2018年06月20日

海軍区別符に新タイプ

防空隊.jpg海軍軍事郵便の区別符で、これまでに知られていない表記形式のあるはがきを最近のヤフオクで入手しました。

このはがきは「呉局気付 セ四五 セ四一 ウ三七二」というアドレスで発信されています。「呉局」はこの軍事郵便の交換局で、「セ四五」以下は海軍の郵便用区別符(暗号)です。区別符は戦域別に「ウ」「テ」「イ」「セ」の片仮名4文字のいずれかに漢数字2、3桁を組み合わせた文字列で1セットになります。

区別府は通常2セットを連続して表記し、第1セットで所在地名、第2セットで部隊名を表します。例外的に第3セットまで表記する場合もありますが、それは第2セットの部隊の出先である「支部」「出張所」「支隊」「分遣隊」など分・支の隊を表す場合に限られていました。
3セット防空隊.jpg
このアドレスの場合、「セ45(以下、漢数字はアラビア数字に置換)」はマカッサル、「セ41」は第23特別根拠地隊です。すると、第3セットの「ウ372」は根拠地隊の支隊でしょうか。ところが、所定のコードブックで解読すると、これは第123防空隊です。分・支の隊なら、片仮名は本隊と同じ「セ」でなければなりません。

このように、第3セット目が分・支の隊ではなく独立した別の部隊を表す例はこれまで発表されていず、「新発見」です。すると、すぐに問題が起きます。セレベス島マカッサルに所在する部隊はよいとして、なぜ部隊名が二つもあるのか。発信者は根拠地隊員か、それとも防空隊員か。

これは、パラオとかソロモンなど他地区(ウ戦域)にいた防空隊がバンダ海(セ戦域)のマカッサルに転進し、根拠地隊に編入されたケースだろうとGANは考えます。根拠地隊は陸軍で言えば独立混成旅団に相当する大きな部隊で、地上部隊の他にごく小規模ながら航空、艦船部隊までかかえていました。この防空隊もマカッサルに「流れ着き」、取り敢えず大部隊に身を寄せたのでしょう。

普通、このような場合のアドレスは「呉局気付 セ45 ウ372」として、「セ41」は表記しません。原則を破ってまで敢えて上位部隊名を入れたのは、他戦域からの小規模な転属部隊の常で郵便物が迷子になりがちだったからでしょう。本当は「セ41」に「気付」を付け加えたかったところ、地名符と混同の恐れがありこの形にしたと思われます。

分・支の隊でないにもかかわらず、発信アドレスを区別符3セットで表記するこのような使い方は、海軍の軍事郵便法規集にありません。この時期、この地域限りの極めて例外的な使用例だったはずです。
posted by GANさん at 02:41| Comment(0) | 軍事郵便(海軍) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください