2016年11月06日

朝鮮・会寧局の異型印

会寧.jpg日露戦勝記念1.5銭を貼った絵はがきです。朝鮮(韓国)の北東端、咸鏡北道の会寧局が櫛型印で引受け、同じ道内の輸城局が丸一印で配達しています。

東京で開かれていたJAPEX最終日の11月6日に、同じ会場であった大手ディーラーのフロアオークションで落とした内の1点。まだ湯気の立っているホヤホヤ品です。

発・受信者は共に元韓国駐箚軍東部兵站監部郵便部時代の同僚(野戦局員)だったことが別の資料から分かっています。韓国駐箚軍東部の管轄地だった咸鏡北道の城津以北地区は、明治38(1905)年10月末に全野戦局が撤廃され、普通郵便局所に引き継がれました。野戦局員の多くは普通局に転属しています。

朝鮮の野戦局は基本的には38年9月末までに閉鎖され、普通局に引き継がれたのですが、この地区だけは1、2ヵ月遅れました。ロシア国境に接しているためロシア軍に占領され、日本軍の回収が遅れたからです。城津局はロシア軍部隊に侵攻された1904年4月に閉鎖に追い込まれ、翌05年8月まで再開できませんでした。会寧も輸城もロシア軍の占領区域内でした。

このはがきで会寧局の櫛型印は明治39年6月15日、輸城局(正確には共に城津局の出張所ですが、簡略して「局」と表現します)の丸一印は2日後の17日です。とくに輸城局は半月前の6月1日に開設(郵便事務開始)したばかりでした。日付印の配備状況を調べる好資料になると思います。

ここで会寧局の櫛型印がとても異様なのが目立ちます。A欄の局名が印の上方外側弧線に沿って右書きで並ぶべきところ、逆向きになっています。C欄には本来は時刻活字が入るべきなのに、A欄と同じ逆向き局名です。もともと郵便でなく電信用に作られた日付印の下部印体(C.E欄)を郵便用に流用したために異様な印影になりました。

朝鮮では各地に軍の電信部隊である軍用通信所が多数開設されました。主要地では開戦初期の1904(明治37)年4月から民間人の公衆電報も有料で扱いました。朝鮮内に開設される日本普通局は当初から電信(電報)を扱いましたが、未通地区では普通局が軍用通信所の電信事務を移管されて公衆電報を始めています。

城津以北地区では、野戦局や軍用通信所から普通局への切り替えが遅れ、ほとんどが開局した後で軍の電信事務を引き継ぎました。切り替えを急ぐ余り、軍用通信所の名前だけ普通局に変え、郵便を扱わない電信専用局として開設された例もあります。会寧では06年3月31日限りで会寧軍用通信所が廃止され、4月1日から会寧局が電信事務を引き継ぎました。

これらの普通局で丸一印を使っている間は問題なかったのですが、櫛型印が導入され始めると混乱が起きました。上述した地域的な特殊事情もあって、普通局としての日付印が開局に間に合わない局が続出したのです。

兼二浦.jpgそうした普通局では、やむなく軍用通信所時代の電信印を郵便用にもそのまま使ったり、局名活字だけ郵便用に流用して一時しのぎとしました。ところが、その電信印は、A欄「韓」、C欄局所名という形式です(左図はその一例)。郵便印ではA欄の局名文字の並びが上方に凸型なのに、電信印はC欄局名なので下方に凸型と逆です。電信用局名活字をA欄にはめ込むと、局名が逆向きとなってしまいました。

--前説が長くなり過ぎましたが、会寧局で異型な印が使われた背景には、このような複雑で煩瑣な事情があったとGANは考えています。誤って使ってしまったのではなく、正規の形式でないことを承知で敢えて使い続けたという意味で、これはエラー印とは言えません。

会寧局と似た異型印の例は清津、茂山、北青、甲山、長津、堤川の各局でも見られます。ただし、これら咸鏡北道とは無縁の京城西大門や漢江坊、虎島などの局所にも異型印の郵便使用例があります。軍用通信所での丸一印から櫛型印(A欄「韓」、C欄所名)への切り替え時期なども含め、さらに考察が必要です。
posted by GANさん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 植民地 | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

民政直後ヤップ局臨時印

YAP.jpg近着の南洋群島ヤップ発信の絵はがきです。9月の関西のメールオークションで入手しました。田沢1.5銭を貼り、ヤップ局大正11(1922)年6月25日の日付印で引き受けられています。発信者は東京からヤップ島に出張した逓信省職員のようです。

この日付印は、本来なら「郵便局」と入るべきC欄とその直上のE欄櫛歯が欠けています。たまたま写りが悪かったのでしょうか。いいえ、印影下部の円形外郭線と日付部桁線は極めて明瞭です。下部印体(C・E欄)が挿入されないままで押印したことが想定できます。

南洋群島は第1次大戦期までドイツの植民地でした。大戦初期に日本海軍が南遣枝隊を派遣して占領し、戦後発足した国際連盟によって日本の委任統治領に指定されました。正式に日本領となったので軍政は終わり、1922年4月1日から民政に移行しました。このはがきは民政に変わってまだ3ヵ月足らずの郵便ということになります。

ところで、南洋群島の統治機関・南洋庁は日付印には時刻表示をしないことに決めました(1922年4月1日、南洋庁訓令第4号)。管内の郵便物取扱量が非常に少ないので、省力化を図ったのです。時刻表示部分(C欄)には、さして意味もない「郵便局」と変更して「穴埋め」しました。

恐らくこの変更措置を決定するのが非常に遅れたのでしょう。「郵便局」表示の下部印体の製造を遠く内地に発注し、出来上がって南洋に届くまでに3ヵ月以上掛かってしまいました。その間、各局で実際に引き受けた郵便物には、軍政時代の旧海軍軍用郵便所印をそのまま使ったり、下部を空欄のままにした日付印を間に合わせで使ったのでしょう。

荻原海一氏『南洋群島の郵便史』には、ポナペ局大正11年6月17日の海軍軍用郵便所日付印が押された分銅はがきの例が発表されています。荻原氏はこれを局員のうっかりミスと考え、「南洋庁になってから2ヵ月余り、ポナペ局は何をやっていたのだろう。」とあきれています。

そうではなく、「郵便局」の印体が間に合わないための一種の臨時印だとGANは考えます。これは民政移行直後の混乱期に発生した短期間の珍しい使用例なのです。正式な「郵便局」印がいつから使われ始めたのか、当局側の記録は見つかっていません。この年の夏から秋にかけての日付印データを今後集積することで解明できるはずだと思います。
posted by GANさん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 植民地 | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

南洋発売の立太子礼記念

PONAPE-2.JPGPONAPE.jpg日本海軍占領下の南洋群島ポナペから発信された普通郵便です。2倍重量便として6銭分の切手が貼られています。中で1枚、大正5(1916)年11月3日発行の立太子礼記念3銭切手が目立ちます。

この封書は田沢1銭と2銭、大正立太子礼記念3銭を貼って大正5(1916)年11月18日に発信、ポナペ艦船郵便所で6日後の11月24日に引き受けられています。

この日が内地に向かう郵便船の寄港日だったのでしょう。東京には12月11日と効率よく到着しています。

差出人は南洋貿易ポナペ支店の女性従業員(あるいは従業員の妻)のようです。旅行者と違い、内地からの記念切手の持ち込み使用とは見えません。「海軍の野戦局」である艦船郵便所などで、いったい記念切手を発売したものでしょうか。

ごく少量ですが、この記念切手を艦船郵便所で正式に発売した記録が防衛省防衛研究所の保管資料中に残っています。逓信省通信局長発首席艦船郵便吏宛ての「立太子礼記念切手及特殊通信日附印等交付ノ件」(大正5年9月20日、秘第1634号)がそれです。

1.5銭切手と3銭切手を各1千枚、10銭切手(いわゆる「冠」)3百枚を南洋の陸上8ヵ所、船内3ヵ所の計11郵便所で内地と同時発売することなどを指示しています。ただし、10銭切手は配給取り止めになったようで、事後の記録では触れられていません。

臨時南洋群島防備隊の海軍軍人や海軍文官は無料軍事郵便が利用できました。このころようやく進出が始まった商店や鉱山の従業員などの民間人が記念切手の売り捌き対象だったようです。いずれにせよ、少数でしかありません。

南洋の陸上郵便所の中でもポナペは小局だったので、割当量は恐らく数十枚しかなかったでしょう。この記念切手は極めて「貴重品」だったはずです。この封筒に記念切手の2枚貼りのような「贅沢」使用をしていないのは、そのためだったかも知れません。

やはり防衛研究所保管の『大正4年乃至11年海軍軍用郵便記録』によると、このほかにも南洋の艦船郵便所・海軍軍用郵便所で記念切手や逓信省記念絵葉書が発売されています。大正大礼(1915年11月)を最初に、平和(1919年7月)、国勢調査(1920年10月)、通信事業50年(1921年4月)の4回でした。

記念切手の発売枚数はいずれも1千-2千枚程度と少量です。郵趣家便を含めても、これらの実逓カバーを目にする機会は、そう多くありません。
posted by GANさん at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 植民地 | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

日露開戦直後韓国公用便

RUSS-FRA 1.jpg日露開戦直後に独立帝国・韓国の政府機関が発信した公文書の封筒です。近年の香港のオークションで入手しました。

封筒には韓国の鷹3銭切手が貼られ、仁川局で光武8年(1904=明治37年)3月4日に引き受け、漢城(日本人の言う「京城」)局に翌5日に到着しています。

この封書は韓国の仁川監署(貿易管理官事務所)が差出しています。名宛ては「仁川駐在ロシア副領事事務代行 漢城駐在フランス副領事 貝閣下」となっています。裏面に仁川監署のアドレスなどはなく、封じ目に国章・陰陽文に漢字を配した丸型朱印だけが押されています。

1904年3月は開戦から1ヵ月足らず後ですが、仁川・漢城の一帯はすでに日本軍が占領していました。開戦の前後にロシア外交官は韓国から撤退したため、韓国に於けるロシアの利益代表として同盟国フランスが指定されていました。

仁川監署では仁川駐在ロシア副領事へ公務上の連絡があったので、漢城のフランス副領事に回送したのだと思われます。副領事閣下の「貝」は漢字に置き換えたフランスの人名で、たとえば、「ベイル」などといった名前なのでしょう。

日露戦争を巡り、日・露・韓・仏の関係を象徴する興味深いカバーだとGANは考えています。
posted by GANさん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 植民地 | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

台湾先住民へ内容証明便

内容証明郵便としてKANSEI.jpgの証明を受けた通信文です。台湾・関西局で昭和17(1942)年8月8日に受け付けられ、照合用の副本として郵便局で保存されていました。正本2通は証明を受けて差出人に戻されています。

薄い半紙1枚にカーボン複写された文書の左半分だけを画像に示しました。右半分には「通知書」と題されています。中文で書かれているので正確なことは分かりませんが、商取引上のトラブルについての異議申立の書類のようです。差出人は日本人です。

ここで興味深いのは被通知人(名宛人)である「邱阿富」氏の住居表示です。「新竹郡蕃地馬武督社小地名而完窩」とあるのが目に付きます。「マブト社シカンカ」とでも読むのでしょうか。

「蕃地」とは領有当時に「蛮人」、この時代には「高砂族」と呼ばれた山地に住む非漢族系先住民の居住地のことではありませんか。「社」は「村」に相当する高砂族集落特有の名称です。名宛人は中国系の名前に見えますが、先住民本人なのでしょう。

この書類から想像出来ることは、1940年代の先住民が日本から乗り込んできた商人と対等にビジネス上の応酬をしていた、ということです。もはや、「野蛮な人々」どころではない。語弊を恐れず言うなら、日本植民地政策の功罪の「功」の一つかも知れません。

この内容証明では文書1枚の料金20銭が1次昭和切手で納められています。郵便局保存分なので、関西局では納付された切手を貼って日付印で抹消しています。内容証明料金はこの年4月に10銭から20銭へと2倍に値上げされたばかりでした。
posted by GANさん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 植民地 | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

朝鮮局で受取る満洲宛て便

DAIRISSI.jpg朝鮮の「満州国」との国境、鴨緑江岸の中江鎮局私書函に宛てた内地からの封書(画像=クリックで拡大できます)です。不鮮明ですが、京都市の「七條 15.8.6」の消印で引き受けられています。最近入手しました。

中江鎮は西流する鴨緑江が上流部で屈曲して最も北、満洲側に突き出した江岸の小集落です。対岸の満洲側は中心的な地方都市の臨江(帽児山)なので、朝鮮総督府はここを重視して国境守備隊を配置し郵便局を開設していました。臨江局との外国郵便交換局に指定され、希少な欧文印TYUKOTINを使った局として知られます。

ところで、封筒の宛先の大栗子溝採鉱所ですが、所在地は中江鎮局管内ではなく、満州国臨江県です。大栗子は臨江の郊外、鴨緑江にも近い小集落と思われます。非常に詳しい1939年版「満州国輿地図」(陸地測量部製作=複製)で位置を探したのですが、残念ながら見当たりませんでした。

余談ですが、この小集落は歴史上に名が残っています。1945年8月にソ連軍が満洲に侵攻した際、満州国皇帝溥儀は関東軍首脳と共に「決戦陣地」に用意された通化に避難しました。さらに大栗子に逃れ、8月18日に皇帝退位・国家解散を自ら宣言します。大栗子は満州国終焉の地なのです。

通常なら、大栗子への郵便物はいったん奉天に達してから延々と奥地を南下し、はるばる鴨緑江岸に達します。この「奉天ルート」に対し、新義州から鴨緑江沿いに東進する「江岸ルート」。なるほど、中江鎮や満浦鎮対岸の満洲宛てなら、後者のルートがはるかに合理的で速達します。

満州国所在の採鉱所の従業員が国境を越え、外国である日本(朝鮮)の局で郵便物を受け取る――。郵便管轄権がもとより異なるので普通はあり得ない事例です。日本と満洲国との特殊関係から許されたのでしょう。何らかの協定があったと思われますが、GANは未見です。

それにしても、これは内国郵便なのでしょうか、それとも国際郵便? 悩ましいエンタイアを作ってくれたものです。
posted by GANさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植民地 | 更新情報をチェックする