2018年11月28日

35日間の軍事航空レート

41海軍1派.jpg1次昭和切手3種、計25銭貼りの軍事航空郵便はがきです。昭和17年(1942)5月5日に第41海軍軍用郵便所第1派出所(サイゴン)で引き受け、鳥取市に5月25日に着いています。最近のヤフオクで入手しました。

太平洋戦争開戦後、軍事郵便の公式取扱は42年1月15日から始まりました。軍事航空郵便は陸軍では当初から公用に限定して私用は扱わず、海軍は公用・私用とも取り扱いました。しかし、5月6日から航空郵便の全国的な取扱制限が始まると、海軍も私用航空を廃止(42年5月6日付海軍省通牒 官房第2749号)してしまいます。

この間に私用軍事航空料金が値上げされていました。4月1日の内国郵便料改定に合わせ、書状が30銭から50銭に、はがきは15銭から20銭になったのです。公用軍事航空は料金が無料なので、値上げとは無関係でした。

つまり、太平洋戦争中の有料軍事航空郵便は海軍の私用だけで、30銭/15銭レート時代が76日、50銭/20銭レート期はわずか35日間となります。ただし、中国・海南島などの海軍受命商社は例外で、42年5月以降も私用軍事航空の書状使用例数点が知られています。

このはがきは超短期間で終わった50銭/20銭レート期で、しかも私用航空廃止前日=最終日の使用例です。ただ、このはがきに実際に貼られている切手は25銭で、5銭余計です。これは日中戦争期以来長く続いてきた30銭/15銭レート期の類推から「はがきの航空料金は書状の半額」と思い込んでいて、誤認したためと考えられます。

差出人は特務艦「佐多」乗り組みの士官です。佐多は給油艦(タンカー)で、戦前は米サンペドロなどからの石油積み取りに当たっていました。この当時は、太平洋戦争の直接的な目的だったスマトラやボルネオ産石油の内地還送で華やかに活躍中でした。44年3月、佐多は米艦載機によりパラオで撃沈されています。
posted by GANさん at 02:43| Comment(0) | 軍事郵便(海軍) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください