2017年01月31日

大阪-東京を4日で飛行

行違遅延1.jpg航空郵便の夜明け前、大正11(1922)年11月に航空普及を図る民間団体の帝国飛行協会が開催した「東京大阪間郵便飛行競技」で運ばれたはがきです。ネットオークションで落とし、つい数日前に到着しました。

この飛行競技の実施状況については園山精助氏の好著『日本航空郵便物語』(1986年)に詳しく載っています。以下、園山氏に全面的に依拠して記述します。

当時はまだ航空機による郵便物の定期輸送はありません。イベントとして開かれる各地での飛行大会などで試験的に委託輸送される程度の段階でした。

帝国飛行協会は郵便の大動脈である東京-大阪間で将来郵便の定期航空を構想していました。まず航空路を開拓し、確実・安定的に定期飛行するためのテストフライトとしてこの競技を企画したのです。郵便飛行を競うイベントは1919(大正8)年以来これが5回目で、最大で最後ともなりました。。

内容は、民間飛行士を募り、数日間にわたって東京・代々木練兵場と大阪・城東練兵場とを互いに発着して所定コース(東京-三島-豊橋-四日市-大阪)を無着陸で飛び、航路の確実さや速さを競う、というものです。14人の飛行士が自分の飛行機ごと、あるいは航空当局提供の機体を借りてエントリーしました。

競技は11月3日から11日の間に延べ7日、27回のフライトが実施されました。うち7回が不時着で、大部分は機体大破で終わっています。優勝者の飛行時間は上り3時間31分、下り2時間54分でした。全フライトを合計して大阪方面に3,612通、東京方面に6,420通の郵便物が輸送されました。

さて、このはがきですが、私製はがきに第2種料金として田沢1.5銭切手が貼られ、大阪天満局で11月4日夜の10-12時に引き受けられています。航空輸送による特別料金の加算はありません。はがき表面左端には赤インクで「飛行郵便」の書き込みがあり、郵便飛行競技に参加した郵便物であることを示しています。

ところが、このはがきは翌5日のフライトに間に合いませんでした。城東練兵場への引き渡し局である大阪中央局で「行違ノ為メ送達方遅延ス」の付箋が貼られ、5日午前10-11時の日付印が押されています。天満局か中央局のどちらかで取扱ミスがあったのでしょう。午前9時28分に出発した島田機に積み遅れてしまいました。

このはがきは練兵場で1日を空費して6日午前8時40分出発の安岡機に搭載されたはずです。災難はさらに続きました。安岡機は半ばも飛ばないうちに油送管が故障し、豊橋に不時着してしまったのです。安岡飛行士はやむなく搭載郵便物を豊橋局に引き渡し、このはがきも汽車便に仕立てられて東海道線を上ったと思われます。

結局、東京中央局への到着は7日早朝の午前0-7時となりました(あるいは6日深夜かも知れません)。それでも青山の名宛人に7日お昼前には配達されたはずです。大阪から足かけ4日がかりで届いた「飛行郵便」はがきは、さぞ驚かれたことでしょう。

--1通のはがきに押された3個の日付印が以上のようなストーリーの存在を推定させています。日本で最初の飛行機が飛んでからわずか12年。機体製造も操縦技術もまだまだ手探りだった時代に、最速の手段で郵便輸送を試みた人たちの悪戦苦闘ぶりがしのばれます。
posted by GANさん at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行・航空郵便 | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

訪欧大飛行カバーの大疑問

BOURGET.jpg1925(大正14)年に朝日新聞社が行った訪欧飛行に積まれたカバーです。と、簡単に言いきれもしない、多くのナゾを積んだカバーでもあります。

訪欧飛行は日本人飛行士による初の西回りヨーロッパ往復飛行です。フランス製複葉機のブレゲー式19A-2型機の同型2機が採用され、「初風」「東風(こちかぜ)」と命名されました。国民的な熱狂の中で7月25日に東京・代々木練兵場を出発していきます。

両機は平壌、哈爾賓、チタ、チェリヤビンスク、モスクワ、ベルリンを経て9月28日パリに到着しました。さらにロンドン、ブラッセル、ローマを訪問した後、翌26年1月10日に東京に帰着しています。乗員は朝日新聞社員の河内一彦1等飛行士を含む4人でした。

このカバーは田沢10銭を貼り、櫛型印に似せた黒色ゴム印の「訪欧飛行東京出発/25.7.1925/TOKYO OSAKA ASAHI」で抹消されています。フランス北東部のストラスブール局9月26日、パリ北郊のブールジェ空港局9月28日の、それぞれ到着日付印があります。

さらに、カバー左上に発信者の記入と思われる「飛行郵便/封書」のペン字、朝日新聞社の赤色「訪欧大飛行記念」スタンプ、左下にはブールジェ空港の二重角枠日付入りスタンプ、右辺中央部に河内飛行士のサインまであります。

これだけ「役者」がそろっているというのに、なぜか違和感がぬぐえません。これは本当に飛行郵便なのでしょうか。正規の飛行郵便が行われたのなら、逓信省の告示類や郵趣界の対応などがあって然るべきです。が、これらはまったく見られません。

そもそも郵便切手の抹消が通信日付印でなく、朝日新聞社の私印で行われているのがおかしい。GANは昔、朝日新聞社の社史編纂室に潜入したことがあります。しかし、「訪欧飛行に郵便物搭載」を示すような資料はまったく見当たりませんでした。

朝日新聞社は郵便飛行が公認されると考えて搭載郵便物を募った、しかし当局から拒否されたため私印を使って凌いだ、というのが真相ではなかったでしょうか。

郵趣家が一方的な思い込みで初飛行カバーを依頼したとすると、朝日側が郵便印まがいの私印まで作る理由がありません。この櫛型類似印は、この「飛行カバー」にしか見られないのです。ついでに言えば、カバーは10点ほどありますが、貼付切手以外すべて同じで、これ以外の作成者のカバーは現れていません。

「そもそも」はもっとあります。全国民的な支持を受けたこの飛行に、逓信当局が「差出人ノ危険負担ニ於イテ」でも郵便物搭載を認めなかったのは、なぜか。「危険だったから」は理由になりません。もう一人の飛行士・安辺浩陸軍大尉はれっきとした逓信省航空局の現職官吏、航空官だったのです。

園山精助氏は『日本航空郵便物語』(1986年)で、「堅いことをいう必要はない。大飛行の記念品として記録しておけばよい」と記しました。それから30年近く経って、一歩も解明が進んでいないのが残念です。
posted by GANさん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行・航空郵便 | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

ボールドウイン飛行大会

BORDWIN-1.jpg1911(明治44)年に日本各地で興行した米ボールドウイン飛行団関連の絵はがきです。日野熊蔵・徳川好敏両大尉の日本人初飛行から3ヵ月。この興業は、一般の日本人が初めて見る飛行、初の「航空ショー」でした。

『日本航空史 明治・大正編』によると、飛行団は、ボールドウイン団長が操縦士2人、複葉機2機を率いて興業的なサーカス飛行を見せるチームだったようです。

フィリピン巡業を終え帰国の途中、乗船が神戸に寄港したところをたまたま大阪朝日新聞記者が取材したことがきっかけでした。同社が謝礼金1万円を提示して日本での飛行会開催を持ちかけました。

BORDWIN-2.jpg1911年3月12日、大阪朝日新聞社が主催して大阪城東練兵場を会場に、飛行会を無料で公開しました。関東や九州からも含め40万人もの見物客が集まり、大阪市空前の大イベントとなったといいます。

これにプロの興行師が飛び付きました。飛行団は5月上旬までに、西宮、東京、京都、名古屋、川崎など各地を回って有料の飛行会を開きます。いずれも大盛況で、飛行団はひと儲けできました。「日本人は大変な飛行機好き」。以後、欧米飛行家の来日ラッシュにつながります。

この絵はがきの差出人は金沢の学生でしょうか。京都に帰省中の4月8、9両日に島原競馬場で開かれたマース操縦士によるショーを見物しました。金沢に帰った4月12日に三重県白子の友人に飛行会の感想を伝えています。

絵はがきは島原の飛行会場で求めたのでしょうが、裏面の「複葉飛行機/飛行大会紀念」スタンプの日付「44.4.1.」は東京の目黒競馬場での飛行会初日です。このスタンプは私印ですが、日本初の飛行記念スタンプとなるかも知れません。

「トンボの如き飛行機が頭上を飛んでゆくのを見て玉消えた(魂消た)。見ていてさえ愉快壮快、飛乗りて天上をかけたらば……」と日本人が初めて見る飛行ぶりに素直に感動、共感しています。

翌年のアトウォーターが芝浦-横浜という2地点間を飛行したのとは異なり、飛行団はいずれも会場内でのショーでした。貨物運送の手段という発想がまだなかったのでしょう。せっかく興行師もついたのに、飛行団の郵便飛行は残念ながら行われませんでした。
posted by GANさん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行・航空郵便 | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

大阪-大連間を試験飛行

DAIREN-AIR.jpg大連を大正15(1926)年9月25日に発信した長野・上諏訪宛て飛行郵便の私製はがきです。大連局9月26日の「大連京城大阪間郵便飛行記念」の紫色記念印で引き受けられています。市場に残るものはコレクターの作成したカバーがほとんどですが、これは非郵趣家便です。

堺市大浜海岸で大正11年6月に設立された井上長一の日本航空輸送研究所は11月から大阪-徳島間で日本初の定期航空を開始しました。同社は国内にとどまらず、満洲・奉天や中国・上海への航空進出という当時としては壮大な夢を抱いていました。

海外進出の第一着として航空輸送研が手掛けたのがこの大阪大連間飛行です。大阪市木津川河口の同社飛行場を基地として福岡・大刀洗飛行場を経由し、玄界灘を越えて朝鮮半島西岸を飛び、旅順郊外営城子飛行場に至るルートが設定されました。

日本航空協会編『日本航空史 明治・大正編』によると、当時航空行政を管轄していた逓信省はなぜか、この試験飛行を快く思わなかったようです。航空輸送研が出した郵便物委託輸送(託送)の申請を却下しました。しかし、関東逓信局と朝鮮逓信局は逆で、同社に郵便物託送を許可しています。

航空輸送研は川西式水上機とマイバッハ陸上機の2機を投入し、往航が1926年9月13日に木津川河口を出発しました。15日に中継地の大刀洗を飛び立って、京城経由で両機とも無事に営城子飛行場に到着しています。大阪、大刀洗からの郵便物搭載はありませんが、京城では大連方面宛て約千通が託送されました。

復航は、まず川西機が9月20日に京城、大阪方面宛て1,493通の郵便物を搭載して大連を出発、22日に大阪に帰着しました。一方のマイバッハ機は9月26日に2,157通の郵便物を運んで大連を発ち、無事大阪に帰っています(到着日時は不詳)。このはがきは26日の復航第2便(最終便)に搭載されたことになります。

このような事情のため、このフライトでは内地発の往航郵便物は存在しません。大連と京城発着の郵便物は、それぞれ記念印で引き受けられました。とくに京城では飛行機型の記念印が使われ、コレクターにはおなじみです。両地のこの航空路にかけた期待の大きさがうかがえます。

せっかく航空輸送研が開拓にかかった大阪-大連線でしたが、結局、定期便の運航には至らず、この1回だけの試験飛行に終わっています。政府側にはこの大幹線を、民間会社でなく国策企業にやらせたい思惑があったのかも知れません。その詳しい事情については、GANは未調査です。
posted by GANさん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行・航空郵便 | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

朝日新聞の無料飛行郵便

ASAHI-2.jpgASAHI-1.jpg一見してありふれた田沢3銭貼りの封筒に過ぎませんが、赤色「飛行郵便」印がいわくありげです(画像=クリックで拡大できます)。

表面の引受印は東京中央局昭和3(1928)年2月24日ですが、裏面を見ると、「大阪を2月23日の発信」です。わずか1日で東京に届くのは、確かに「飛行機輸送の郵便」しかあり得ません。

逓信省は1929年4月から「航空郵便」制度を実施しました。航空郵便では基本郵便料に加えて航空割増料金が必要です。

しかし、この封筒には基本料金の3銭切手しか貼られていません。この点で、1年余り後の航空郵便とは根本的な違いがあります。航空郵便制度実施以前は、同義語の「飛行郵便」も多用されました。

この封書を空輸したキャリアー(航空会社)は、大阪朝日と東京朝日の両社が共同運営する東西定期航空会です。逓信省は1925(大正14)年4月に民間各社に郵便物の空輸を許可していました。東西定期航空会もその一つで、大阪-東京という大幹線に貨物主体の定期路線を運行する当時最有力のキャリアーでした。

朝日新聞社の記録によると、東西定期航空会の大阪-東京線の運行は1923年1月から週1便の小荷物輸送で始まりました。1929年に国営の日本航空輸送会社が本格運航を始めるに際し、この路線を同社に譲渡して撤退しました。無料の定期郵便輸送は25年から29年までの4年間だったことになります。

無料輸送期の航空郵便は、郵趣家が作成したものは別として、実務的に利用された「コマーシャル・カバー」はなかなか残っていません。航空輸送が社会的信頼性を獲得していく過程を示すものとして、この封筒の資料性は高いと、GANは考えています。
posted by GANさん at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 飛行・航空郵便 | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

日本最初飛行通信

 ATWATER.jpgネットの売り物でアットウォーターの飛行通信記念絵葉書「使用済み」とあるのを見つけ、コレコレとばかりに注文しました。届いた封筒をドキドキしながら開けて見たら、やっぱり品川-横浜間の実逓ではありません。う~~~~ん、残念!!

この絵はがきは1912(明治45)年6月1日に米人飛行家が京浜間の海上で水上機を操縦して日本最初の「飛行通信」を挙行するに当たり発売されたものです。昔、園山精助氏の快著「日本航空郵便物語」で知りました。いや、「カナイ・スタンプレーダー」連載「空を飛ぶ郵便」の方が先だったかも知れません。

以来、ほしいなあと思っていたものです。未使用なら、ほかに2点入手していますが、実逓となると、今日までチャンスがありませんでした。
 
一度だけ、10数年前にオーストラリアの業者のネット販売カタログで、まぎれもないカシェ付きの実逓が、とても良いお値段で出ているのを発見したことがありました。清水の舞台から飛び降りる覚悟をようやく固めて申し込んだところ、なんと、「ソリー、少し前に売れたばかりだ。外すのを忘れてたんだ」。胆がどっかに落ちてしまい、数日間は仕事が手に着きませんでした。

今回のはがき(画像=クリックで拡大できます)は、実逓は実逓なのですが、神戸三宮局明治45年6月9日の引受印と、翌日の鹿児島局到着印があり、京浜とは無関係です。通信文や園山氏の著書によると、6月8日に会場を西宮海岸に移して2回目の公開飛行が行われました。その見物人が当日差し出したものですが、飛行機には積まれていないようです。GANは以後、言動をいっそう正し、さらなる入手の機会を期すこととしております。
posted by GANさん at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行・航空郵便 | 更新情報をチェックする