2018年06月18日

局名ペン書きの弁事所印

永安屯-2.jpg永安屯-1.jpg1940年代初めの「満州国」で局名ペン書きの櫛型印が押されたカバーを見つけました。

右図の封筒は奉天北陵4分切手を貼って東安省密山県の永安屯開拓団月山村から山形県に宛て、康徳7年(1940=昭和15)3月21日に引き受けられた、ごくありふれた「開拓団郵便」です。しかし、印影が特異です。AD欄に当たる上部印体がなく、青黒インクのペンで「永安屯」と左書き(左下図)されています。

局名はなぜ手書きされたのか。局名活字が到着しなかったから、とは簡単に推測できます。しかし問題は「開設中の局なのに日付印が間に合わない」、その辺の事情でしょう。臨時開設か、あるいは局名改称直後だったのでしょうか。
永安屯-手書き.jpg
これについてはとても有益な論考が既に発表されていました。穂坂尚徳「満洲開拓移民と郵政機関」(『郵便史学』第5号所載、1975年)です。穂坂氏は満州国の郵便史と郵便切手の専門家&日中交流の達人として知られます。いつも笑顔で愛される昔からの仲間でしたが、残念ながら最近は郵趣から距離を置いておられるようです。

穂坂氏によると、1940年1月に開かれた満州国の開拓庁長会議で交通部郵政総局から開拓地郵政機関の積極整備方針が報告されました。内容は膨大なものですが、その中に「39年度中に開拓地32ヵ所、40年度中に61ヵ所に郵政弁事所の新設」が含まれていました。39年度の一つが「永安屯」だったのです。郵政弁事所は今日の日本の簡易局と同じ委託局でした。

この先はGANの推測です。拓務省第5次移住計画で1936年6月に入植した永安屯開拓団にも郵政弁事所が39年度末ギリギリの40年3月にようやく開設された、しかし弁事所の新設が短期・大量に集中しすぎて局名活字(上部印体)の調製が間に合わなかった、ついに郵便物1通ごとに局名を手書きするのやむなきに至った--、のではないでしょうか。
永安屯-3.jpg
半年ほど後に同じ永安屯開拓団から発信されたはがきをごく最近のヤフオクで入手しました。こちらには既に正規の日付印が押されています(右図)。上述した推測を裏付ける傍証の一つになるかも知れません。

この正規印について識者の教えを乞いたい2点があります。1つはD欄が省名「東安」でなく「赤○」のように見えますが、2字目が読めません。2つ目は永安屯は弁事所のはずなのに、なぜE欄「辨」字ではないのか。普通郵政局用日付印を使っています。これらにつきコメントなどでご教示いただければ幸いです。

黒臺.jpg信濃村.jpg[追記](2018.08.18)細沼茂様に下記コメント(記事の下、最終行の「Comment」をクリックしてご参照下さい)を頂きました。図版を扱う関係で、コメントへのお返事でなく「追記」として対応させていただきます。

細沼様ありがとうございました。ご教示頂いた通り、永安屯印のD欄は「黒臺」で間違いないと思います。念のため手持ちの日付印を確認したところ、「黒臺信濃村」弁事所はD欄に「黒台」と略字を使っていました。「黒臺」局は正字(旧体字)を使っており、まさに永安屯印のD欄と同じです。「黒」は漢数字の「四」の下に「赤」を置いたような独特の字体が使われていました。

この時期、永安屯は東安省密山県に属していました。この例などから、郵政局の日付印は一般的にD欄省名ですが、弁事所はD欄に管轄集配局名を表示していたようです。弁事所で使う日附印の下部印体(E、C欄)が何らかの事情で調製できない場合に郵政局用で代用し、それでもD欄が省名でなく管轄局名であることから弁事所と判別できるのでよしとしたのかも知れません(まったくの推測です)。

ちなみに、弁事所日付印の時刻刻みは「前0-12」と「后0-12」の2種類だけなので、1日4種類以上の時刻刻みのある郵政局日付印と区別出来るはずです。
posted by GANさん at 23:28| Comment(2) | 「満洲国」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
D欄の省名は「赤〇」ではなくて、「黒臺」ではないでしょうか? 永安屯の近くにある鎮です。
E欄が「辨」字でなくて櫛型である理由は分かりませんが、弁事所の消印でも他にも同じ例があります。
Posted by 細沼 茂 at 2018年08月18日 12:33
細沼さまありがとうございます。当方コメントは都合で、本文末尾に「追記」とさせていただきました。
Posted by GAN at 2018年09月11日 16:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください