2014年04月04日

ラバウル最初の陸軍部隊

ラバウル.jpg太平洋戦争中に陸軍兵士が発信した軍事郵便はがきです。「横須賀局気付ウ109 楯第8423部隊」という部隊からですが、この発信アドレスは極めて特異なタイプと言えます。ネットで落札し、きょう到着しました。

アドレスの「楯」は第55師団を、「8423部隊」は輜重兵第55連隊を表します。55師団はビルマに派遣された部隊です。何が特異かというと、陸軍の部隊なのに「ビルマ派遣」「比島派遣」など派遣方面の表示がありません。代わりに「横須賀局気付ウ109」という海軍アドレスがあることです。陸・海軍のハイブリッド表示です。

海軍は軍事郵便の発信アドレスとしてウ、テ、イ、セなどの片仮名1文字に数字2ケタをつなげたセットで部隊所在地と部隊名を表わす簡単な暗号、「区別符」を使いました。横須賀や呉などの交換局を表す「○○局気付」のすぐ後の区別符で所在地を、所在地の次の区別符は部隊名を表す、というのが決まりです。

このはがきでは「横須賀局気付」の次にある「ウ109」が所在地のはずで、それは千島の択捉島です。しかし、第55師団のどんな部隊も千島とは無関係で、戦歴にまったく出てきません。これには問題がありそうです。

仮に「ウ109」が所在地でなく部隊名だとすると、第10海軍軍用郵便所第10派出所を意味します。ラバウルに置かれた派出所でした。このはがきはいったい、千島から出されたのか、真逆方向のラバウルか。それとも、やはり55師団主力が派遣されたビルマからか--。

じつは開戦前、55師団の歩兵144連隊を基幹とする大本営直轄の機動部隊「南海支隊」が編成されていました。支隊の主力は師団から歩兵、工兵、砲兵など各兵種ごとに小部隊を抽出して作られました。本来の目的は開戦直後の米領グアム島攻略で、攻略後は海軍のラバウル占領に協力する任務も与えられていました。

その抽出された小部隊の一つに輜重兵第55連隊第2中隊がありました。このはがきの差出人がまさにそれで、この中隊だけ本隊から分かれ、南海支隊に加わっていたのです。前問の正解は「ラバウル」で、やはり「千島」は無関係でした。このアドレスは同じ55師団でも「ラバウルに所在した方の55師団(の一部部隊)」の意味になります。

海軍はもちろんですが、陸軍も「太平洋は海軍の縄張り」と認識していました。開戦前の陸海軍中央協定でも、太平洋の島嶼防衛は海軍の担任と明記されています。陸軍が太平洋に部隊を派遣する場合は臨時措置とされ、補給は海軍任せでした。軍事郵便のアドレス表記などにはまったく無関心でした。

1942年夏のガダルカナル島戦以降、ソロモン、ニューギニア方面へ陸兵の逐次投入が続きました。それら第17、18、19軍と、統括する第8方面軍のため野戦局がようやく開設され、43年1月末に「南海派遣」という派遣名も新設されました。それ以前にラバウルに到着していた南海支隊などの陸軍諸部隊にこのハイブリッド・アドレスが使われたのでしょう。

南海支隊はポートモレスビー攻略作戦に起用されますが42年9月に失敗し、ラバウルに戻って43年5月に解隊されます。わずかな残存兵士は55師団主力に追及し、2年ぶりの43年10月にビルマで合流を果たしまた。

posted by GANさん at 18:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 軍事郵便(陸軍) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
再度失礼致します。
岩田政雄は 呉鎮守司令部にいたため ほとんど呉鎮守で  なにかあるはずだと
岩田三郎は 歩兵228で 水木しげる二等兵の229のとなり  なにかないかと
ぐんじゆうびん 軍写真、、、 すみません
Posted by 岩田正彦 at 2021年02月07日 00:09
岩田正彦 さま
岩田三郎、岩田政雄両氏の軍事郵便をお探しとのことですが、このお二人が当時軍事郵便を出したと思われる心当たりは既に当たり尽くしたということでしょうか? それでも見つからなければ、特定の個人の郵便物を探し出すことは困難というよりは不可能に近いと思います。
 詳しいご事情をお聞かせ願えれば、また別の考えが浮かぶかも知れません。よろしければ、コメント欄ではなく、メールでご連絡願えませんか? アドレスはこのブログの「過去ログ」欄の下、「オーナーの横顔」欄にあります。
Posted by GAN at 2021年01月25日 08:01
おはようございます はじめまして 5年にわたり二人の軍事郵便を探しております やはり専門家のかたにお聞きしたいと記した次第です
ラバウル陸軍伍長 岩田三郎 帰還
比島海軍水兵長 岩田政雄 マニラ市街地死 認定とあるので定かではないと一橋大学教授にききました
このふたりの軍事郵便を探しております。方法でもかまいません 何か情報作、ご伝授お願いいたします 大変大変失礼お許しください
Posted by 岩田正彦 at 2021年01月25日 07:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック