2017年10月19日

満鉄楕円欧文印の使用局

行動局改.jpg畏友・片山七三雄氏が郵便史研究会紀要『郵便史研究』第44号(2017年9月)に新論文を発表しました。「南満州鉄道の欧文鉄道郵便印を使用した『局』は何か ─突然現れて突然消えた翻訳語を追いかけて(1)─」と、とてもアトラクティブなタイトルです。

10ページもある論文は一読して意欲的力作と分かるのですが、高度に難解です。幸い、月初に開かれた郵便史研究会の総会で片山氏の同題の講演があり、傍聴しました。氏の学たるや古今東西に飛躍するに対し1時間の持ち時間はチョー短くて、やはり難解。「何が分からないのかも分からず」状態に陥ってしまいました。

片山氏の問題意識「この欧文印を使った第1・第2行動局とはどういう性格の局か」だけは辛うじて共有できたかと思います。片山氏は主に逓信公報の記事に語学上の考察を加えた形而上学的視点からの解明を試みました。GANは同氏とは別の資料からアプローチして郵便史的には既に結論を得ています。ルートは異なるものの、帰結としては片山氏とほぼ同じだろうと考えます。

その資料とは、関東都督府が外務省に各期ごとに提出した業務報告書です。都督府は関東州租借地と満鉄付属地の統治機関で、外務省(または拓殖局)から政務上の監督を受けました。業務報告書は外務省外交史料館に残り、アジア歴史資料センターでネット公開されています。GANはJAPEX '04に「日露戦争」を出展した際、第128リーフ「日本初の行動局」のカバー(上図)のキャプションをこれに依りました。

関東都督府が報告した『明治44年度自4月乃至9月期 諸般政務状況』中の「通信事務」の部に次の記事があります。
行動郵便事務開始 欧州直通急行便ト連絡スヘキ我南満鉄道急行列車ニ依ル郵便物ニシテ管内及朝鮮北清等ヨリ発スルモノハ交換手続を了スル必要上一応之を長春郵便局ニ持込ミ欧州ヨリノ着便亦一旦長春郵便局ヲ経由セシムル結果共ニ当該便ニ結束ヲ失スルコトヽナリ少ナキハ一日大キハ三日以上ノ遅延ヲ来シ一般ノ不便甚シカリシカ本期九月一日以降上下急行列車便ニ行動郵便事務ヲ開始シ外国郵便交換事務ヲ取扱フコトヽナシタル為叙上ノ不便ヲ全ク芟除スルヲ得タリ
それまで、欧州宛て外国郵便物は満鉄線終点の長春駅に到着後、すべて長春局まで運んで区分・閉嚢処理をしてロシア寛城子局側に引き渡していました。9月からは急行列車搭載の満州、朝鮮、北清(華北)発郵便物に限り、奉天-長春間郵便車の行動局で郵便掛員が区分・閉嚢締切作業を完了させ、寛城子駅でロシア側に引き渡す、というのです。

日本内地からの便は東京、門司などの各交換局で既に完全な閉嚢に締め切って送られて来るので、行動局内ではいっさいの処理作業が不要でした。長春駅と寛城子駅間には連絡線があり、すべての郵袋は寛城子始発ロンドン行き直通急行列車に簡単に積み替えられます。これで1-3日間を短縮できました。欧州発の逆方向便はすべてが長春-奉天間の行動局内で処理されました。

続く明治44年度下半期の報告には「外国郵便交換の車中取扱事務を長春局から分離し、独立の交換局として第1行動局、第2行動局を設置した」との趣旨の記事もあります。この行動局独立は安奉線の広軌化が完工(明治44年11月1日)して奉天が名実ともに満鉄線の中心となったことを受け、鉄道郵便事務を奉天局に集中させるのに合わせて45年3月21日に実施されました。

ここで「行動局」とは「移動局」と同義です。通常の「固定局(定置局)」とは異なり、移動しながら取扱をする郵便機関を指します。日本郵便史上では船舶、鉄道、自動車内のほか野戦郵便局が開設されました。郵便掛員だけが乗務して扱う場合も業務上は「局」と見なすこともあります。外国との接続路線の多くでは外国郵便交換業務も扱いました。「第1、2行動局」の場合は普通名詞でなく、交換局としての固有名詞である点で特異です。

以後、第1、2行動局の鉄道郵便掛員は身分上は奉天局員ですが、外国郵便交換業務に限っては正式な交換局として単独の判断で処理できることとなりました。満鉄線はゲージ(軌道幅)が狭いため広軌の東清鉄道に列車を乗り入れることができません。東清鉄道「ヨーロッパ急行」との連絡を最速でスムーズに行うための「現場ファースト」の処置だったと思われます。

最後になりましたが、上図のカバーは朝鮮・西大門局明治45年(1912)3月15日引受のフランス・マルセイユ宛て書留5倍重量便です。奉天-長春間の第1行動局が3月17日(日曜日)に処理して書留ラベルを貼り替え、封の左上部にこの欧文印を押して閉嚢に納めています。朝鮮発欧州宛て書留郵便物には必ず押される、この印の典型的な使用例です。
posted by GANさん at 02:45
"満鉄楕円欧文印の使用局"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。