2021年03月29日

台湾三角錐山非常通信所

三角錐山.jpg「三角錐山」の台湾非常通信所エンタイアが初めて世に出ました。未知の非常通信所の存在が知られるのはこれが初めて、1世紀の時を経ての出来事です。

台湾の林志明氏が日本語ブログ「鉄道郵便印の備忘録」でごく最近に公表しました。先に発表していた日付印の印影に続き、はがきの全影が掲載されています。同氏のご好意で、その非常通信のはがき(右図)を転載させていただきます。林氏は中国と戦前の日本の鉄道郵便の専門家として知られます。

これは大正3(1914)年8月10日に「松山稜司令部」から台北に宛てた私製絵はがきです。切手貼付位置に角枠「非常通信」の朱印が押され、「台湾・三角錐山/非常通信所 3年8月12日」の台湾櫛型日付印があります。台湾総督府が1914年夏に行った原住民タロコ族に対する大規模な討伐作戦時のものです。

GANは当初、この日付印の不鮮明な局名を「三角錐山」と読むのには抵抗がありました。しかし、林氏のご教示を元に手持ちの詳しい地図を調べて、この地名が実在することを確認しました。下の地図の中央上部に8229尺(2,494m)の三角錐山が描かれています。地図の左中央部にある「西麓倉庫」に三角錐山非常通信所が開設されたと見られます。

タッキリ渓概念図.jpg国立公園切手で知られるタッキリ渓は台湾東岸部、花蓮港北方の新城に河口があります。それを遡るとブロワン社などタロコ族集落を経て三角錐山中腹を抜けます。さらに遡って、左岸からの支流タウサイ渓との合流点上流側に「西麓倉庫」はありました。

正確には「三角錐山西麓倉庫」で、作戦ルート上の主要な兵站基地でした。はがき発信者のいた「松山稜」はタウサイ渓を遡った地点にあったようです。タッキリ渓の上流、討伐軍司令部が置かれたセラオカフニをさらに登って合歓山や嵜莱主山が連なる中央山脈を西に越えると、埔里社、台中方面に出られます。

タロコ族討伐作戦で開設された非常通信所は埔里社など8個所の名前が知られています。「セラオカフニ非常通信所」は告示はないものの他の資料で言及され、片手ほどの数のエンタイアも知られていました。エンタイアはもちろん名前さえ知られていなかった非常通信所は三角錐山以外にありません。

告示が出された7個所の非常通信所はいずれも中央山脈上とその西側です。セラオカフニ、三角錐山など中央山脈の東側(タッキリ渓流域)については、本来出るべき告示がなぜか出ていません。今後は新資料が発掘されて未知の-たとえば「ブロワン非常通信所」など-が現れないとも限らなくなりました。楽しみなことです。
                    ☆
本稿の執筆に当たっては賀田直治著『臺灣中央山脈横断記』(1914年)を参照しました。
posted by GANさん at 05:12| Comment(0) | 軍事行動 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください