2020年05月26日

満洲丸二型印に左書誤刻

王爺廟-1.jpg龍井村.jpg「満州国」郵政が初期に使った日本製の大型丸二印、いわゆる「満洲丸二型印」に左書きのエラー印が2局あることが分かりました。右に示す吉林省龍井村局()と興安省王爺廟局()のエンタイアです。共に最近のネットオークションで入手しました。

龍井村局印は満州国年号の康徳元年(1934年)10月10日です。横長(平体)ゴチック体の省名「吉林省」が右書き、局名「龍井村」は楷書体で左書き、つまり省名と局名が左右バラバラ書きです(下図の左)。当時の正書法は右書きなので、明らかに局名の方がエラー(誤刻)です。

丸二型印の「元年」は、康徳元年より3年前の大同元年(1931)ということも一応は考えられます。しかし、大同元年10月中はまだ中国郵政の旧印を流用中で、丸二型印の影もありませんでした。当時の情報によると、東京の築地活版所で新たな丸二型印の印顆が出来たのは31年10月末ごろです。現地への発送は11月以降、一斉に使用が始まったのは翌年(大同2年)1月1日からとなりました。

龍井村-2.jpg王爺廟-2.jpg一方の王爺廟局印(左図の右)は康徳2年11月27日で、ゴチック体の省名「興安」と局名「王爺廟」が共に左書きとなっているエラーです。しかも縦長(長体)フォント「王爺廟」3文字の配列が特異です。中央の「爺」だけが半文字分ぐらい下に沈み、垂直のまま外枠の円周に沿っています。

王爺廟局の丸二型印に左書きのものがあることは、既に織田三郎氏が「満州国の省名入り丸二型日付印について」(『関西郵趣』1978年9月号)で報告しています。単片上の一部局名だけが示されました。完全印影は今回が初めてのようで、省名、局名共のダブルエラーだったことが分かりました。

このようなエラー印は、受注した印判業者あるいは活字製作会社のまったくのうっかりミスでしょう。ことに初期は築地活版所で印顆の印枠と省名、日付活字を製造し、局名活字については水牛印材を満洲に送って現地で手彫りしたといいます。ゴチック体と楷書体、右書きと左書きが混じる龍井村局印にはそうした背景がありそうです。

王爺廟局の場合は同一業者が省名、局名活字の両方を同時に製作したはずです。となると、同時期の興安省で王爺廟以外の局ではどうだったでしょうか。省名だけ左書き印、省名・局名とも左書き印がもっと他にもあるかも知れません。
posted by GANさん at 05:49| Comment(0) | 「満洲国」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください