2021年05月25日

樺太占領作戦艦船郵便所

KOLSAKOV_2.jpgKOLSAKOV_1.jpg日露戦争最末期の樺太占領作戦に海軍から参加した郵便所があったことが分かりました。通信船の大義丸、次いで営口丸に開設された第4艦船郵便所です。艦船郵便所のほとんどは日本と朝鮮、満州方面を結ぶ艦船内に置かれたので、樺太進出は唯一の例外です。

大義丸(1,568トン)は大阪商船所属、営口丸(1,966トン)は日本郵船の所属汽船です。共に開戦直前の1904(明治37)年1、2月に海軍にチャーターされ、佐世保軍港と朝鮮南岸の鎮海湾との定期連絡に当たっていました。鎮海湾は開戦後、聯合艦隊の最大の根拠地でした。

ロシア領樺太の占領作戦は米ポーツマスで日露講和会議が始まる直前、陸海軍合同であわただしく開始されました。海軍では聯合艦隊から第3艦隊と第4艦隊、それに第1艦隊の第1駆逐隊が分遣され、「北遣(北海派遣)艦隊」と呼ばれます。艦隊の総指揮官は片岡七郎第3艦隊司令長官が務めました。使命は陸軍の攻略部隊・独立第13師団の輸送護衛と上陸援護です。

独立第13師団は北遣艦隊に護られて05(明治38)年6月29日に青森県大湊港を出撃します。7月8日に南部樺太の港湾都市コルサコフを占領、北部樺太最大のアレクサンドロフスクも7月24日に占領し、戦闘は7月末までに終了しました。陸上作戦の一段落後も、北遣艦隊には北樺太沿岸封鎖、オホーツク沿岸やカムチャツカの偵察などの任務が続きました。

一方、日本海海戦の勝利で聯合艦隊の根拠地が鎮海湾から対馬の竹敷に移り、佐世保と鎮海湾との定期連絡は廃止されました。通信船大義丸は05年7月25日に北遣艦隊への転用が命じられ、8月8日にコルサコフに進出しました。大義丸には第4艦船郵便所が設置されており、アレクサンドロフスク-コルサコフ-小樽間を月に2往復して郵便逓送に当たりました。

その後、僚船の営口丸が大義丸との交代を命じられました。両船は9月10日に小樽港で引継を行い、第4艦船郵便所も営口丸に移設されました。交代後、大義丸は佐世保軍港に帰港して解傭されました。さらに後、第4艦船郵便所も佐世保に帰って11月8日に廃止され、その直後に営口丸も解傭されています。

上図の書状は第4艦船郵便所が明治38(05)年10月6日に引受け、佐世保に宛てた軍事郵便です。発信アドレスに「新版図九春古丹碇泊/軍艦満州丸」とあります。九春古丹クシュンコタンはコルサコフの日本名で、後に大泊と改称されました。9月5日に調印された日露講和条約で樺太南部が割譲され、新たな版図(日本領)となったことを早くも表しています。

発信者が乗る「満州丸」とは、ロシアの東清鉄道汽船会社が戦前にダルニー(大連)-上海間で運航していた汽船「マンジュリア(満州)」(3,916トン)です。この会社は満州の東清鉄道を経営する東清鉄道会社の子会社でした。マンジュリアは修理のため長崎入港中に開戦となって日本海軍に接収され、05年3月に艤装が終わって仮装巡洋艦になっていました。

05年9月から上京不在中の片岡長官に代わって出羽重遠第4艦隊司令長官が北遣艦隊を指揮し、第4艦隊の旗艦が満州丸でした。艦隊に小樽方面警備の新任務が命じられたため、出羽長官は10月7日に満州丸で九春古丹(コルサコフ)を発し、8日に小樽に入港しています。休戦も講和も成立した後なので、これは北遣艦隊の実質的な任務解除でした。
第4艦船_3.jpg
この書状は裏面の書き入れから、満州丸が九春古丹を出港する直前の10月5日に発信され、翌6日に営口丸の第4艦船郵便所で引き受けられています(左図)。営口丸は航海表に従って6日九春古丹発、8日小樽に入港しているので、結果的に満州丸と同じ航程となりました。発信者が小樽に着いてからこの書状を出しても、宛先の佐世保到着は同じ10月12日だったはずです。

北遣艦隊は05年10月10日、東京湾で予定されている凱旋観艦式参加のため全艦に帰還を命じました。営口丸は10月10日に九春古丹を出て11日に小樽に着き、これが樺太での最後の航海となりました。第4艦船郵便所の樺太での引受郵便物は希少で、大義丸時代のエンタイアは知られていません。
                  ☆
本稿で北遣艦隊や各艦船の行動の詳細は海軍軍令部編『極秘 明治三十七八年海戦史』第3部第1編第2章「樺太占領」、北遣艦隊作戦班編「秘 北遣艦隊告示」、「第四艦船郵便所事務日誌」に拠りました。「日誌」を除く2件はJACAR(アジア歴史資料センター)でネット公開されています。
posted by GANさん at 03:14| Comment(0) | 軍事郵便(海軍) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください