2014年04月29日

支那駐屯軍軍用郵便所

CGA-1.jpg日中戦争直前に開設された支那駐屯軍軍用郵便所が引き受けた軍事郵便為替の為替金受領書です。今日到着したヤフオクの落札品です。

軍事郵便為替は、普通の郵便為替とは異なり、依頼人には為替証書を渡しません。その代わりにこのような受領書を渡します。野戦局からの通知を受けて内地の貯金局(貯金支局)が為替証書を発行し、為替受取人に書留郵便で送るシステムです。

この郵便所は1937(昭和12)年4月1日に中国・天津の日本租界はずれにあった支那駐屯軍海光寺兵営内で開設されました。業務は野戦局とほぼ同じですが、野戦局ではありません。

日中間に戦争や事変はまだ起きていないので野戦局を設けられません。中国側に対して秘密裏に軍事専用の「日本天津局」を再度開設したのです。「軍用郵便所」はそのためにひねり出された、この1局のためだけの名称で、他に例がありません。

開設からわずか3ヵ月で日中戦争が起こると、郵便所は兵営を出て日本租界中心部・旭街の旧中国局舎を占拠し、一般邦人の郵便も扱いました。この段階で、1922年末の撤退まで存続した日本天津局と全く同じ性格となりました。この為替の日付10月18日は旭街に移転後なので、兵士でなく民間人が依頼した可能性もあります。

CGA-2.jpgCGA-3.jpg戦争が長期化し、支那駐屯軍が第1軍に改編される中で、この軍用郵便所も正規の「天津野戦局」に改編されました。地名の野戦局は日中戦争-太平洋戦争期を通じて唯一です。改編(改称)時期は翌38年10月と見られます。

両者の為替貯金記号は同じ「戦はろ」が使われ、同一局所の継承関係であることが分かります。
posted by GANさん at 23:24
"支那駐屯軍軍用郵便所"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]