政府)が発した布令第133号です。箱館から東海岸回りの千歳経由で札幌までの電信線を開設し、将来は東京-青森線に接続させる構想を公表しています。

開拓使電信線は後に箱館-札幌線に加えて札幌-室蘭線も計画されました。両線は明治8年(1875)に開通し、3月20日に箱館、札幌、室蘭など7電信局を開設して「開拓使電信」が創業されました。福山もその時の1局です。

青森-函館間はこの頃デンマーク資本の大北電信会社が海底線を沈設して接続されました。東京から北海道までが電信で結ばれたことになります。

実は、北海道で開拓使電信が創業した3月20日は、先行した東京-長崎線の支線として小倉-熊本線が完工し、熊本電信局が開業したのと同じ日でした。東京を挟んで北海道から九州まで日本の電信の骨格線が1本に貫通した日本電信史のエポックを画す日だったのです。

この送達紙は刷色が青色であること以外は当時の工部電信(黒色)と全く同じ形式です。開拓使は電信運営技術を始め用紙の調達に至るまで工部省の基準に従ったのでしょう。今後の研究で、工部電信との実務面での運用の違いや独自印影などが分かれば面白いと思います。

福山は渡島半島西南端にあり、明治維新まで蝦夷地唯一の和人支配地だった松前藩の城下町でした。現在は松前町字福山で、町役場が置かれています。電文に「カスある。要るか。返(事せよ)」とあり、漁業関係の問屋同士の商談のようです。2回表れる「カス」とは、松前漬にも使われるカズノコのことでしょうか。

開拓使は「時限官庁」で廃止時期が定められていたため、開拓使の電信施設は工部省に全面移管されることになります。これにより明治15年(1882)3月20日付で函館、札幌、室蘭など全9局が工部省所管の電信分局に改定され、開拓使電信は7年間限りで幕を閉じました。

(本稿中の歴史的事実は、主として逓信省電務局編『帝国大日本電信沿革史』(1892年)に拠りました。)
posted by GANさん at 00:26| Comment(0) | 電信・電話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください